無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ

ノルマンディーオーナーズクラブ様出資馬

引退・再ファンド未出資馬

  • 12年産 ヴィーヴル ロードアルティスタ (再ファンド未出資) ペルセヴェランテ バトナージュ スプランドゥール 13年産 ロードデスティニー ラッシュドリーマー レーヌドコロール

2017年5月31日 (水)

現実逃避の為に偉業達成の瞬間ヘビーローテ

コンサドーレのちょっと根の深い不振っぷりは、チーム全体で数名スタメン入れ替えないと流れ変わらないような気がしており、四方田監督の判断がどうなるか…でしょう。

今週は佐藤琢磨選手のインディ500優勝しかないですね。残り6周・5周の連続オーバーテイクでトップに躍り出て、そのまま後続のアタックを凌ぎきりでのチェッカーフラッグ、もうこれは叫びましたね。
世界3大レースで残されたのはモナコGPですが、こちらは正直実現性0.01%以下の現状ですからもしかすると私の残り人生で最後の体験かもしれません。この大偉業達成は。

他のスポーツで最高峰の大会、テニスならグランドスラム、自転車だとグランツールの制覇はほぼムリゲーですが何時かは見てみたいものです。

2017年5月25日 (木)

代表選出選手

なんかここ暫く代表戦は見てない気もしますが、今回はぷち改造敢行のようですね。
宇賀神選手選出に関しては、2列目起用ですよね? SB起用なら大ベテランですが平川選手の方がハードワークが素晴らしく、CBと連携上手で両サイド出来るので、敵としては嫌な選手と思っています。偉大なSB加地選手と通じるものを感じますしね。

話題になっている加藤選手に関しては、過去のFootball Manegerで何とか日本人選手をコンサの資金力で買えないか検索した経験でデータだけは存じ上げているのですが、ルーマニアの瀬戸貴幸選手の方が2年間以外30試合以上出てますし、何よりEL・CL共に経験済みで、欧州リーグ通算300試合出場地味に凄い実績持っていますから、何故加藤選手と少々ツッコミ入れたくもあり。

2017年5月23日 (火)

サッカーに涙し競馬で久々の歓喜

コンサドーレは戦術都倉より、都倉にパスを出す供給源の福森・横山・宮澤に対するチェックが厳しくなってきた結果、審判のジャッジの不運というか怒りも含めて歯車が上手く回っていませんね。

都倉がマークされた恩恵で絶好の得点チャンスを得ている金園が空回り気味なのと、交代選手で流れを変えるどころか悪くなっているのも正直厳しいです。

ジュリーニョは嫌な奪われ方からのカウンターの起点が続いていますし、小野は率直に申し上げますとハードワーク・スプリント共に現時点では出来る選手ではなく、持ち味のイマジネーションが前線の選手のサポートに繋がらず、個の力で突破出来たり、磐田の中村選手のような唯一無二の武器を持ち合わせている訳ではありませんから、身体能力は余裕でJ1クラスの上原の方が交代選手としては相手にとって嫌な存在かもしれません。

マセードに関しては、G大阪戦では復帰一週間未満でいきなり実戦でコンディションまだまだでしょうからノーカウントでしょう…。


新潟の敗戦はJ1で弱者の戦術で長年戦っていた彼等の経験値が、J2で同じ戦術を採用していたコンサより上回った、序盤の甲府戦と同じ結末でした。ブロック作られた際の崩し方は課題ですね。ヘイスがいれば彼のポストプレーからのサイド展開や、ワンツーでの中央突破等攻め手が増えるのですが。


競馬の話題に移ります。

セダブリランテス

2017/05/22 <レース結果>
 5/20(土)新潟10R 早苗賞〔芝1,800m・11頭〕優勝[1人気]

スッと行き脚を付けて、道中は好位の4番手辺りを追走、直線で馬場の真ん中辺りに持ち出され徐々に前との差を詰めて行き、残り300m付近で先頭に立つと、そのまま後続の追撃を凌ぎ切り、見事に連勝を飾っています。

石川裕紀人騎手「今日は久々だったからか、少し精神的に気負うようなところを見せていたので、返し馬はじっくりと行いました。レースを使ったことでガス抜きができて落ち着いてくれれば良いのですが、もしかするとより気が入ってくる可能性も考えられるので、その点はよく注意していく必要があるかもしれません。でもレースに行くと、折り合いを欠くことなくスムーズに運ぶことができましたし、最後もしっかり脚を使って伸びてくれました。初戦はダートで結果を残したように、芝でもダートでも活躍できると思いますが、砂を被って嫌がるところを見せていましたから、それを考えると芝の方が良いのかもしれませんね。今日は完勝だったと思いますし、もっと上のステージで活躍できる力を持っている馬ですから、今後が本当に楽しみですね」

手塚貴久調教師「完勝でしたね。直線で抜け出すのが少し早いかなとも思いましたが、そこからステッキを入れずに勝つのですから、今日は内容的にも言うことなかったと思います。初めての芝でしたがスッと好位を取れたように思ったよりも器用さがありますし、パワータイプの馬体からすると力の要る馬場も苦にせず走ってくれそうですから、今後に向けて楽しみが広がる一戦になったと思います。脚元のこともありますし、この後はレース後の状態を見てどうするか判断したいと思います」


サーブルノワール

2017/05/22 <レース結果>
 5/21(日)東京3R 3歳未勝利〔D2,100m・16頭〕優勝[4人気]

五分のスタートから二の脚速く外目から前を窺い、先頭で1コーナーに入ると道中は後続を引き連れて軽快に飛ばします。3,4コーナーで捲ってくる馬にも張って先頭を譲らず、直線でも後続の追撃を振り切り、嬉しい初勝利を挙げています。

蛯名正義騎手「よっぽど東京コースが合うのでしょうね。前回とは競馬っぷりが全然違いました。中山コースだと一生懸命に出していっても全然進んでいかないのですが、今日はちょっと促しただけで楽にハナに行けましたからね。3,4コーナーで早めに来られたけど、道中楽をしていたので、来られたら来られた分だけ、またそこから脚を使ってくれました。まだトモが緩いですから、これからまだよくなってくると思いますよ」

小島太調教師「ようやく結果を出すことができてホッとしています。パドックではいつもより少し気が入り過ぎているかなと思ったのですが、この馬の場合はこれぐらいでちょうどいいのかもしれません。まだ緩いですし、これからもっとしっかりしてくれば、更にいいパフォーマンスを見せてくれるでしょう。競馬の後の状態を見ながら次走を検討したいと思います」


今回の記事はシルクホースクラブ様の許可の元、ホームページより転載させていただきました。


5ヶ月の勝利が今年初勝利となり、返す刀で日曜も1着と自身初の週間2勝達成となりました。
セダブリランテスは直線で悠々と先頭に立つと鞭を使わず半ば流すような走りで、見た目の派手さはデビュー戦のダート直線一気なのでしょうが、力を見せずに勝つといった面で今回の方が底を見せない凄みがありましたね。

ディーププリランテ産駒はキャロットさん、シルクさん、ユニオンさんといった比較的安価に楽しめるクラブさんの仔が結果を出している上募集価格自体も安めですから、勝ち上がりさえすれば地道にコツコツと回収率100%超えを果たしてくれるくもしれません。


サーブルノワールはパドックでチャカついていましたので大丈夫かしらと心配していたのですが、レースでは行き脚鋭くハナを奪うとミドルペース→ハイペース→ミドルペースと後続消耗させながら、3コーナー付近で競りかけて馬を蹴落とし、直線で一度並びかけた馬を振り切る為に騎手の気合の追いに対して、まだまだ体力大丈夫と応え、前半上がり3Fよりラスト3Fのタイム差0.1秒速い見事な粘りこみでした。

適正は広いコースの府中、次に新潟かな? という感じですが、これだけのスタミナですから函館の洋芝2600も案外走るかも。ネックは小回りですが、長距離路線は手薄ですので夏競馬限定ならトライしてみる価値はあるかも?


2017年4月26日 (水)

DAZN3連戦

土曜日にレッズ戦、月曜は見逃し視聴でエル・クラシコ、火曜は同じくデポルの試合と立て続けの3試合視聴でしたが何と申しますか最後に落とし穴が待ち受けてましたね。

まずは順番に短文感想を。

コンサドーレVSレッズ
・試合内容は5-2もしくは6-2という大差のゲームになってもおかしくはなかったが、ソンユン大当たりで僅差のゲームに。結果自体は2-2のドローが妥当。J各チームのサポ間で有名なダ○バーの一連の流れを審判は注意して観なければいけないのにまんまとハマってしまったのはやはり不満。
・両サイド共に完全に支配されており、関根選手は本当に怖い存在だった。2点目のあの場面で思いっきり高いコースに蹴りこめる選手はウチにはいませんね。
・菅君のJ1適応の速さには目を見張るしか。171cm69kgというガチムチ体型ですが、J1のDFに当たり負けするどころか吹っ飛ばす芯の強さは、ヘイス・ジュリーニョが戻ってきてもそう簡単にはポジション渡さなさそうな頼もしさを感じます。


レアルVSバルサ
・メッシがいたチームに勝利の女神は微笑んだ。
・試合全般はレアルのペースだったかと。SBが上がってきたところのカウンターがかなり効果的で、特にベイル負傷退場後投入のアセンシオの高速ドリブルは効いており、この日不調のロナウドが1点でもクロスに合わせていれば…でしょう。
・バルサに関してはメッシの大舞台での凄みは変わらずですが、チーム力全般は以前(2・3年前)より落ちている印象。こんなに縦パスをトップに当てられないチームだったっけ? というのが率直な感想。D・アウベスがいなくなってワイドに相手DFを引き付けることが出来なくなり、結果スペース作ることが出来ないのかな?


レアル・ソシエダVSデポル
衝撃の一言。デポルこんな姿になっていたのか…。黄金期が過ぎ去り、チーム破産危機や2部降格も経験等、もうスーペル・デポルではないのは分かっていたのですが、これは…。ボールは繋げない、トップもキープできない、攻撃はサイドからの単発のドリブル突破ぐらいでチームとしての攻撃は成り立たず、守備もプレスがかからないので相手が悠々とプレー出来て90分間サンドバックの、はっきり申し上げると昨年悪かった時のコンサレベルじゃないかなぁと。サラゴサ時代の大久保選手がリーガの下位チームはJ1より弱いとコメントしてましたが、実感しましたね…。

2017年4月19日 (水)

満身創痍

毎週のサッカー視聴が身体にダメージ与えていた模様で体調崩していてやっと病み上がりといったところですね。

タイトルの満身創痍は私のことではなくコンサドーレの選手の方々に対してですね。
FWはヘイス(膝半月板損傷で手術)、金園(肉離れ)、内村(まだ試合見れてないのですが)
MF 深井(膝前十字靭帯断裂・半月板損傷)、ジュリーニョ(肉離れ、実際はFW起用)、マセード(肉離れ)・稲本(膝半月板損傷・膝軟骨損傷)
DF 増川(膝十字靭帯断裂)、菊地(ふくらはぎ痛)

キープレイヤー・主力・準主力とここまで離脱しているのに、7試合で勝ち点8は偉業でしょうウチの現有戦力では。
プレイ可能なFW登録の選手は「戦術都倉」とルーキーの菅君のみという手薄っぷりで、GW中のルヴァン杯どうすんだと遠い目したくなってしまう惨状ですね…。2種登録の藤村怜君にデビュー早くなるかもしれません。

2017年4月 7日 (金)

今季絶望

深井選手の負傷個所は左膝前十字靭帯断裂と左膝内側外側半月板損傷と3箇所に渡り、手術は完了しましたが、一部報道では全治8~10か月とのことで復帰に関しては少なくとも今季は絶望、リハビリも考えると来年もシーズン当初には間に合わないかもしれません…。

移籍ウインドーが閉じた矢先の事態で、現在彼の穴を埋める存在はいませんから、再度ウインドーが開く7月までの3か月間平均失点が上昇する見通しは立てた方がよいかもしれませんね…。
うん、今週は気力湧きませんでしたね。久々のJ1でいきなり最悪のニュースでしたから…。

2017年4月 4日 (火)

負傷具合次第では今季終了?

いつもの感想は省略で、恐れていた深井の離脱が現実のものとなりました。接触ないところで痛めたので、過去と同じ症状なら今季絶望の可能性もあります。これで深井・稲本と現代フットボールで重要なボールゲッターが離脱、特に深井は今のコンサには変えの利かない存在ですから、率直に申し上げると昨季の終盤の失速と同じ現象がここから始まる恐れもあります。

そして、現在の野戦病院っぷりはGK以外で1チーム作れる程に。

         金園

早坂      ヘイス       石井


    深井       稲本


田中   増川    菊地    マセード


うん、甲府戦深井負傷交代後のチームより強く感じるのは私の気のせいでしょうか。
J2なら普通に優勝狙えるとは思うのですが。 

2017年4月 2日 (日)

BAD DAY

ようやくブログ復帰かと思った矢先液晶モニターが天に召されましたが、本日のダゾーンデビューになんとか間に合いました。

そして結果は深井が怪我とは勝敗以上に激痛ですね…。
競馬もブレイクエースがフレグモーネ発症と症状が軽いことを祈るだけですし、オルレアンローズは中団どころか最後方からの競馬になりましたが合わないみたいですねぇ。1200で再度逃げるのも良さそうですし、一度ダートで使ってみるのもアリかもしれません。

最後にツッコミとして、ミンテさんソンユンが早めにタッチラインに出せとジェスチャー付きのコーチングしていたのに意思疎通出来なかったんでしょう…(汗)

2017年3月26日 (日)

広島戦短文感想とブログ更新放牧明け

かなり時間空いたので思い出しつつ。

・ポゼッションは握られサイドも前半は防戦一方でしたが、相手の攻撃が中央で交通渋滞引き起こしていた結果、いつもの中央の最後の部分ではやられないコンサドーレのペースで終わりましたね。

・ミンテは守備ではDFの基本のディレイよりチャレンジでボールカットもあった一方、やはりそこを狙われて裏取られたのもあり、ぶっちゃけWBの選手は神経すり減らすわなぁと。ただ、セットプレーから綺麗にマーク外してフリーで折り返せるセンスは、やはりシャドータイプとしてジュリーニョ・ヘイスに7月合流のチャナティップと競わせたいと評価上昇かなぁ。結果次第で、その時期には欧州の移籍ウインドーも開いてますので、どう見ても層が薄く柱になる存在も欲しいCB獲得してほしいところですが。

・都倉J1仕様のFWに変貌しましたねぇ。足元で綺麗に収まるとまではいきませんが、あれだけエアバトルで勝てるとチームとしては助かります。これで後は相方がヘイスになるか金園になるかは分かりませんがそこがフリーになって得点力向上すれば目標達成も見えてきます。


肩の注射も終了し、後はまだ残る痛みを許容しつつ少しずつ更新速度上げる予定です。
一口今年まだ未勝利なんですよねぇと涙を拭いつつ。

2017年3月17日 (金)

ホーム開幕戦C大阪戦感想

最近肩の可動域が広くなってきましたので、後1回か2回の注射で終わると良いなぁと。

・前半45分間は3戦の中では最悪の出来かと。初戦・2戦目はJ1のチームでしたが、今回は残留争いという立場の同じチーム同士でしたので必要以上に慎重になることはなかったかな?

・今回は中央よりサイドの攻防がチームの勢いを鮮明にしたかもしれません。コンサドーレの左サイドは松田選手に対して田中・兵藤・福森のトライアングルが完全に攻略していたので、田中のあと少しの精度次第でもっと楽な展開だったかも。

・逆に右サイドは丸橋選手にボコボコにやられていました。柿谷選手が消えていたのに、かなりポジショニングが怪しくてハラハラしっ放しのミンテに集中力奪われていたのか、謙伍にとってのBAD DAYでしたね。ただ、マセード投入後は逆に丸橋選手が押し返されてドリブルは奪われる気もしませんでした。クロスの精度も相変わらず高いですので、コンディション戻った今なら右サイドのファーストチョイスは彼でしょう。

・悩める都倉を解き放ったゴールは見事。反則っぽいのはアレですが、そこに笛吹かれたら終盤のエリア内のチャージも決定機阻止でPKモノでしたから、流す傾向な審判ということで。

・兵藤獲得できなかったらぞっとすると言いきれるレベルでチームに欠かせないピースになりました。兵藤・宮澤がチャレンジして深井がカバーもしくは二次プレスで奪いきり、そこから兵藤の動きがスイッチとして攻撃に転じますので現時点で深井と共に変えの利かない存在です。


・悩ましいのは菊池の負傷具合。開幕前の戦力補強でDF一枚足りないといったのが現実になってしまいました。個人的な感想ですがミンテはDFだと怖すぎて使うならFWとしてと判断しています。自信失い気味なのかもしれませんがCHとしては深井・兵藤・宮澤が不動で、菅君もルヴァン杯でこのポジションで結果出して荒野・前と駒数揃っていますので厳しいですね。厳しい言い方ですが、昇格組やJ1下位のチームは「通称外国籍選手ガチャ」で当たり引かないと落ちる確率上がりますので、ローン移籍で枠を開けて一次移籍ウインドー閉まる今月末までに獲得するのも手かもしれません、リストアップは一年中しているでしょうし。

・現時点では進藤・永坂についてもカップ戦で経験を積んでからじゃないと少々心もとないですので、福森・河合・横山の組み合わせが安心できそうな組み合わせでしょうか。

«横浜M戦感想