現役出資馬

  • 現役出資馬
無料ブログはココログ

カテゴリー

ウェブページ

2023年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2023年11月21日 (火)

現時点での当歳1歳出資馬

シルクホースクラブさん

ジーナアイリスの22


キャロットクラブさん

レオパルディナの22


広尾サラブレッド倶楽部さん

セイリングホーム'22

オピュレンス' 23


シルクさんがまず最優先のモルジアナの22が落選、キャロットさんは×2でマラコスタムブラダの22落選を筆頭にサートゥルナーリア産駒牡馬が不戦敗も含めて全滅、本日のノルマンディーさんはウルティマミューズの22、ライムスカッシュの22、ブランメジェールの22の3頭全て落選と今年はくじ運の悪い一年になりました。


当選してくれた出資馬の無事と検討を祈ります。



2023年5月18日 (木)

先週のレース結果と週末のレース予定

アヴェラーレ G2 京王杯SC 4着
臨戦過程とレース内容が「悪くなってしまった」
牝馬限定のG1で府中マイルというアヴェラーレに合っているヴィクトリアマイルを態々パスして、騎手の都合に合わせた結果が直線内に入って前が壁で結果脚を余す内容で4着。夏結果残さないと秋のレースに選択苦労するかもしれません。

ステラレギア 1勝クラス 最下位
ファンド解散により引退→サラオクとなりました。う~ん、血統は良かったのですがデビュー時が一番馬体重あったというか442kgで引退レース404kgと脅威のマイナス38kg。これは流石に厳しいですね。

プロテア 未勝利 2着
今回は曇りにより影が発生しなかった為飛越はしなかった模様。今回と同じ天候+枠はなかなか再現されないでしょうし、メンタル面含めてまだ走ってみないと分からない馬でしょうね。


日曜日の出走予定
ルワンジュ 新潟7R  1勝クラス
栗東移籍後は7連続9着以内掲示板以内が5回と地道に走ってくれていますね。今回は自厩舎所属の鷲頭騎手で3kg減量が上手く生きればですね。

シュヴェルトライテ 東京10R 3勝クラス フリーウェイS
ボルザコフスキーと3戦連続の対決となります。今までは何故かこちらがハンデ上でしたが今回は定量戦、他にも手強い相手だらけで強気にはなれませんが頑張ってほしいですね。

2023年4月30日 (日)

2023年4月30日レース結果

ラクスバラディー 2勝クラス 御池特別 1着
二の脚ついてあっさり先頭奪った後は、リズム良く走りながらラスト3Fを34秒2と纏めての快勝でした。1勝クラスもC・デムーロ騎手でしたし、キッチリ終える外国人騎手の方が力発揮できるかもしれませんね。

3戦使ってますので次はリフレッシュ放牧になると思いますが、1400~1600の直線短い平坦コースが条件合っていそうです。

2023年4月23日 (日)

2023年4月22日23日のレース結果

プロテア 未勝利クラス 6着
またジャンプ癖が出た模様で石川騎手が無事でなによりです。700メートル距離短縮しても先団追走自体は出来るスピードは確認出来ましたので、後は挙動不審の制御や条件替えですかねぇ。

ネイリッカ 2勝クラス 尾瀬特別 14着
これは差し競馬難しいかな…。砂被るの嫌がっているように見えますので、以前のような逃げを距離短縮で活路を見出せるか…ですかね。

アナンシエーション 2勝クラス 3着
去勢明け初戦でしたが、スタートも上手く決めてレース内容自体は去勢明けという割引条件では上手く纏めた印象ですね。以前は叩き2戦目でいつも調子落としてましたがそこを克服できるか注目ですね。

2023年3月 8日 (水)

初勝利はお預け。

シュヴェルトライテは戒橋Sで頑張ってくれたものの、関西初輸送・トップハンデ56kg・テン乗りとマイナス面が重なったなかでも5着。怪我なく終えたことにホッと一息ですね。

2023年は今のところ10戦0勝掲示板率5割、9着内率8割で未勝利以外は悪くない…でしょうか。

次はテラステラのファルコンSですが、現時点では成長途上でピークはまだまだ先でしょうからどこまでできるかでしょう。

2023年1月24日 (火)

出資馬の現況

8歳
ルーカス
今週出走予定。4歳からずっと3勝クラスで安定した走りを見せてくれましたが後1歩届かなかったのも事実でしょうか。ここ2戦が2桁着順、次が去勢明け2戦目なので力を戻しているかもしくは衰えを隠せないか…でしょう。

5歳
アナンシエーション
去勢手術が終わった後徐々に慣らし運転をこなし天栄さんに移動しました。まずは再度身体を仕上げる段階ですね。

アヴェラーレ
今週出走予定。最後の直線壁で脚を余すレースを繰り返している気もしますね。クラス慣れは済ませていますので後は結果のみでしょう。

 

4歳
ラクスバラディー
未勝利クラスの2着連発の影響で既に回収率が95%です。2勝クラスに目途がつき上位争い出来ればですね。ゆったりしたペースで運べるローカルの中距離芝か今までのD1400等適性距離というより適正すら未だ掴めていない気もします。

ネイリッカ
2勝クラスで今の引き付ける逃げでは頭打ちですね。次は条件と戦法替えを陣営が示唆していましたので前進できるかでしょう。

シュヴェルトライテ
勝鞍が全て府中芝というゴッホ・ノルマンディーさんらしくない馬ですね。持ちタイムがクラス別平均タイムとほぼ変わりませんので、今回の休養でどれだけ中身が成長できたか…ですね。

ネイリッカ
右回りだとモタれる悪癖持ちですが、なんだかんだとチャリンチャリンと転厩後は稼いでいます。

ソリダリティ
まだまだ成長途上でご様子なので変わり身期待ですね。今のダート中距離も向いてますが、2600以上の芝で逃げか番手で進めるのも案外面白そう。

ステラレギア
地方2勝を達成し中央に戻ってきましたが…根本先生ですか…。

ロードさん3頭はファンド解散して地方転戦中です。

 

3歳
プロテア
ロードさん含めて昨年去勢したのが4頭でこの仔もです。去勢明けの一戦なので正直厳しいですが、最近素晴らしい騎乗が目立つ坂井騎手でD2100に挑みます。Deputy Ministerの血が出たのかな?

パンテーラネーラ
ノド鳴りその1。募集時445kgで現時点も485kgなので一般的にボーダーと言われる500kgは超えなかったのですが…。焦らずじっくり待つしかないです。

トラヴォルジェンテ
ノド鳴りその2。大型馬でしたが募集時の写真が馬体見れない私でも良く見えましたので、一族の体質の弱さが出ないことを祈っていたらまさかこちらがと。レース当日パドック見学者の方がその時から鳴っていたと某掲示板で書き込まれていましたので…。ただ、すぐ手術出来て結果は成功ですのでこちらも焦らずじっくりですね。

テラステラ
無料2口+2口出資。予想以上の結果に脱帽です。全兄は結果残していましたが2歳不振傾向のモーリス産駒で4戦目未勝利戦を初勝利、中1週でシンザン記念2着馬のペースセッティングを抑えての連勝。半兄のキングエルメスも復活しており先々楽しめそうですね。

トリフィス
無料2口。怪我の具合も見ながら徐々にペースを上げ外厩入りを目指してほしいですね。

 

2歳
ソヴリンヘイローの21
〇外牝馬は出走レースが限られており内国産手当もつかないと厳しい面は多いですが、やはり魅力的な馬体に血統が名種牡馬ストームキャット系アメリカで現在快進撃のInto Mischiefの直仔Practical Jokeのサイアーライン、母方もHaynesfieldは置いといて母母父プルピット→ダイナフォーマー→ダンジグと超一流で、血の奥底には日本向きの切れを生み出す要素もあり面白そうの一言に尽きますね。

1歳
ヴェイパーの22
ポイントで出資。まずはキビキビ動けているのは良いですね。まだ力が足りないのかもしくは引き手さんの力が強いのか後ろ脚の運びが乱れていますが、これからじっくり成長してどうなるかでしょう。

2023年1月14日 (土)

ノルマンディーオーナーズクラブ様2次募集応募馬

ソヴリンヘイローの21(Sovereign Halo21)1口一括

馬体に関しては素人目で見てもトモが良さそうで、馬体診断していただいているサイト様にリクエストして高評価なのもポイント高かったですね。そして〇外三種の神器「TrueNicks」「Stallion Match」「eNicks」の診断結果が以下の通りに。

TrueNicks
Practical-jokesovereign-halotruenicks1
Practical-jokesovereign-halotruenicks2

Stallion Match
Sovereign-halo21_stallionmatch
eNicks
Sovereign-halo21_enicks1

アメリカでのニックス診断ですから日本にも適用される訳ではないですけど、3歳のマイル路線で本格化してくれれば後はノルマンディーさんらしく数で稼ぐタイプになるのでしょうか。現時点では無風状態ですのでこのまま出資出来れば…ですね。

2022年11月11日 (金)

先週のレース結果雑感に今週出走予定。そしてプリマグランツお疲れさまでした。

プリマグランツのファンド解散が決まりました。関係者の皆さまへ心より感謝申し上げます。

現役時代を振り返ると、やはりデビュー前の頓挫が響いた印象です。同じ体重450弱での出走でも2歳夏デビューで使いつつ成長できれば、トモもパンとして3歳春~夏を迎える事ができたかもしれません。
金沢でのレースを全部は見れなかったのですが、最後のレースは出ムチ数発でおっつけ→外々回って更に捲りを試みるも不発で大外に振られたのを確認。やはり現時点で体幹の強さ足りないかなぁと。

これから現役続行なのか繁殖入りなのかまだ不明ですが、次のステージでの活躍を応援しています。

先週のレース結果 シュヴェルトライテ
ミルコ騎手の素晴らしいエスコートで若干行きたがっていた?のを宥めつつ好位キープして直線へ向かうが他馬から不利あり。そこから上手く立て直して逃げた勝ち馬を追い詰めるも届かずの2着。

ステラレギア
レース見た時の率直な感想は逃げ向いてない?? 9月の交流競走というレベルが高めの1戦と比較して勝利したとはいえ2秒3遅いのは流石に…。案の定陣営コメントが端的に記すと教育が必要とのこと。


今週の出走予定
金曜日
川崎 9R タレイア賞 ラストファンタジー 御神本騎手
土曜日
阪神 7R 1勝クラス ルワンジュ 岩田(望)騎手

ラストファンタジーは骨折明けの初ナイター競馬と障害多いですが頑張ってほしいですね。ルワンジュは日程厳しいうえにやはりローカルと比較してメンバー揃っていますので正直厳しい戦いになりそうです。

ノルマンディーオーナーズクラブ様2022年度募集応募

オートクレールの21
タニノハイクレアの21

以上2頭となりました。まずタニノハイクレアの21に関しては母高齢ながら欠点が少なそうなので一番人気でも挑戦。もう1頭は浪漫枠ですね。最初の候補に入っていなかったのはやはり体格でしたが、過去軽量出資馬でレオパルディナ・アヴェラーレ・シュヴェルトライテの3頭が結果残してくれましたので、430kg以上まで成長してくれればとの願いを込めながら牝系も素晴らしさでチャレンジも面白そうかなと。

2022年11月 4日 (金)

11月6日・7日の出走予定

11月6日
盛岡 3R ステラレギア
地方転出初戦ですがB1クラスの降級馬が1頭いますので、格上相手にどこまでやれるかですね。後は地方の砂に交流競走含めて3戦目で対応できるかでしょう。

東京 12R シュヴェルトライテ
体重維持の面が考慮され1週間前倒しで距離短縮の1戦です。減量の永野騎手からM・デムーロ騎手に乗り替わりですので鞍上強化にはなるのですが、不安面が出遅れとメンバーレベルが高そうなところ。

11月7日
金沢 3R プリマグランツ
地方4戦目になりますが少しずつ形にはなってきています。ですが本質は芝向きの馬がダートに挑んでいるので、勝負どころで力が残っておらず3コーナーから4コーナーにかけて置いていかれている印象です。

 

«8月27日の出走結果+今年の募集馬応募方針