無料ブログはココログ

引退・再ファンド未出資馬

  • 12年産 ヴィーヴル ロードアルティスタ (再ファンド未出資) ペルセヴェランテ バトナージュ スプランドゥール レオパルディナ 13年産 ロードデスティニー ラッシュドリーマー レーヌドコロール エクディス マカレア 14年産 サーブルノワール ラグナアズーラ 15年産 ラプトレックス カラドゥラ リベラメンテ セドゥラマジー

2019年9月27日 (金)

キャロットクラブ様2019年募集馬応募結果とサートゥルナーリアの次走

この度は2019年度1歳馬 第1次募集にお申込みいただきありがとうございました。
第1次募集における出資申込結果を以下の通り、ご案内いたします。

 9.シユーマの18               1口   一括   ×    
20.ヒルダズパッションの18          1口   一括   ○    
31.マンドゥラの18              1口   一括   ×    
42.ポロンナルワの18             1口   一括   ×    
51.バイラオーラの18             1口   一括   ×    
68.ツィンクルウ゛ェールの18         1口   一括   ×    

この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。

一般抽選全て落選は少々凹んでいますが、本命のヒルダズパッションの18当選
にはほっとしましたので、満足度90%の結果ですね。


そして、サートゥナーリアは次ジャパンカップだと思っていたので天皇賞秋は正直驚きました。
前走ダメージなかったようですし、ステップレース→天皇賞秋→ジャパンカップの3歳秋中距離王道ローテ
に挑戦かもしれませんね。

2019年7月31日 (水)

シルクホースクラブ様2019年度募集馬申込み馬最終決定

申込み馬は以下のとおりです。3年実績はシルクさんでは最下位に近いグループですので、抽選でしか出資できないでしょう。


 


 


優先抽選枠 7 ピラミマの18→現時点で優先350なので大抽選会必至。


 


一般枠   
15 ブロンシェダームの18→優先が倍まで伸びればアウト。総申込み400超なので一般抽選の狭き門に賭ける。
35 トゥアーニーの18→優先が118なのでこちらも伸びるかは運を天に任せて。総申込みが366なのは値段かと。
48 ウインフロレゾンの18→既に優先170なので限りなくゼロに近い確率でしょうね。


 


実質3頭の申込みですが全滅の可能性が高い…かな。

2019年7月28日 (日)

シルクホースクラブ様2019年度募集馬申込み馬と検討馬

昨年は1頭も申し込まなかったのでカタログを眺めるのがとても久しぶりに感じますね。

 

現時点では
優先抽選枠 7 ピラミマの18
一般枠   48 ウインフロレゾンの18

 

ここまでは申込み済みです。

 

そして最優先候補として迷っていたのは 
61 アンティフォナの18

 

中間発表で既にランクインしていることを考えると、ピラミマ・ウインフロレゾンもそうでしたが、3頭とも
最優先にしないとノーチャンスで当然全滅もあり得ると。

 

本命のキャロットさんが今年×1で、募集予定馬の豪華さを考えると安パイとは断言できませんので、シルクさんで
穴候補探して1頭確保するか悩みますね…。 
シルクさん=天栄のイメージもあり、一般抽選枠まで残ってくれと祈るなら以下3頭も検討候補に。

 

15 ブロンシェダームの18 牡馬一口4万円 トモもあって欠点は少なそう。
17 シーズインクルーデッドの18 牡馬一口8万円 馬自体は欠点が少なそう。懸念は兄は走っているが3年連続牝馬の上が案外。
35 トゥアーニーの18 牡馬一口14万円 遅生まれだがバランスは良さそう。難点は値段とフランケルの牡馬実績。
欧州なら走りそうですが。
                       
     

2019年7月13日 (土)

親知らず

親知らずを2本(3本ありますが1本は完全にめり込んでいるので放置)抜いた影響が長引きましたが、
最近やっと痛み止めに頼らず睡眠出来ております。
しかし、麻酔で皮膚削ってハンマーで叩いて抜いてもダメ、削って抜いても抜けずでかなり小さくなるまで
削って抜いたときは、これ抜く意味あるのかなと一瞬思ってしまいましたね。

2019年5月22日 (水)

サートゥルナーリア最終追いきり

サートゥルナーリア

 

19/5/22  角居厩舎
22日は栗東CWコースで追い切りました。「今朝はCWコースで併せて追い切りました。相手を1馬身ほど追走して、並びかけるところでは敢えて触れるぐらい近づいていったのですが、冷静なまま折り合っていましたよ。直線を向いてからはスッと反応して最後は楽に抜け出しました。思惑どおりの追い切りができましたし、ここまで順調そのものです。あとはレースまでしっかりコンディションを整えていきます」(小滝助手)26日の東京競馬(東京優駿・芝2400m)にレーン騎手で出走を予定しています。

 

この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。

 

 

関係者の皆さまのご尽力のおかげで心身ともに素晴らしい状態で週末を迎えることができそうですね。
私自身は緊張で落ち着かない日々ですが、自分の出資スタイルでこんな機会を味わうことが出来るのは早々ないことですので、喜びと感謝を忘れずに勝負の日を待ちたいですね。

 

 

2019年5月17日 (金)

復帰報告

4か月半ぶりの投稿になります。

インフルやら数値低下による虚脱感でなかなか調子が戻りませんでしたが、現在は無事復調しました。

ただ、コンサドーレが今年も調子良いのにダゾーンで見れなかったのは涙ですね。

 

 

 

2019年1月 2日 (水)

新年のご挨拶・世代別出資馬の現況

皆様昨年度はお世話になりました。今年度もよろしくお願いいたします。


昨年度は未勝利だったり怪我による引退馬が多くなってしまった一年でしたので、今年は無事にコツコツと出走する姿を見ることがまず第一ですね。

7歳 代表馬 ブレイクエース
年間6走して半分が8着以内と地味ではありますがコツコツと頑張ってくれました。次走は決まっていませんが現役続行予定です。

6歳 代表馬 オルレアンローズ
6歳世代のオルレアンローズとタイムレスメロディはどちらも牝馬ですので3月で引退となります。オルレアンローズは逃げ切りまでもう一歩という復調した姿を最近見せてくれていますので惜しくはありますが、次のステップに無事進めるのが一番大切なことですね。


5歳 代表馬 セダブリランテス
セダブリランテスが怪我、インペリオアスールは去勢明けの調整中、ラグナアズーラ・サーブルノワールが故障により引退と一気に層が薄くなっています。タフに走り続けているウィッシュノートも頭打ち気味…。重賞2勝もしてくれたセダブリランテスがいる成功した世代ですので現状打破を祈るしかないです。


4歳 代表馬 ルーカス
気性爆発のラプトレックス・セドゥラマジー含めて勝ち上がり率が7頭中3頭の42%ですが、絶賛大不振ノルマンディーさん4歳世代(勝ち上がり率)で、ホマレ・ファントムメナスを引いて勝ち上がり率100%と評価に困る世代です…。ルーカスに関しては焦らずゆっくりでしょう。

3歳 代表馬 サートゥルナーリア
関係者の皆さまに感謝申し上げます。そして、無事春を迎えた時に見ることができる景色を楽しみにしています。

2018年12月28日 (金)

サートゥルナーリア、無傷の3連勝でGⅠ初制覇。

サートゥルナーリア

18/12/28  中竹厩舎

28日の中山競馬では抜群のスタートを切るも、道中は前に馬を置いてリズムを整える。直線では狭くなったが難なく抜け出して見事優勝。「ゲートを出て一度先頭に立ちましたが、初めての条件だったので慎重に運びました。道中の折り合いは問題なかったですし、しっかりと控えてリズムを整えられました。最後は狭くなったけど、本当に強かったですね。馬体は増えていたようですが、調教の時から太い感じはなかったので、成長分でしょう。来年も楽しみですね。今日は寒い中、応援ありがとうございます」(M.デムーロ騎手)

「初めての長距離輸送でしたが、落ち着いた状態でレースへ臨めたと思います。2000mの距離やコーナー4つなども何ら問題なく、素晴らしい走りを見せてくれましたし、来年も本当に楽しみですね。レース後の曳き馬の際に右前肢の落鉄は見られたものの、極端に気になることはなかったですし、まずはトレセンに帰ってしっかりとレース後のケアをしていきます。今日は優勝、誠におめでとうございます」(上村技術調教師)

初めての長距離輸送や条件でしたが、この馬のポテンシャルの前には要らぬ心配だったのか、直線では狭いところから楽に抜け出して堂々先頭でゴール板を駆け抜けてくれました。今日の走りからも来年がさらに楽しみになったと言えるでしょうし、このままいい流れを保って来年のクラシックに向かっていきたいです。今後はレース後の心身の状態をしっかりと確認してからリフレッシュ期間を設ける考えです。

この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


嬉しすぎて、強い勝ち方だったとしか言えないです。私の語彙力では。
レースのレベル・全体のラップ推移等詳しい分析は、データサイトにお邪魔してまたゆっくり浸りたいと思います。
昨年のセダブリランテス重賞初制覇の時と同じように、涙は勝手に流れてくるものなんですね。


2018年12月27日 (木)

2年連続のホープフルS出走

サートゥルナーリア

18/12/26  中竹厩舎

26日は軽めの調整を行いました。「ホープフルSに向けて月曜日に最終追い切りを行いました。単走で4ハロン52秒5-37秒6-23秒8-11秒9です。先週ジョッキーを乗せてしっかりやっているので、今週は月曜に坂路単走でサラッとやるというのは当初の予定どおりです。多少馬体には余裕がある印象なので、あまり負荷が軽くなりすぎないようにだけ気をつけて乗りましたが、最後はとてもいい反応でしたよ。ここまで前走とほぼ同じステップで調教を重ねてきたのですが、前走よりもさらに精神的にどっしりして落ち着いていると感じますし、万全に仕上がったと思います」(吉岡助手)28日の中山競馬(ホープフルS・芝2000m)にM.デムーロ騎手で出走いたします。

この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


昨年のルーカスに続き2年連続の出走、出資馬のG1出走は3頭延べ5度目のレースになりますね。
レオパルディナの阪神JFから4年が経って初の勝ち負けを期待されるオッズですから緊張してます…とシンプルな感想しか思い浮かびません。何よりもまず当日は無事にレースを終えることを祈ります。

2018年11月29日 (木)

生存報告

2ヶ月半空いてしまい久しぶりの更新になります。
その間に、開幕前に予想していたサポいないだろというしかないコンサドーレ4位以上確定、レバンガはワイルドカード=プレーオフ・残留争い最下位と明暗分かれる結果に…。

お馬さんの方は今年は怪我で長期休養・引退した馬が続いてしまいましたので、ホープフルS出走予定のサートゥルナーリアは兄弟の負傷歴もありますので、無事に走ってくれることを祈っております。

«×1狙いの結果

カテゴリー

ウェブページ

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30