無料ブログはココログ

引退・再ファンド未出資馬

  • 12年産 ヴィーヴル ロードアルティスタ (再ファンド未出資) ペルセヴェランテ バトナージュ スプランドゥール レオパルディナ 13年産 ロードデスティニー ラッシュドリーマー レーヌドコロール エクディス マカレア 14年産 サーブルノワール ラグナアズーラ 15年産 ラプトレックス カラドゥラ リベラメンテ セドゥラマジー

« コンサドーレ札幌戦力分析GK・DF編 | トップページ | 出資馬2頭目決定 »

2014年2月16日 (日)

コンサドーレ札幌戦力分析MF編

京都記念はノリさんマジック炸裂しましたね。やはり腹が据わった状態のノリさんの逃げは決まりますね。

さて、本題の戦力分析MF編ですが、一括りだと評価難しいので3つに分けますね。ディフェンシブハーフ(Football Manager脳に浸かってますのでこの表記で)、サイドハーフ、オフェンシブハーフでいきます。

ディフェンシブハーフ 戦力C(B) 選手層D(C) 伸びシロA
()表記は怪我人+小野加入後です。
現時点では河合を軸に宮澤と本来はサイドハーフの菊岡が使われると思います。現時点でもこの3人はJ2レベルでは上位ですが、やはり上里・深井の長期離脱は痛く、今年は残すのかなと思っていた堀米も先を見据えてレンタルで実戦経験積ます選択を選びました。なので、残りは大卒ルーキーの上原にユース上がりの前(弟)が控えなのは厳しいですし、怪我人出たらアウトでしょう。そうなったら俺達のスナさんに全てを託しましょう。

伸びシロに関しては、深井に尽きます。彼、昨年度のボール奪取率ルーキーでエステバンに次ぐJ2で2位なんですよね。前俊も言ってるようにボール奪取能力と寄せの威圧感は別格と。ただ同時にあのプレースタイルだと怪我が心配と言ってましたが、残念な事に的中しました。ただ身体が出来上がれば、日本のヤヤ・トゥーレを目指せる逸材だと思っています。


サイドハーフ 戦力B 選手層B 伸びシロC

現時点でも、古田・菊岡・スナさん・石井・荒野(将来はOHで)と戦力・選手層とも揃っており、ドリブラー型、クロッサー型、馬車馬型とタイプも充実しているのでJ2上位の評価です。ヘナンは離脱多すぎるので謎。伸びシロは完成している選手も多いので標準値に。

前俊を助ける意味でも、愛媛からの遡上で脅威の心肺能力身につけた石井を左に置きたいので、右は古田と荒野の争いか? 菊岡は本来だと1番手候補だが、ディフェンシブハーフが手薄すぎるので怪我人帰ってくるまではそちらでしょう。

オフェンシブハーフ 戦力B(A) 選手層B(A) 伸びシロB

()内は小野加入後です。どうしてJ2来てくれるんでしょレベルな選手ですから、6月加入7月登録後は磐田と並びJ2トップレベルですね。それまでは前俊置くのか、内村をシャドーストライカーとして使うのか恐らくは前者だと思いますが、J2レベルでは上位の2人に昨年上原に次ぐ伸びを見せ、まだまだ成長できる荒野いるので文句無しでしょう。ただ、欠点としましては小野と前俊の同時期用は運動量の低下を引き起こしますので、リスキーではあります。前俊にそのタスクを求めるのは酷ですので、財前監督がどう選ぶか注目。

« コンサドーレ札幌戦力分析GK・DF編 | トップページ | 出資馬2頭目決定 »

北海道コンサドーレ札幌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンサドーレ札幌戦力分析MF編:

« コンサドーレ札幌戦力分析GK・DF編 | トップページ | 出資馬2頭目決定 »

カテゴリー

ウェブページ

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31