« キャロットクラブ様出資馬決定 | トップページ | J2戦力分析その2 »

2014年2月23日 (日)

J2開幕前戦力分析1

J1よりJ2暮らしが長い我らがコンサドーレ。なので、当然J2の知識の方がありますので、2013シーズン終了後の移籍も踏まえて自分なりに予想しようとおもいます。

A(自動昇格争い)

磐田・京都・松本

磐田は大本命で頭2つは抜けています。川口・小林祐紀が抜けたのはマイナスですが、巷では評価の低い藤ヶ谷と、フェルジナンドがボールゲッターとして機能して、山本がゲーム組み立てれば大丈夫でしょう。寧ろ過剰気味の前線が、上手くローテーション回せずに不満募らせる方が心配ですね。

京都は、染谷・安藤をまとめてセレッソに引き抜かれたのは痛いですね。ただ、 石櫃を獲得したことで4バックに移行するのなら、何とか回せるかも。中盤は前年度もリーグ屈指だったところに、大黒と元新潟のアレッサンドロを獲得したことで得点力が大幅にプラス。

松本は今シーズンで一番の補強成功。田中隼麿というビッグネームに加えて、栃木のエースだったサビア、長崎からは岩間と実と名を兼ね備える補強となり、流出もレギュラークラスは無かったので3番手に。



B(プレーオフ争い)

山形・札幌・千葉・岡山

山形を4番手に指名。監督にはコンサドーレサポは一言言いたくなる方も多いと思われますが、J2限定なら結果残してきたのも事実。守備陣は堅実な補強をしており、得点力は昨年度高かったので、この評価に。諸刃の剣のディエゴの使い方が鍵。

札幌は期待値を込めてこの順位に。DFラインに不安を覚える陣容だが、前線でポゼッション率を高めて守備をする機会を減らせればリスクは減らせるかと。

千葉は昨季のコンバートで、一気にJ2でNO.1の右サイドバックに駆け上がった米倉が引き抜かれたのは大きなマイナス。高橋もレンタルバック後神戸に移籍したが、マリノスから獲得した天野がどれだけ出来るか? 中村(山形)を完全移籍、山中を柏からレンタルとMFの層は逆に厚くなった。

岡山に関しては、DF・MF・FWとそれぞれJ2レベルでは結果を残している選手を補強できたのは賞賛に値します。ただ、伝統的な内弁慶を克服できるかが鍵。




C(中位圏、上手くハマるとプレーオフ争い)

湘南・長崎・福岡・横浜F

湘南は降格組だが、主力のセンターラインが移籍・非更新なのが痛い。補強面も抜けた穴はルーキーとブラジル人助っ人に埋めてもらう事になるのは未知数としか言えない。

長崎はセンターラインがレンタルバックも含めてごっそりと抜けたのはやはりマイナス。ただ、高木監督は無名の選手を鍛えて堅実なチームを作り上げる手腕は確かなので、このランクとした。

福岡はやはり資金面の影響でレギュラークラスがごっそりといなくなり、その穴埋めとして契約満了選手と、J1を中心としたレンタル組で穴埋めしたフロントは、同じ資金難の札幌を見てきた自分としては評価したいですね。

横浜Fは例年の如く入れ替わりの多いオフだった。レギュラー・準レギュラーと満遍なく全てのポジションで退団者が出て、資金難クラブの東京Vや他にも南(熊本)・松下(仙台)・アンヨンハ(元柏等)といった計算できる戦力も獲得。毎年入れ替わる選手に、正直山口監督には同情する面もあるが、一応シーズン通して戦える戦力は整っていると見てよい。

« キャロットクラブ様出資馬決定 | トップページ | J2戦力分析その2 »

J2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: J2開幕前戦力分析1:

« キャロットクラブ様出資馬決定 | トップページ | J2戦力分析その2 »

カテゴリー

ウェブページ

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31