無料ブログはココログ

ノルマンディーオーナーズクラブ様出資馬

カテゴリー

ウェブページ

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« ロードホースクラブ様残口検討その2 | トップページ | コンサドーレ札幌戦力分析MF編 »

2014年2月14日 (金)

コンサドーレ札幌戦力分析GK・DF編

お馬さんの方は只今絶賛悩み中ですので、ある意味こちらの方が知識あるコンサ関連の戦力分析を。

評価はJ2レベルを基準としたA~Eで、項目は戦力(スタメン・ベンチクラス)・選手層(人数やスタメンとベンチ外の戦力差)・伸びシロ(1年の中で伸びる選手が出てくるか)の3つです。

GK 戦力A 選手層A 伸びシロC

JFLからの昇格組でプレーオフまで行った長崎の正GK金山の加入は大きい。クリーンシート数13、防御率0.87で第一位と昨年度J2NO.1の数値を誇り、そこに2012年シーズンの大怪我前ではJ1クラスのイ・ホスンの復帰で高いレベルの競争が激化される筈。昨年度正GKの杉山はハイボール処理等不安を抱えていた為3番手、4番手は育成型レンタル枠で移籍中の阿波加がJ3のSC相模原でレギュラーを取れればとの期待感も込め、伸びシロをCとした。

DF 戦力C 選手層D 伸びシロB

既に野戦病院と化しており、DFの若き要奈良が骨折の為開幕にはほぼ間に合わず、不動の右SBが同じく故障で全治4~6週間、昨季大ブレイクの左SB上原も捻挫で別メニュー調整と、昨日のテストマッチはどうすんでしょこれな布陣に。奈良が戻ってきた後は、櫛引・パウロン・薗田が争う。程度は違えどストッパータイプなので、正直に言えばスイーパータイプが1人欲しい。

昨季のレギュラーCBチョ・ソンジンが抜けたが、JFLからの叩き上げか、J1で身体能力を生かせず出場機会が乏しかった薗田がどう成長するか昨季と比較はしてみたい。加えてU-18で日本代表にも選ばれた内山には注目。183cmと高さがある上コーチングにも優れているので、もしかすると奈良と一番合うのは彼かもしれない。

SBはかなり厳し目の評価。日本一高さのあるSBと言われている上原は、本格コンバート2年目で伸びシロはありそう。日高も計算は出来る。ただ、控えとの差は大きく現状は右SBは前(兄)と小山内は相当頑張らないと良くてベンチだろう。前は元々中盤の選手なので、守備がある程度計算出来れば、その位置からゲームを組み立てれると武器になる。小山内は、足元がアレとのことらしいが、スピード・スタミナは高いので何年かかけてじっくり鍛えればガンバの加持のような、上がってもそれ以上の速さで戻れる嫌らしいSBになれることを期待。

左SBは松本が控えだが、コンサU-18→大学→コンサなので今年辺りで存在感見せておかないと、補強に動かれる可能性がある。

« ロードホースクラブ様残口検討その2 | トップページ | コンサドーレ札幌戦力分析MF編 »

北海道コンサドーレ札幌」カテゴリの記事

コメント

はじめまして!
私も昨年から一口馬主をはじめました。初年度出資した愛馬は現在3歳で、初勝利を目指しているところです。
フィルさんは残口馬の選択で悩んでおられるということですが、きっとまだいい馬は残っていると思いますので、ぜひいい馬を見つけてください。

私は道民でコンサドーレの古くからのファンです。今年は結構期待できると思っています!GKはJ2の主力級が3人いるわけですから心配いらないですよね。DFは素質はあるけど若いメンバーなので安定感と層の薄さは否めないですね。奈良と櫛引がどう成長するか楽しみです。
MF、FW編も楽しみにしています。

ところで、私もブログを書いているのでぜひ遊びに来てください!よろしければ、リンクさせてもらいたいのですが構いませんか?

すいません、名前とアドレス入れてませんでした!

はじめまして、ぴこっとさん。
一口馬主暦は私の1年先輩さんなんですね。これからもよろしくお願いします。
初勝利早く出来るといいですね。ゲームとかだとあっさりですけど、現実の1勝は難しいと言いますものね。

同じ道産子でしたか。札幌市あれだけ人口多いのにお金少ない貧乏クラブのサポは1に忍耐、2に辛抱ですから暖かい目でユースっ子達を見守りましょう。そして外国籍選手は高く売れますようにと。

リンク是非ともお願いします。私の方からもリンクしますので、これからもお願いしますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンサドーレ札幌戦力分析GK・DF編:

« ロードホースクラブ様残口検討その2 | トップページ | コンサドーレ札幌戦力分析MF編 »