無料ブログはココログ

ノルマンディーオーナーズクラブ様出資馬

カテゴリー

ウェブページ

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« レディブラッサムの12の近況 | トップページ | J2開幕前戦力分析1 »

2014年2月22日 (土)

キャロットクラブ様出資馬決定

昨日のブログでは絞っていると書いてましたが、実はほぼこの馬に決めていました。選んだのはブルーラスターの12である意味実験的なチャレンジです。

まず欠点として、母18歳時の高齢出産・現時点で馬体重425kg・最初の出産牡馬が重賞勝ちでその後尻すぼみです。

そして、ここからが私が選んだポイントですが、青鹿毛でありますが肌ツヤが良く見えた事、小柄ながらトモがしっかりしている事、レディブラッサムの12とは逆パターンの牡馬は走った事例を買ってみたかった、そして最大のポイントが、ネットで拾った情報ですが、グリーンチャンネルで角田師が「運動量の豊富さを絶賛」していることです。

ここからは馬と関係ない人間の例なんですが、運動量がある伸び盛りの高校生(具体的には高校野球)が、厳しいトレーニング後に食べれる事も才能なんですよ。この若いときに運動で負荷をかけて、その後すぐにタンパク質を摂取することは、成長を促します。

お馬さんの場合食事は牧草にタンパク質が含まれるので、後は回数を分けてどれだけ食べれるかですね。ちなみに、強豪高校野球児は1日6回が理想です。

人間の場合運動量が武器な選手(主にサッカー)で考えられることは、筋肉に乳酸が溜まりにくい柔らかい筋肉を持っているが第一です。第二の可能性は心肺能力が高い事、これはそのままですね。長い時間一定の速度で運動してもなかなかバテない、これも身体的才能です。

もし、ブルーラスターの12がこの才能のどちらかを持っていて、遅生まれで徐々に増えている体重が標準並みに育ってくれれば、勝ち上がりを目標に楽しめそうです。

追記 血統面を取り上げるのを忘れてました。

父ネオユニヴァース×母父ヌレイエフ 兄弟に重賞勝ちのグラスボンバー、祖母が重賞勝ちの上産駒に2頭G1馬・重賞勝ち1頭輩出と素晴らしい繁殖牝馬で、ナスキロにサーゲイロード、Forliがハイインロー、turn-toとalmahmoudがそれぞれ5×5と名種牡馬・繁殖牝馬の薄いインブリードのスパイスと、血統素人の私が見ても良血ですね。やはり、母年齢と小柄で値段抑えられたんですかね?

« レディブラッサムの12の近況 | トップページ | J2開幕前戦力分析1 »

一口馬主 募集馬検討」カテゴリの記事

コメント

フィルさん、こんにちは。
出資馬決まったんですね!おめでとうございます。

ブルーラスターの12、改めてカタログを見ると、見栄えのする馬体ですし、父がネオユニで兄にグラスボンバーがいる血統なのに牡馬で1600万とはお買い得に感じますね。
スプランドゥールという名前もなかなか素敵じゃないですか。

確かにまだ小柄なので、もう少し成長することを期待したいですね。
これからたくさん食べて大きくなってもらいましょう(笑)

フィルさん、こんにちは。
キャロットクラブの出資馬が決まった様ですね。ブルーラスターの12はネオ産駒ですね。遅生まれですからもっと成長すると思います。むしろ成長しないといけませんね。
出資おめでとうございます。

ぴこっとさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
青鹿毛や黒鹿毛って他の色のお馬さんより良く見えるんですよね。エイシンフラッシュなんて、見栄えだけはいつもチャンピオンでしたし(笑)

名前は先ほど確認しましたが、このお馬さんに似合った素敵な名前だと思います。
大きさに関しては、人間のスポーツ医学がサラブレットにも通用するかですねー。あの駒大苫小牧、ご飯は毎食どんぶり3杯がノルマで食事面も練習を実践し、内地の球児を凌駕するスイングスピードの土台のパワー手に入れましたので(笑)

パパディーさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
成長するかは賭けですけど残口数少なく、ロードサラブレットオーナーズ様のレディブラッサム12のように体重30kg増えたなんて事態起きれば一気に無くなると思ったので、スポーツ医学の可能性と探究心から早めの郵送しました。前回420で今回425ですから、このペース維持できるのなら冬には間に合って欲しいですね。

フィルさん、こんばんは!
キャロットの出資馬決定されたんですね。これで入会確定と言うことで、おめでとうございます!トモに良さがある馬ですし、あとは本当に体が大きくなってくれることを祈るのみですね。5月下旬の生まれですから、どこかのポイントで大きく増える可能性はあると思いますし、そうなれば楽しみですね。

競馬悟空さん、おはようございます。コメントありがとうございます。
競馬が無知であるからこその視点で、リスクをとって攻めてみました。
「運動量豊富」という特徴が、この血統の中のどの馬から受け継いでいるかも分かれば面白いですし、安い価格帯の馬でも1勝目指せるか探究心ですね。後まぁ単純な動機なんですけど、私の先天性疾患の影響で一般女性程度の平均身長、平均以下の足のサイズしかないので、単純に小さい馬が好きなのかも(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キャロットクラブ様出資馬決定:

« レディブラッサムの12の近況 | トップページ | J2開幕前戦力分析1 »