無料ブログはココログ

ノルマンディーオーナーズクラブ様出資馬

カテゴリー

ウェブページ

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« ロードホースクラブ様残口検討 | トップページ | コンサドーレ札幌戦力分析GK・DF編 »

2014年2月12日 (水)

ロードホースクラブ様残口検討その2

キャロッククラブ様等の社台系クラブと比較して個性的な配合を試みたり、ノーザン系より格安だったりと大当たりを狙わなければ個人的にはチェックしておきたいお馬さんを2頭上げます。

レディキルシェの12 父ジャングルポケット(ゼターン系)×母父サンデーサイレンス。母自体も2勝している上、ファミリーラインもしっかりしてるのに1050万と格安。1勝すれば2400以上もこなせそうなので楽しめそうな1頭です。追加候補その1ですね。

レディジーニアスの12
 父スターチューオブリバティ(ストームキャット系)×母父エブロス(ミスプロ系)。私この父の事全く存じ上げなかったのですがとてつもない良血だったんですね。産駒もオーストラリアでは結果残してますので、父がストームキャット系とデインヒル系で違いはしますが、
ビオンドパンテーラの12ような短距離路線で840万円と母が超高齢出走じゃなければ…ですね。

現在追加出資するとすれば優先順位が
レディキルシェの12エルテアトロの12サッカーマムの12でしょうか。安定度だとサッカーマムなんでしょうけど、キャロット様の第一候補が牝馬なので牝馬3頭出資はちょっと…ですね。

« ロードホースクラブ様残口検討 | トップページ | コンサドーレ札幌戦力分析GK・DF編 »

一口馬主 募集馬検討」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロードホースクラブ様残口検討その2:

« ロードホースクラブ様残口検討 | トップページ | コンサドーレ札幌戦力分析GK・DF編 »