無料ブログはココログ

ノルマンディーオーナーズクラブ様出資馬

カテゴリー

ウェブページ

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 出資馬2頭目決定 | トップページ | レディブラッサムの12の近況 »

2014年2月20日 (木)

コンサドーレ札幌戦力分析FW編とまとめ

コンサドーレ札幌戦力分析最後はFWになります。

戦力C 選手層D 伸びシロC

現在のコンサドーレは一応1トップになってますが、私は実質0トップだと思っています。昨年の得点元だった内村はそこそこポストプレイはこなせますが、シャドーストライカー適正が高いですね。セカンドトップだと、スピードがありドリブルで勝負できるのがJ1クラスなので、内村はドリブル面で難有りかと。なので、2列目からの飛び出しで合わせる方が良いのかなと。前俊はフリーロールでOKです。あの方には好きにやって貰いユースっ子達との感性を大事にしましょう。それ以外のタスク与えると能力激減しますし。

ここまでが計算できる選手で、後は経験不足の若手か現在練習生の元韓国代表なので、戦力はBに近いCでしょうか。で、現時点で戦力扱いのFW2人なので、選手層評価は厳しくなります。フェホの代わりに練習生扱いのチョン・ソンフン目処がつけば、負担軽減できそうですが。

突貫小僧榊は、伸びシロ秘めていそうなので、何とかレギュラー争いには食い込んで欲しいですね。

現時点での主観入った開幕スタメン予想

      内村

菊岡   前田   石井

           (古田)

    宮澤  河合

松本 櫛引  薗田 前(兄)

       金山

何と申しますか、前輪駆動型のラインナップなっちゃいましたね。最初の戦力分析では菊岡はディフェンシブハーフ起用かなと予想してましたが、サイドハーフ起用との報道があり、それならば本来はJ2屈指のテクニック系サイドハーフなので、栃木時代の左サイドハーフに。右は石井と古田の争いと見ているが、石井を推した。理由は後述。

左サイドバックは上原間に合いそうにないので松本、センターバックは奈良骨折、パウロン再離脱で自動的に櫛引・薗田と言うか、内山は一度離脱、永坂はまだ発展途上なのでこの組み合わせしかほぼ無いかと。右サイドバックは前(兄)と小山内の争いだが、現時点では前が一歩リードか? で、右サイドハーフに石井推した理由がこれで、松本は攻撃型サイドバックというか守備上手くなく、前(兄)は元々サイドハーフ主戦場の中盤マルチロール。結果両サイド共に守備が心もとないので、馬車馬型の石井入れないと個人的には怖いです。河合キャプテンも流石に劣化始まってきたので、キャプテン一人じゃ酷。

GKは金山と予想。能力的には金山とホスンは差はないのですが、試合勘の分金山が有利。

« 出資馬2頭目決定 | トップページ | レディブラッサムの12の近況 »

北海道コンサドーレ札幌」カテゴリの記事

コメント

フィルさん、こんばんは。
可能性がありそうなスタメンメンバーですね。
札幌復帰の石井にも期待していますが、荒野もそこの争いに加わって欲しいです。
菊岡は今日の新聞記事を見るとよさそうですね。
楽しみなメンバーは多いのですが、最近のテストマッチの結果を見ると、シーズン前ですが心配になりますね…。

奈良と上原慎の復帰が近いそうですね。
開幕戦は難しいかもしれないですが、シーズン前半で勢いに乗って欲しいので、早くに復帰してもらいたいものです。

ぴこっとさん、こんにちは。
石井を一番手としましたが、荒野は伸びシロたっぷりでパスも出せて自らディフェンスライン切り裂いてく力もありますので、イングランドスタイル4-4-2のセントラルMFが面白いと思ってます。

奈良と上原慎はやはり無理すると逆に酷くなるのが心配なので、個人的にはじっくり治して欲しいところです。ただ、そうなると今日の道新に出てた道産子ライン「松本・櫛引・小山内・前(兄)」が現実になり、2011年天皇杯の水戸戦のユースっ子を引率するベテラン達を思い出すことに…。アレ、数試合継続するとどんな化学反応見せるのかな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンサドーレ札幌戦力分析FW編とまとめ:

« 出資馬2頭目決定 | トップページ | レディブラッサムの12の近況 »