無料ブログはココログ

ノルマンディーオーナーズクラブ様出資馬

カテゴリー

ウェブページ

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« コンサドーレ札幌戦力分析MF編 | トップページ | コンサドーレ札幌戦力分析FW編とまとめ »

2014年2月18日 (火)

出資馬2頭目決定

さて、今日は持病の検査でしっかりと血を抜かれてきました。生涯注射回数軽く4桁の私ですので、注射の針のチクッという痛覚が完全に麻痺しております(笑)

さて本題の方ですが、最初の1頭が一目惚れの牝馬でしたので、次は牡馬をと思い検討を重ねてましたが、トモがしっかりしてること、とても丈夫であること(この部分はロードホースクラブ様に確認済み)、そして体重もカタログ時より増えた事、血統的にファミリーラインが優秀の4つが決め手になり、ロードホースクラブ様のエルテアトロの12に出資申し込みをいたしました。お父さんそっくりの顔で、適正は芝・ダート兼用のマイル~中距離なのかな?

後はキャロットクラブ様の出資馬選びですね。ここは難航するだろうなぁ…。馬体重軽くても運動神経重視するか、現段階の馬格取るかの2択でしょうね。

しかし、もうこの時期なので社台系のクラブさんは人気馬無い事も影響してますが、私どちらかと言うと日高産の方に惹かれているんですかね? 出資完了+申し込みした1頭ずつ血統は王道ですけど、検討馬の中にホワイトマズル(レア枠)・スニッツェル・メイショウサムソン・スターチューオブリバティといったマイナー枠入ってますからね。

« コンサドーレ札幌戦力分析MF編 | トップページ | コンサドーレ札幌戦力分析FW編とまとめ »

出資馬」カテゴリの記事

コメント

フィルさん、こんばんは。
出資おめでとうございます。次はキャロットクラブの方ですね。頑張って下さい。

パパディーさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
キャロットさんの方はホント悩んでるんですよねぇ。ビオンドパンデーラ、残口馬の中で多分一番運動神経良いと思うんですよ。一回り大きな馬に囲まれても平然と坂路上ってケロリとしてますし。馬体重440kg台だったらもう売り切れてた気もします。ブルーラスターも同じく動きは良さそうですね。

確実性取るなら、5月生まれで標準体重に達したフェルミオンか、ダート系ガチムチ牝馬のスルーレート、正統派で馬格十分スプリンター牝馬のササファイヤーですかねぇ…。

フィルさん、たびたびこんばんは。
混乱されてたみたいですね。落ち着きましたか?
他の方のブログを観ていてコメントしました。

自分が一口馬主を始めた時は馬の事を余り調べもせず、失敗ばかりしました。ブログもせず、他の方のブログにもコメントしませんでした。しかし何かを変えないと行けないと思い、初めて他の方のブログにコメントしました。そこから勉強して今に至ります。
何を言いたいかといいますと失敗を恐れないで下さい。必ず糧になりますから。
と、言っても高いお金がかかりますからね(笑)
大した事を書けずすいません。

追伸、あなたが行っているブログの方々は良い方達です。過去に書いている事を観るとヒントが書いてありますよ。

パパディーさん、おはようございます。
ご心配おかけして申し訳ございませんでした。
私も競馬に関しては、血統とかより単純にお馬さんが走っているのを見るのが好きだったので、血統とか馬体の見方は栗山求先生や、競馬悟空さん、谷中小学校さんの過去ログ等で勉強しておりましたが、全然知識が追い付いてない状態で、パニック起こしてしまいご迷惑をおかけしてしまいました。
馬体重の事もやはり不利だとは分かっていても、あの動きに見惚れたという感情が優先してしまいましたね。

競馬より経験豊富なコンサドーレ札幌の事だと、貧乏クラブの忍耐のススメも叩き込まれてるので、一喜一憂しないんですけどね。スタジアム観戦はドクターストップですけど(苦笑)

フィルさん、2頭目の出資決まったんですね。
おめでとうございます。

ダイワメジャー産駒いいですよね。
安定感があるので私もいつかは持ちたいと思っています。
エルテアトロの12は初仔ですが、血統的には母系が超優秀ですから期待が持てますよね。
長く活躍してくれるといいですね。

ぴこっとさん、おはようございます。コメントありがとうございます。
エルテアトロは牧場の方が丈夫だと仰っているのが第一で、血統まだ勉強中なのですがファミリーラインが優秀で代表的なハイインロー? と言われているキングマンボ母のミエスク、母自体がレイズアネイティブのクロス持ちなのと、父キンカメ×母父SS系は多くてもその逆パターンが殆ど無かったので、そこに興味を持ちました。そして最後の決め手はカタログに書いてあった、「知名度に欠ける母の初仔の紹介を兼ねた特別プライス」という文面が面白く、同値段のステゴ産駒よりこっち選んじゃいましたね(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出資馬2頭目決定:

« コンサドーレ札幌戦力分析MF編 | トップページ | コンサドーレ札幌戦力分析FW編とまとめ »