« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月31日 (月)

今年の運試しその2

さて本日正午~明日の正午までキャロットクラブ様でキャンセル募集始まりましたね。1人1頭限定ですけど会員数凄いクラブさんですので、確率は宝くじですね、本当に。

さて、事前の書き込みでは本命クリソプレーズの12 対抗チアズメッセージの12でシルクホースクラブ様で関東馬当たったので関西と書きましたが、選んだのは直前変更のキューの12にしました。

まずクリソプレーズに関しては毎回HPの更新内容が素晴らしく一番人気必至なので回避しました。そして私の今年の出資馬で欠けてるのはダート馬でしたので絞った候補が3頭で(クリソプレーズもダートで有望そうですが)、キュー・チアズメッセージ・ピンクアリエスでした。ピンクアリエスを急遽候補に上げたのは近況の写真が個人的に好みだったことですね。そして、チアズメッセージとキューの比較ですが、理想的な成長ラインに関西のトップクラスの厩舎でチアズメッセージが人気出そうと予想し、危なっかしい気性の兄弟と母年齢・関東といった要素で前者ほどの人気出ないと読んでこちらに。

ピンクアリエスとキューの比較では、ダート色強いのは前者でしたが、キューの血統面でキンカメ×母父フレンチ+母母P J Floral で母系にナスキロ血脈2本確保の上、ボールドルーラークロスが母系で発生して6代以降にナスルーラ凝縮でスピード確保している配合に魅力を感じキューを選択しました。

後は明日の夕方まで宝くじ当たるのを祈ります。

2014年3月29日 (土)

シルクキャンセル募集結果発表

さて6頭募集という賭けに出たシルクホースクラブ様のキャンセル募集ですが、1900件を超える応募があったようです。当選確率は単純計算だと80/1900ですので、一口当たり1.77%です。そして私は計6口申し込みましたので1.77×6=10.62%ですね。まぁ、実際人気出たのはフィロンリュージュ・シーズライクリオ・スペリオルパール・ルシルク辺りが人気集中していると思いますので、単純には計算出来ませんけど。

そして、結果はフェートデュヴァンの12(バトナージュ)当選しました。まさかのフェイトフルウォーの全妹の出資確定した訳でこれは予想外でしたね。単純に番号順で抽選したと仮定すると、この時点で恐らくそれ以後の当選権除外してたので、関西勢の抽選はノーチャンスになってしまいましたが、1年目で重賞馬の全妹+ステゴ黄金配合(牝馬は実績低いですが)のお馬さん出資出来ただけでも幸せですね。実績の所も重賞馬の全妹といった配合はないと思うのである意味見ものかもしれませんね。私には遠い世界ですが、オルフェの妹13年産ですし。

さて次はキャロットクラブ様のキャンセル募集ですが、この結果で関西狙いで行こうと思います。まだ絞ってはいないのですが、候補は関東消して関西1頭追加といったところですね。

2014年3月28日 (金)

苫駒の皆さんお疲れ様でした

キャンセル募集が一段落着くまで何となく低額馬検討を更新する踏ん切りがつかない中で、昨日はワンセグでチラッと見ながらの半分ラジオ感覚で駒大苫小牧VS履正社の選抜甲子園をTV視聴してました。近畿と言うか大阪のチームに北海道が春で勝つというのは、多分100回やって数回程度だと思うんですけど、惜しいゲームでしたね。

北海道という土地柄上、全国クラスのエース級を複数揃えるのは不可能な訳で、2連覇した時の涌井曰く「打たれる気しかしなかった」と呼べるレベルまで打撃鍛えるしか無いのですが、今回はやはり春なのでそこまでいかなかったのが敗因ですね。

2番手の背番号1の投手が変わってすぐに変化球のすっぽ抜けですが頭に当ててしまったので、投手心理上そこから内角にストレート投げ込むのは難しいので継投は正解ですし、4番手の投手は流石に大阪相手には無理ゲーですのでここは仕方なしですね。

そうなると追加点を上げて1点ゲームに持ち込めれば勝てる可能性あったんですけど、履正社の2番手の投手の球を見るレベルまで達してなかったのがある意味北海道の悲しさと言いますか…。確かに直球の球速速かったんですけど、ストライクは殆ど真ん中で外と内を使い分けるコントロール無かったように見受けられましたので、多分近畿勢や九州勢だと、真ん中に来たのだけ打って他は見逃してたりカットすれば崩れるタイプだったと思いますので。実際秋大会の防御率3点台後半でしたから…。まぁ、北海道に140キロ超えてガタイの良いパワーピッチャーって殆どいませんので、今の苫駒のサポート体制だとキツイんですけどね(苦笑)

さて、春も終わりまして夏の予選まで2ヶ月ちょっとですので、夏の南北海道はまさかの秋大1回戦負けの北照との争いが有力ですので、熱い戦いを期待していますね。

私の母校はと言いますと、北北海道ブロックですが、支部予選1回戦負けレベルなので、甲子園のアルプス行けそうにないかなぁ…。

2014年3月25日 (火)

争うは本意ならねど

いきなりですが私の中での体調指数がありまして、イヤホン着けて布団で横になる(寝ホンしないと寝れませんので)<読書<ネット<Football Managerをプレイとなっております。

そして、最近読んだのが木村元彦氏作の「争うは本意ならねど」です。
一時期サッカーサポの間で話題になった我那覇選手の名誉を回復するための戦いについて書かれてまして、当時私はだんだんスタジアム行けなくなっていましたが、急な高熱でのビタミンB1点滴がなんでドーピング扱いされるんだ? 何故CAS(スポーツ仲裁裁判所)じゃないと裁判受けないんだ(一個人で受けるには数千万単位のお金が必要)という疑問がありましたが、その答えがここにありました。

サッカーには興味ない方でも一アスリート、そして全てのチームドクターの想いが綴られられた一冊ですので、オススメの一冊です。

2014年3月21日 (金)

キャンセル募集その2

昨日キャロットクラブ様ではキャンセル募集なさそうと書いたら当日に募集かかってましたorz

ただ、今回は1人一頭限定ですので読み合い重要ですよね。ただ、純粋に確率低くても欲しい馬に賭けるのもありだと思いますね。この時期の募集ですから1歳募集時よりは調教進んでますので。

個人的には、

本命 60 クリソプレーズの12 牡 父ゼンノロブロイ 5000万

対抗 47 チアズメッセージの12 牡 父キンカメ 4000万

他気になる馬

21 マイティースルーの12 牝 父ハーツクライ 1400万

37 アトムチェリーの12 牡 父エンパイアメーカー 3200万

38 リンガフランカの12 牝 父チチカステナンゴ 1000万

55 プンティラの12 牝 父ネオユニヴァース 1600万

59 ティエッチマンボの12 牝 父ヴォーエンブレム 2000万

64 リリサイドの12 牝 父ゼンノノブロイ 2800万

71 マルティンスタークの12 牝 父ゴールドアリュール 1400万

74 グレイトグレイスの12 父スペシャルウィーク 1800万

大体はこんなところでしょうか。正直キューとムーンライトダンスも悩みますね…。

2014年3月20日 (木)

無謀な突貫

さて、シルクホースクラブ様でキャンセル募集が始まりました。何か今の感じだとキャロットクラブ様は行わない、もしくは最優先落選者で目ぼしいのは埋まりそうな感じなので、思い切って抽選かかるだろうなぁ的な馬を一気に申し込みしてみました。全部落ちるもしくは、殆ど受かったら笑うしかないですね。

フィロンルージュの12 4000万(100口) キンカメ産

ルシルクの12 4000万 ステゴ産

フェートデュヴァンの12 2500万 ステゴ産

ステイヴィズユーの12 1800万 バゴ産

クラウンピースの12 2500万 ハービンジャー産

シーズライクリオの12 3500万 ステゴ産

以上6頭です。ネオユニのマチカネタマカズラの12は3000万だと少し高くてもステゴの方が良いかなという判断ですね。ハーツクライの方も同じくです。個人的にはステゴの2頭の牡馬どちらか当たれば良いなと祈るだけですね。

フィロンルージュは超狭き門ですが、この馬が大本命ですね。考えてみると私の今年の出資馬ではエルテアトロの12が母父キンカメなので、ダート兼用ですがガチなダート馬いないので、まず受からないでしょうけど、こちらに賭けてみます。

2014年3月17日 (月)

血統・配合勉強 持ち込み馬編

今回取り上げる馬は、少々ベタですがシルクホースクラブ様のサマーハの12です。まだシルクホースクラブ様にはテキスト転載許可等取ってないので、今回は私の主観の文章になりますがご了承ください。

まずは血統から

http://db.netkeiba.com/horse/ped/2012104626/

Seeking the Gold とWoodmanが3×3のニアリークロスを筆頭に、ミスプロからスピードをミルリーフ5×6がナスキロで切れ味、ノーザンダンサーから底力と全て凝縮してみましたという挑戦的な配合ですね。現時点でHPを見る限りではかなり仕上がりが早いみたいですので、上手く早期デビューして一つ勝てればそのアドバンテージ生かして芝・ダート兼用のマイラーになりそうですね。昨日の中京メインで勝利した馬もDubawi産駒でしたので、日本適正はあると思います。

ただ欠点としましては現状ではガチムチすぎる事、そしてクロスが濃いという面でこの馬にどのクロスが強く反映されているか現時点では不明なことですね。そして、恐らく繁殖用として牧場に無事帰したいというクラブ側の計算もある筈ですので、戦績が頭打ちになると引退早そうなところでしょうか。ただ、この面に関しては8着確保出来ずにズルズル伸びるよりはランニングコストという意味では悪い事ではないかもしれませんが…。

前回のカスタリアの12が一つ勝てば、中山と北海道シリーズ中長距離路線でコツコツ楽しめそうなタイプでしたが、今回は一発ホームラン狙いの短距離~マイル芝ダート兼用早期始動タイプですね。サマーハの12は早めに1つ取れると、全日本2歳優駿を目標にするのも面白いかもしれませんね。

2014年3月16日 (日)

出資馬近況

ロードサラブレットオーナーズ様とキャロットクラブ様の出資馬近況が更新されていましたのでアップします。今回は全馬テキストのみとなります。


レディブッラサムの12

2014.03.14
レディブラッサム'12は、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター2000m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン15~20秒ペース)。2月28日(金)測定の馬体重は441kg。
・当地スタッフ 「騎乗トレーニング再開後も、今のところ脚元は大丈夫そう。このまま乗り続けて行けるのでは・・・。ただ、焦る時期とも違うはず。成長の余地も多分に残している印象だけに、もう少しの間は馬自身のコンディションに合わせて進めたいと思います」

エルテアトロの12

2014.03.14
エルテアトロ'12は、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター2000m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン15~20秒ペース)。2月28日(金)測定の馬体重は473kg。
・当地スタッフ 「毎日のトレーニングを無難に消化。さすがに1、2週間で大きくは変わらぬものの、休まずに乗り込めている点を評価したいと思います。飼い葉もキッチリ食べており、体調面に関して心配は無し。この調子で全体のレベルアップを求めましょう」

尚、今回の記事は、株式会社ロードサラブレットオーナズクラブ様より許可を得て転載させていただきました。

レディブラッサムの12に関しては4ヶ月でほぼ順調に調教行いながら35kg体重増えましたね。体高は不明なんですけど、成長期なら増えてると思いますのでこれでレース時体重の最低ライン430kgは確保出来そうですね。血統・配合共にディープ産駒の成功パターンなので、もしかしたら重賞は…と夢見せてくれるかもしれませんね。

エルテアトロはセールスポイントだった頑丈さが見事に発揮されてますね。現時点で調教ペース落とさず飼い葉食いも問題無しですから、上手く行ったら夏の終わりか秋始動狙えるかもしれませんね。

スプランドゥール(ブルーラスターの12)

3/14      NF空港

  • 馬体重:428kg 
  • 現在は1000m屋内周回ダートコースでキャンターを3周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン16~18秒のキャンターで2本登坂しています。ハロン16秒で継続的に乗り込むことができているようにもっとも進みが早いグループでの調教を行えています。ネオユニヴァース産駒ということで気性の強さが心配されがちですが、本馬に関してはその心配がなく、素直で飲み込みも早いのでスタッフから可愛がられています。
  • この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。

    こちらは馬体重以外は理想的なペースで進められていますね。完成度の高さで早期始動してレース使いながら成長待つのか、ペース落として馬体重が増えるのを促すのが良いのかどちらがよいのか分かりませんけど、2歳6月か7月の新馬戦だと430kg前後でも出走してきてますので前者も面白いかもしれませんね。

    2014年3月14日 (金)

    気長にぼちぼちと

    前回の更新から少し時間空きましたが、理由はと言うと先週よりずっと続いてた体調不良が気管支炎でしたという苦笑いするしかしない原因でした。火曜朝に体調急変しこれは流石にと思い持病の通院先で呼吸器内科で診察してもらったところそういう診断で、思い起こせば毎晩と言うか深夜目覚めて咳止まらない時点で疑うべきでしたね。現在は抗生物質他の投薬治療受けてますので、暫くはペースダウンしながらの更新になりそうです。

    さて、ダイヤモンドビコーの12の振込みも終わりましたので、もう一つの私のカテゴリーのJ2についてですが、岐阜サポの皆さんすいませんでしたの一言に尽きますね。まだ2試合しか消化してないですし中位戦力圏のクラブと戦ってないのでまだ判断早いかもしれませんが、J2経験値の高い選手が思った以上にフィットしている印象を受けました。

    コンサドーレについては優勝候補筆頭にJ2プレーオフ争いのチームとの2連戦で勝ち点4ですから、満点に近い結果ですね。前俊あんな動き出来たんかいというツッコミは置いといて、現時点ではまだ攻撃面でのデータ数値は芳しくないですがこれは対戦相手の力量も関係しますので今はまだ保留ですね。逆に守備面櫛引・小山内という急造CBコンビですが、文句なしですね。特に小山内がCBでここまで出来るのが収穫でした。元々足の速さやスタミナには定評のあり足元がお察しタイプでしたので、対人プレイに比較的強い櫛引とは相性が良かったかもしれませんね。

    2014年3月10日 (月)

    メイショウサムソン編その1

    前回書きましたが今後の為にリーズナブルの馬で血統等を勉強していくについて、まずはメイショウサムソン産駒です。

    現時点での総賞金上位5頭の内3頭が母父エルコンドルパサーでした。そうなると、Sadler's Wells3×4+Special血脈は相性良いみたいですね。そして5頭中4頭がSS系の血持っていて、ダンシングブレーヴの母父Droneとニアリークロス(?)持ちになりますね。そして上位2頭がどちらも母母がダイナカールなので、HyperionやNearcoクロス持ちになります。ネットでこっそり違う名前(ここ見てる方にはバレバレの名前です)で調べたのですが、サムソン産駒はちょっと複雑めな弄り方必要みたいです。

    その結果今の残口馬から浮かび上がったのが、キャロットクラブ様のカスタリアの12でした。

    6445d06a201422882629ec1785ea95d_e

    この度の写真はキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。

    現在の調教具合や馬体は正直普通としか感じられませんが、配合が強烈すぎでした。

    http://db.netkeiba.com/horse/ped/2012104574/

    Sadler's Wells3×3という濃すぎるクロスに、SS直系でMahmoudのスピード、母母母父Ela-Mana-MouがHyperionやFair Trial等クロス多数と、何と言いますか色んなものを凝縮してみました的な凄さでした。私殆ど馬券買いませんけど、道悪の中山・函館・札幌限定でいけそうな気がしますね。

    正直調べる前までは、残口のメイショウサムソンは同じくキャロットクラブ様のファーレサルティ12一択でしたけど、頓挫して調整大幅に遅れてますので、この馬の成長具合も見守りたいと思います。

    2014年3月 9日 (日)

    皆さまご迷惑をおかけしました

    皆さまこの度はご迷惑をおかけしました。

    そしてお気遣いいただきありがとうございました。

    おかげさまで何とか回復一歩手前のところまでいきましたので、多分もう大丈夫だと思います。


    今回はダイヤモンドビコーの12出資の申込書あらかじめ用意しておき、その後電話で残口等現況確認。そこまでは良かったのですが、当日昼すぎに体調悪化し止めが北国特有の事情でした。その名は生活道路除雪。これ普通昼間に入ってあまり住人に負担かからないんですけど、ウチの町内会は何故か夜から深夜一杯まで。で、発熱キツくて眠りたいのにウトウトしかけると除雪車の振動で家が揺れて眠れないのエンドレス。これが完全にアウトでしたね。

    理由の2つ目は単純に薬の副作用です。私の先天性疾患の投薬治療の副作用として、ウィルス性疾患の抵抗力が弱くなるという性質があり、具体的に挙げるとインフルエンザの予防接種受けたらインフルエンザになりました(笑) これはどうしようもないので諦めですね。

    さて、ここからは本題のペルセヴェランテ(ダイヤモンドビコーの12)の問い合わせした時の電話で受けた印象ですが、やはりクラブとしては相当力入ってますね。このお馬さんに対して自信あるようで、結構熱の入った説明でしたね。私も動画見てスケールのあるバネがある走りだなと思いましたし、出資してダメでも後悔しないと思います。

    それに併せて現状で仕上がり良いリーズナブルのお馬さんはいますかの私の問いに上がったのが、メジロドーベルの12・ポップスの12・サマーハの12でした。メジロドーベルの12はその後瞬殺でしたが、この1頭とポップス12は育成側で評判良いようです。サマーハの12は仕上がり早いみたいですね。持ち込みですからレース選択狭まりそうですが、早期始動で一気に短距離OPレース狙っていそうですね。


    私が問いかけたチチカス総流しの3頭はどうですか? については、あの値段では普通は買えないとの答えでした。まぁ、他のクラブさんもチチカス大暴落ですのでここは割引対象ですけど、悪い印象は受けませんでしたね。


    問い合わせに関しては大体こんな感じです。これで折角クラブ3つに増えましたので、これからは1000万~2000万の格安馬について、自分の血統や馬体の見方等についての勉強の為に色々データ調べたりして取り上げていこうと思います。

    2014年3月 7日 (金)

    ダイヤモンドビコーの12郵送間に合いますように…。

    ダイヤモンドビコーの12の郵送申し込みを昨日家族にお願いしておきました。後は到着までに満口ならないことを祈ります。

    やっと発熱が37℃台後半まで下がりましたので、この場でご報告のみさせていただきました。

    2014年3月 4日 (火)

    ダイヤモンドビコーの12について

    私はつい先日までは3頭までで、1頭は一目惚れ枠、他は「短距離」「長距離」「ダート」のどれか特化型か、レア種牡馬枠と言ってましたが、その一目惚れ枠で来年狙おうかなーと思っていたキンカメ産を調べたのですが、予想以上にクラブ回るの少なそうなんですよね。

    それなら今年前倒ししても良いかなと思っていたのですが、キャロットクラブ様の残口枠はピンと来ず、クラブ枠2つにしようと思っていた中その枠外のシルクホースクラブ様にはダイヤモンドビコーの12が残っていました。で、web上でアップされたあるブログのブログ主様が撮った写真がまた可愛いこと。前言撤回しても欲しくなりましたです、ハイ。

    そして、次善の選択はロードサラブレットオーナーズ様のエアジュリアードの12。こちらは、同じクラブでお値段半分以下と懐には暖かく配合自体も良好の事。以下現状のテキスト・写真です。

    2014.02.28
    エアジュリアード'12は、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター2000m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン18~22秒ペース)。
    ・当地スタッフ 「心身共にコンディションは安定。現在のメニューには余裕を持って対応しており、いつも馬自身は元気一杯に過ごしています。ボリューム十分の身体に筋肉が備わり、だいぶ逞しいシルエットに。同期の中でも目立つ存在と言えるかも知れません」

    体重は467kgです

    12071403_e


    尚、今回の記事は、株式会社ロードサラブレットオーナズクラブ様より許可を得て転載させていただきました。

    流石にこれで打ち止めと自分に言い聞かせます。

    2014年3月 3日 (月)

    スプランドゥール満口

    確か週末には30口はあったよなぁと思い返していた、スプランドゥール君、いつの間にか満口になってました。アールブリュットも怒涛の捲くり一発でしたが、キャロットさんって本当に火が着くと早いですね。やはり調教画面の綺麗な走りで、もう少し大きくなればいけるんじゃ? 的な感想持った方多かったんですね。リスク取って本当に良かったです。

    後は今年もあるのかどうか分からないキャンセル募集でしょうか。基本3頭だと決めてましたが、もし実施されて安め~普通の価格帯のリーディング上位馬出たら動くかも…。高価格帯はそもそもキャンセル出ないでしょうし。

    2014年3月 1日 (土)

    レディブラッサム12の近況 2月末

    ロードサラブレッドクラブ様の2歳馬近況が上がってましたので、アップします。

    2014.02.28

    レディブラッサム'12は、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター2000m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン18~22秒ペース)。
    ・当地スタッフ 「1ヶ月前と比べて馬体重が17kgプラス。しっかり乗り込んでの結果だけに、尚更に評価できるかも知れませんね。右前脚に骨瘤が出掛かり、数日間ほど乗り運動を見合わせ。大きな心配には及ばず、現在は再び元通りのメニューに戻しています」

    尚、今回の記事は、株式会社ロードサラブレットオーナズクラブ様より許可を得て転載させていただきました。


    ちょっと心配でしたが、過去ログ調べるとお兄さんのロードカナロアもこの時期に全く同じ場所に同じ症状が出たので、お母さんの体質なのかな? カナロアはその後悪影響が出ることも無く大活躍したので、カナロアと尾同じ道を歩んでるとプラスに考えたいですね。

    « 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

    カテゴリー

    ウェブページ

    2020年10月
            1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31