無料ブログはココログ

引退・再ファンド未出資馬

  • 12年産 ヴィーヴル ロードアルティスタ (再ファンド未出資) ペルセヴェランテ バトナージュ スプランドゥール レオパルディナ 13年産 ロードデスティニー ラッシュドリーマー レーヌドコロール エクディス マカレア 14年産 サーブルノワール ラグナアズーラ 15年産 ラプトレックス カラドゥラ リベラメンテ セドゥラマジー

« 皆さまご迷惑をおかけしました | トップページ | 気長にぼちぼちと »

2014年3月10日 (月)

メイショウサムソン編その1

前回書きましたが今後の為にリーズナブルの馬で血統等を勉強していくについて、まずはメイショウサムソン産駒です。

現時点での総賞金上位5頭の内3頭が母父エルコンドルパサーでした。そうなると、Sadler's Wells3×4+Special血脈は相性良いみたいですね。そして5頭中4頭がSS系の血持っていて、ダンシングブレーヴの母父Droneとニアリークロス(?)持ちになりますね。そして上位2頭がどちらも母母がダイナカールなので、HyperionやNearcoクロス持ちになります。ネットでこっそり違う名前(ここ見てる方にはバレバレの名前です)で調べたのですが、サムソン産駒はちょっと複雑めな弄り方必要みたいです。

その結果今の残口馬から浮かび上がったのが、キャロットクラブ様のカスタリアの12でした。

6445d06a201422882629ec1785ea95d_e

この度の写真はキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。

現在の調教具合や馬体は正直普通としか感じられませんが、配合が強烈すぎでした。

http://db.netkeiba.com/horse/ped/2012104574/

Sadler's Wells3×3という濃すぎるクロスに、SS直系でMahmoudのスピード、母母母父Ela-Mana-MouがHyperionやFair Trial等クロス多数と、何と言いますか色んなものを凝縮してみました的な凄さでした。私殆ど馬券買いませんけど、道悪の中山・函館・札幌限定でいけそうな気がしますね。

正直調べる前までは、残口のメイショウサムソンは同じくキャロットクラブ様のファーレサルティ12一択でしたけど、頓挫して調整大幅に遅れてますので、この馬の成長具合も見守りたいと思います。

« 皆さまご迷惑をおかけしました | トップページ | 気長にぼちぼちと »

血統・配合勉強対象馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メイショウサムソン編その1:

« 皆さまご迷惑をおかけしました | トップページ | 気長にぼちぼちと »

カテゴリー

ウェブページ

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31