« キャンセル募集その2 | トップページ | 苫駒の皆さんお疲れ様でした »

2014年3月25日 (火)

争うは本意ならねど

いきなりですが私の中での体調指数がありまして、イヤホン着けて布団で横になる(寝ホンしないと寝れませんので)<読書<ネット<Football Managerをプレイとなっております。

そして、最近読んだのが木村元彦氏作の「争うは本意ならねど」です。
一時期サッカーサポの間で話題になった我那覇選手の名誉を回復するための戦いについて書かれてまして、当時私はだんだんスタジアム行けなくなっていましたが、急な高熱でのビタミンB1点滴がなんでドーピング扱いされるんだ? 何故CAS(スポーツ仲裁裁判所)じゃないと裁判受けないんだ(一個人で受けるには数千万単位のお金が必要)という疑問がありましたが、その答えがここにありました。

サッカーには興味ない方でも一アスリート、そして全てのチームドクターの想いが綴られられた一冊ですので、オススメの一冊です。

« キャンセル募集その2 | トップページ | 苫駒の皆さんお疲れ様でした »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 争うは本意ならねど:

« キャンセル募集その2 | トップページ | 苫駒の皆さんお疲れ様でした »

カテゴリー

ウェブページ

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31