無料ブログはココログ

ノルマンディーオーナーズクラブ様出資馬

カテゴリー

ウェブページ

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« ビブリア古書堂の事件簿4 | トップページ | J2第7節を終えて »

2014年4月14日 (月)

2013年産募集とクラブについて

さて現時点で12年産が6頭と予想以上に揃えられた2ヶ月でしたが、社台様・サンデー様で特別入会募集中となっていましたので、試しに12年度のカタログも取り寄せてみました。そしてカタログをざっと目を通したのですが、うん高いですねとしか言えない(笑)

私の前職時代に稼いだ資金と今の生活の中での給付金考えると、購入代金が一世代高くても50万位までに抑えるのが理想でして、最初は3頭までお小遣い範囲と思ってましたが、途中で一口最初だからと自分がどのスタイルに合っているか(長打狙いかアベレージ狙いか、維持費かかっても末永く楽しめる馬選ぶか)試す為に、長打期待3頭、アベレージ期待2頭、末永く(未知数とも言う)1頭と結果的に分かれる出資になりました。(現時点で50万以内です)

予算オーバーですが、最後の1頭としてストールンハートの12選ぶか迷ってましたが満口になってしまい、ビオンドパンテーラの12も様子見馬でしたが早期入厩がこの馬の場合だとマイナスになりそうでこちらも多分見送りです。



さて、前文が長くなってしまいましたが私が今迷っているのが本家である40口クラブの社台様・サンデー様に入会するか否かです。50万制約なので当然低価格帯の牝馬か地方馬にしか出資出来ないでしょう。ただ、最近の社台様の3歳世代成績見ていると低価格牝馬でもアベレージは期待できそうなんですよね。しかしそうなると出資は社台様1頭と他クラブ1頭が現実路線で楽しみ減ってしまいそうなのも事実です。

これから先、個人馬主様の購買力が昔と同じくらいに戻ってくる(バブル時代は相場幾らだったのか分からないです(汗))と予想されてるみたいですので、母体クラブを経験してみたいという思いもあり、それが今年か数年後もし自分の一口馬主ライフで黒字の年が出て自信つけてからか、そもそも身の丈に合わないと諦めて今のクラブさん+1程度の小口クラブさん追加で楽しむか…ですね。

そしてこれからサラブレッドの何を重視して選ぶかですかですね。馬体に関してはど素人である自覚ありますので馬体は丈夫そうだったらOKで、多分血統その中でも種牡馬と牝系の相性血脈のデータ探すのを重視しそうです。そこに厩舎と言うか先生がその馬に対して惚れ込んでるか分かれば理想ですね。

« ビブリア古書堂の事件簿4 | トップページ | J2第7節を終えて »

一口馬主 募集馬検討」カテゴリの記事

コメント

フィルさん、こんばんは。
今回の記事で思った事を書きますね。
一口って難しいです。色んな考えがありますが、自分は今の段階では40口をやるのは余りオススメしません。後、社台サンデーG1は実積制がありますから、欲しい馬は余り取れません。これらのクラブはお金を持っている方々が多く、実積を積まなければ厳しいです。馬が走らなければ大打撃です。自分は勢いで入りましたが、外れたら怖いです(笑)
とりあえず出資2歳馬が走り始め、ある程度自分で考えてからで良いかと思いました。
勿論決めるのはフィルさん自身ですから、これ以上は言えませんが。
これから色々経験すると思いますのでそれらを踏まえてからで良いのではと思いコメントしました。
愛馬が走る姿に口数は関係ありませんから。
余計なことを書いてすいませんでした。

パパディーさん、こんばんは。貴重なアドバイスありがとうございました。
やはり現時点では40口キツイですよね。私も半ばそうは思っていたんですけど、地方馬ならまだ競争率激しくなさそうなのと、維持コスト中央より若干低い(北海道競馬なら月20万台)のでいけるかなぁと淡い期待でした。それに中央だと抽選10口って安い馬でも人気出そうですよね…。
走らないと…確かに怖いですね。50万出して三振なんて痛すぎます…。

ただやはりキャロットさんで一次募集でディープかキンカメの仔に×1狙い上等で突貫、他に安定枠のダメジャーもしくはハーツか、優先母枠狙いの持ち込み狙って、上手く行かなければシルクさんとロードさんで補完が確実ですよね。

この度は色々とアドバイスいただきありがとうございました。

フィルさん、こんばんは。
役に立ったかはわかりませんが自分の経験を伝えられて良かったです。
でも、気持ちはわかります。40口は高嶺の花ですからね。自分は一口をやっていて結果が出ない時に勢いでG1サラブレッドに入りました。この選択がどうなるかはその内解ると思います。やっていて金銭的には辛い部分もありますから。自分は無責任なことは言いたくありますから。
後はフィルさんがどの様な一口LIFEを目指すかによって変わると思います。これからも見守って行きたいと思います。

パパディーさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
G1さんだとやはり最初は結果出さないとと良い馬回ってくると思いますので、何とかアベレージヒッターには成長して欲しいですよね。
維持費は確かに日本高いですよね…。以前某ネットゲームで海外というか豪州で馬主やっていた方と一度だけ話した事あるのですが、あちらはもっと気軽に馬主になれるみたいですね。日本ほど賞金高くはないですが、それでも維持費と比較すると断然あちらの方が気軽に1頭持てるみたいです。
付け加えて昔の日本の地方競馬も活気があったころはハードル低くてそこそこ夢見れたみたいです。

私の一口ライフですか…。取りあえずは今年のキャンセル募集みたいに、年一度は優先馬で当たり引ける運を保つ…としか言えませんね、まだ(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2013年産募集とクラブについて:

« ビブリア古書堂の事件簿4 | トップページ | J2第7節を終えて »