« 2013年産募集とクラブについて | トップページ | 4月中旬出資馬近況 »

2014年4月16日 (水)

J2第7節を終えて

J2は第7節が終わりましたが、現在湘南が7戦全勝得点21失点3という圧倒的な力を示して首位を独走してます。対戦相手も札幌を含めたプレーオフ候補3つが入ってますから、現時点では抜きん出ていると言って差し支えないでしょうね。やっているサッカーは最近のフットボール用語だとトランジションフットボール…攻守の切り替えを早くして全員守備ボール奪取後全員攻撃での速攻という、Jではオシム氏がジェフを率いていた頃のサッカーに近く、海外だとドルトムントのフットボールですね。

オシムさんがマンツーマンでディフェンスに入るのに対し、クロップ氏の場合は真ん中はゾーン、サイドはプレス役とカバー役を作りウイングに縦を切らせてマッチアップという守り方ですね。この守り方は両方とも死ぬほど頭と体力必要ですので、オシム氏のまずは走れ→頭を使って走れになる訳で。

私は湘南は開幕前はそんなに高い評価していた訳ではなく、センターライン根こそぎ外へって感じでしたので中位圏内評価でした。やはりオシム氏のように選手が毎年引き抜かれてもチーム力上へ目指せるとは思えなかったからで、そこは私の反省点ですね。J2は夏も含めて基本中断期間ありませんので、このサッカーを一年間通して貫けるかが、一年での再昇格の鍵かもしれません。

さてコンサドーレに関してですが、6節までは上位チームとの対戦が多い中理想に近い勝ち点を上げましたが前節の大分とのアウェーでの敗戦は、得点源が現時点では乏しいと改めて突きつけられたと共に痛い黒星ですね。大分・湘南共に過去のアウェー戦績は良好なのが今年は逆ですね…。となると俺達のフクアリはどうなるかとある意味一野次馬的な興味はありますが、その肝心の持ち主さんも前節湘南に夢のスコア以上の敗北はダメージ大きそうで。ウチも昔川崎さんに同じスコアで負けてJ2ぶっちぎりの最下位の時、キレたサポがスタジアム内に乱入して飛び蹴りかましたのありましたよね…。

« 2013年産募集とクラブについて | トップページ | 4月中旬出資馬近況 »

J2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: J2第7節を終えて:

« 2013年産募集とクラブについて | トップページ | 4月中旬出資馬近況 »

カテゴリー

ウェブページ

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31