無料ブログはココログ

ノルマンディーオーナーズクラブ様出資馬

カテゴリー

ウェブページ

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 様子見馬の変わり身を期待 | トップページ | 追加出資馬おさらい »

2014年4月28日 (月)

ついポチリと。後悔はしていない。

さて表題の通り、つい先日までレオパルディナ(ビオンドパンテーラの12)は見送りと書いておきながら、週末の動画更新でやはりこの馬1000万+415kgの走りじゃないですよねぇと。あの身体で後ろ足の蹴りで舞い上がるチップかなりのものですから。結果、ダメでもこの値段ならダメージ大きくないのと、SSの血が全く入ってないので繁殖上がることが出来ればSS系付け放題ですよねとキャロットさん優先になることを祈りポチリでした。

1d795645201433182629ec1cfddd9e6_e



4/11  NF早来

  • 馬体重:415kg 
  • 現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週4回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2400m、週2回は屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本の調教を行っています。「コンパクトな馬体ながら繰り出されるフットワークは実にしっかりしたもので、見た目にもスピード感のある動きを披露しています。継続してハロン15秒台の速めの調教を行っているように仕上がりもなかなか早そうな雰囲気があります。先日、来場した高橋調教師に近況報告をしたところそれならば早めの入厩も考えていこうという話になりました。今後は早期移動に向けて進めていきたいと思います」(牧場担当者)「7日の月曜日に、ノーザンファーム早来へおじゃまして、馬を見てきました。月に1度ぐらいのペースで見ていますが、寒さが緩んできたこともあって馬体の張りツヤが非常に良くなっていますし、見るたびに馬体もパンとしてきている印象です。状態はグンとアップしているように感じました。調教もだいぶ進んでいますし、早期の移動を目指していけそうな状況です。早ければゴールデンウィーク前後に栗東へ入厩させようかという話をしているところですよ」(高橋康師)早ければ来月初~中旬に栗東トレセンへ入厩する予定です。入厩のタイミングで本馬への出資受付は締め切りとなりますので、ご出資を検討されています方はお早めにお申込みを頂きますようお願い申し上げます。


    この度のテキスト及び写真はキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。




    一応血統背景付け加えるとノーザンダンサー凝縮のダンジグ(デインヒル)系×母系ミスプロ系のアメリカ血統はあちらでは相性良いみたいです。8代まで遡るとWar Admiralの8×6=Buckpasser6×4に、Tom Foolの7×8×6×5、他ハイペリオン血脈6本・ナスルーラとテディ血脈4本ずつに他にもBlue Larkspur等近代競馬礎の名馬達がぞろぞろ出てきますね。
  • ダブルコピー牝馬論理はまだ全然理解できてないのですが、4大ハートライン馬が結構ちらばってますので、せめてシングルでも受け継いでくれればいいなと。

    そして適正ですが正直日本の馬場に合うのか? と疑問よぎりますが、北海道+中山専用機と割り切って2歳の北海道シリーズで上手く逃げ切れば、後は馬体の成長促しながら楽しむのが希望ですね。

    « 様子見馬の変わり身を期待 | トップページ | 追加出資馬おさらい »

    出資馬」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く

    (ウェブ上には掲載しません)

    トラックバック


    この記事へのトラックバック一覧です: ついポチリと。後悔はしていない。:

    « 様子見馬の変わり身を期待 | トップページ | 追加出資馬おさらい »