無料ブログはココログ

ノルマンディーオーナーズクラブ様出資馬

カテゴリー

ウェブページ

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 一人POGロードサラブレッドオーナーズさん編 | トップページ | 出資馬近況5月中旬その2 »

2014年5月16日 (金)

出資馬近況5月中旬

キャロットクラブ様とロードサラブレッドオーナーズ様の出資馬近況が更新されていましたのでアップします。




ロードサラブレッドオーナーズ様出資馬



ヴィーヴル(レディブラッサムの12)

2014.05.15
ヴィーヴルは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン15~20秒ペース)。4月30日(水)測定の馬体重は443kg。
・当地スタッフ 「再び跨り始めた後も、特に気に掛かる部分は浮かばぬ感じ。脚元等に不安が生じた訳とは違いますからね。調教を休んだのも短期間。長いスパンで考えれば殆んど影響は無いでしょう。ただ、良化の余地は大きそう。マイペースで進める方針です」




ロードアルティスタ(エルテアトロの12)

2014.05.15
ロードアルティスタは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン15~20秒ペース)。4月30日(水)測定の馬体重は479kg。
・当地スタッフ 「幾らか良化度合いがスローな印象です。言い換えれば、変わる余地は大きそう。一夏を越して・・・のタイプかも知れません。段々と同期が移動を果たし始めたものの、本馬に関しては今しばらく待つのがベター。マイペースで進めようと思います」


今回の記事は、株式会社ロードサラブレッドオーナズクラブ様より許可を得て転載させていただきました。




キャロットクラブ様出資馬


ブレイクエース(キューの12)

5/15  NF空港

  • 馬体重:500kg 
  • 現在は1000m屋内周回ダートコースでキャンターを2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン15~17秒のキャンターで2本登坂しています。ハロン15秒台を中心に乗り込むことができており、非常に順調です。中間にはリフレッシュさせて疲れが溜まらないようにしていますので気持ちの面でも余裕が出てきているようです。相変わらず馬格のある立派な馬体を誇っており、最近では特に上腕と肩まわりの筋肉の発達が顕著に見られます。
  • 4198ae0e2014512c79ee91128796dde_e




    スプランドゥール(ブルーラスターの12)

    5/15  NF空港

  • 馬体重:439kg 
  • 現在は1000m屋内周回ダートコースでキャンターを2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン15~17秒のキャンターで2本登坂しています。馬体重に大きな変化はありませんが、骨格自体は順当に大きくなってきていますし、カイバ喰いにも問題はないので調教を進めるにあたって不安はありません。ハロン15秒ペースのキャンター時の手応えが良いことからも中身がだいぶ伴ってきたことが窺えます。今後は早期での移動も視野に入れながら進めていきます。
  • レオパルディナ(ビオンドパンテーラの12)
  • 5/15  高橋康厩舎
  • 15日は軽めの調整を行いました。「水曜日、無事入厩しました。今朝から軽く動かしていますが、さすがにしっかりと馴致されていてスムーズに調教を開始できました。ただ、北海道からの輸送で馬体がちょっと減ってしまっているので、まずは環境に慣らしつつ体を戻し、ゆっくりと進めていきたいと思います」(高橋康師)
    • 5/14  高橋康厩舎
    • 14日に栗東トレセン・高橋康之厩舎へ入厩しました。
    • 5/12  NF天栄
    • ここまで順調に調整が進んでいることから12日にNF早来を出発し、NF天栄へ向けて移動しました。タイミングを見て栗東トレセンへ入厩する予定です。「小柄な馬体ですがコンスタントにハロン15秒台のペースで乗り込むことができましたし、動きを見るとしっかりした走りで坂路を駆け上がっています。状態も良好なので、早期の始動を目指して本日移動となりました。父譲りの良いスピードを持っていますし、その速力を武器に活躍を見せてくれればと思います」(早来担当者)




    この度のテキスト及び写真はキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。




    ヴィーヴルは前日の更新で書いたように奥手っぽいですね。兄のロードカナロアも2歳~3歳春は能力で勝ちながらも無理して使っていなかったようですし、こちらも焦らずに応援した方がよいかもしれませんね。

    ロードアルティスタは良化度合いがスローと残口有りな馬なのにある意味潔いコメントが(笑) ただファミリーライン辿っていくと、親戚にダイヤモンドビコー・アイリッシュダンス・ハーツクライと古馬で活躍している馬が多いですので、比較的早く開花するダイワメジャーの血を上回って母系が強く出たかもしれませんね。


    ブレイクエースはコメント通りのマッチョな筋肉になってますね~。これだけの身体していれば2歳戦で多い短距離や古馬になってからのダート転向とかも色々な可能性秘めていそうですね。

    スプランドゥールは前月比+7kgと、調教継続しながらも今年になってまだ一度も体重減ってませんね。十分な運動取って食事もキチンと残さず、ある意味アスリートとして理想的な成長遂げてるかもしれませんね。

    レオパルディナは馬体重減みたいですね。北海道では継続的に乗れてましたので焦らずに、小倉開催まで大きくなれ~と念じておきます(笑)

    « 一人POGロードサラブレッドオーナーズさん編 | トップページ | 出資馬近況5月中旬その2 »

    出資馬」カテゴリの記事

    コメント

    フィルさん こんにちは

    ご一緒ヴィーヴルは、仰る通り奥手そうですね。
    兄のストームが夏デビューしたものの大成してないので、秋から冬になりそうですよね。
    ゆっくりいきましょう。

    そうそう、私もブログをやっておりまして、
    POGや予想大会を主催したり、出資馬一覧を載せてあります。
    もしよろしければ一度、覗いてみてください♪

    ふじさん様、こんにちは。コメントありがとうございます。
    ロードさんのコメントはシンプルに包み隠さずですので、個人的には清々しくて好みです(笑)
    ヴィーヴルは牝馬にしては晩成っぽいので、ターゲットは東京・京都のマイル前後で具体的にはビクトリアマイルかマイルCSが目標になってくれれば最高ですね。

    POG拝見させていただきました。レッドリヴェールやロサギガンティア選んだ方いらっしゃいますね。凄すぎですね。出資馬の方も私が一口開始した頃には満口だった仔選ばれていて羨ましいです。クローディアは高くて無理ですが、シルクの牡馬2頭が特にです。

    コメントを書く

    (ウェブ上には掲載しません)

    トラックバック


    この記事へのトラックバック一覧です: 出資馬近況5月中旬:

    « 一人POGロードサラブレッドオーナーズさん編 | トップページ | 出資馬近況5月中旬その2 »