無料ブログはココログ

ノルマンディーオーナーズクラブ様出資馬

カテゴリー

ウェブページ

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 追加出資馬おさらい | トップページ | 出資馬近況5月上旬 »

2014年5月 1日 (木)

出資馬4月末近況

4月末の出資馬近況が更新されてましたのでアップします。

ロードサラブレッドオーナーズ様出資馬



ヴィーヴル(レディブラッサムの12)

2014.04.30

ヴィーヴルは、三石・ケイアイファーム在厩。放牧3、4時間。
・当地スタッフ 「体温の上昇が認められ、トレーニングを一旦ストップ。ここまでコンスタントに乗り込んで来ただけに、ちょっと疲れが出たのかも知れません。現在は放牧でリラックス。もう殆んど平熱に戻っており、近日中に馬場入りを再開できるでしょう」
12021405_e




ロードアルティスタ(エルテアトロの12)

2014.04.30

ロードアルティスタは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン15~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「ここに来て馬自身が段々しっかり。成長を遂げているのは確かだと思います。でも、まだ良化の余地を残す感じ。入厩の見通しを立てるには、もう少し鍛錬が必要でしょう。血統的にも楽しみな素材。今後も焦らずにコツコツ取り組む方針です」
12091405_e


今回の記事及び写真は、株式会社ロードサラブレッドオーナズクラブ様より許可を得て転載させていただきました。



キャロットクラブ様出資馬

ブレイクエース(キューの12)


  • 4/30
     NF空港
  • この中間も順調に調整を積んでいます。現在は1000m屋内周回ダートコースでキャンターを2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン15~17秒のキャンターで2本登坂しています。ここまでに見せる動きは非常によく、心肺機能の高さを感じさせます。どんどん乗り込むことで自ずと早期移動の目途が立ってくると思いますので、この調子で良化を促していきたいと考えています。
  • 7e567f9c201443082629ec142cb2fe2_e_3




  • スプランドゥール(ブルーラスターの12)


  • 4/30
     NF空港
  • この中間も順調に調整を積んでいます。現在は1000m屋内周回ダートコースでキャンターを2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン16~18秒のキャンターで2本登坂しています。馬体面に大きな変化こそありませんが、調教時の動きは秀逸で文句の付けようがありません。テンションが上がることもなく気性面での心配もありませんし、ハロン15秒を開始した時の動きが楽しみです。今後も成長を促しながら進めていきたいと思います。
  • D7122a6a201443082629ec1a4594be9_e




  • レオパルディナ(ビオンドパンテーラの12)



  • 4/30
     NF早来
  • 現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週4回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2400m、週2回は屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本の調教を行っています。早期の始動を視野に入れてこの中間もしっかり乗り込んでいます。馬体重にそれほど変化は見られませんが、中身は春を迎えて一層充実してきたようでキャンターの動きに安定感が増して力強く坂路を駆け上がるようになってきました。今のところゴールデンウィーク後半あたりの移動を目標に調整を行っていますので、さらなる良化を促して態勢を整えていきたいと思います。


    Edb6f3f0201443082629ec1f1d02b58_e

    この度のテキスト及び写真はキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。





    久々にロードサラブレッドオーナーズ様の募集馬で写真の更新がされていましたね。
  • 2頭とも想像以上に良くはなっていないですが悪くもなかったので、順調いっていると思いひとまずは安心ですね。ヴィーヴルは熱発で少しお休みしましたが、元々この仔は秋以降だよなぁと考えてましたので問題ないでしょう。まだまだトモ高ですので本格化するのは3歳秋以降で、3歳春は能力高くて運良ければといったところでしょうか。

  • ロードアルティスタは胸の厚みましたかな? といった印象ですね。この仔は一度もペース緩めずに調教こなせてますし骨格も太いのでタフに走ってくれそうです。こちらは夏デビューいこうと思えば出来そうですけど、母系が比較的古馬になって一皮向けて良績残している馬出てますので焦る必要ないかもしれませんね。


  • キャロットクラブ様の出資馬は、まずブレイクエースの写真が「これ会心の一枚じゃ?」でしょうか。馬体に関しては勉強中ですので素人目の感想ですけど、胸の厚みとトモの迫力、そして背中のラインと毛艶の良さと正直見惚れました。更にまだトモ高で成長の余地ありそうですので、短いところで結構良いとこいけるかもと期待膨らみますね。(気性爆発しなければ)



    スプランドゥールは良い意味で平行線ですね。馬体の成長待ちながら調教進めて、後は角田先生に託すといったところですね。もう少し暖かくなれば、昨年のカタログのグッドルッキングホースな毛艶見せてくれるかもしれません(笑)

  • レオパルディナは小柄なところを除けばパーツごとの箇所見ていくと、1000万の格安カテゴリーには見えないんですよね。何よりトモの迫力は魅力的ですし、前の厚みも良好。前脚ちょっと細いかなと感じますが、直接確かめた気性の良さはアドバンテージですから。後は高橋康之先生に託すのみですね。

« 追加出資馬おさらい | トップページ | 出資馬近況5月上旬 »

出資馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出資馬4月末近況:

« 追加出資馬おさらい | トップページ | 出資馬近況5月上旬 »