« 最近良く聴くi-podに入っている歌、youtubeで再生する歌 | トップページ | W杯GL終了時の予想結果 »

2014年6月25日 (水)

コロンビア戦+GL短評

やはりシード国の力は脅威だった。その言葉に尽きるでしょう。
今回のシチュエーションで日本が仮に勝つのは低かったでしょうし、それが成されるのは前半先制点を挙げて1-0でハーフタイムを迎えて、後半はひたすらベタ引きロングカウンターしかないと思っていました。ただ、それが4年間日本が目指したサッカーではないですし、カウンター要員もいませんでしたからね。

スタメンの青山先発は驚きでしたが、個人的には出来は良かったと思います。失点面のプレスの遅れが若干気になりはしましたが、効果的な縦パスを通してましたしその点ではプラスだったと思いますね。

後半はもう無理ゲーでしたね。あの時点で同点ですからどうしても前に出ざるをえず、プレスの弱さを突かれて決められ、そこからは2バックでコロンビアと言うか南米勢のカウンターを止める事自体が無理でしょう。1・2点目は兎も角、3・4点目はセンターバックの責任問うには酷でしょう。

結局力の差を見せ付けられての敗戦でしたが、まだ日本はGL突破がノルマの国ではありませんので、またこれから4年後へ向けてのスタートです。

さてGL振り返りますが、今回は明らかに2列目が…なんですよね。得点挙げた岡崎はサイド配置ながらもメインは中に入って点で合わせるのが仕事でしたので仕事は果たしましたが、今まで代表のメインだった方々のコンディションが明らかに…でした。3列目の遠藤もコンディション上がってなかったのか、コンフェデでイタリアと打ち合いした時のピルロとの対決制した時の力がなく、残念ながら年齢的にも…だったのでしょうが、遠藤が操り2列目で決めるという4年間のコンセプトが崩れたというか、そこを完全に狙われてカウンターの起点になっていたところが正直、セリエ戻っても大丈夫なのか…という個人的な感想ですね。

ここでぶっちゃけて申しますと、青山スタメンで出した時点で、アンカー1枚(山口)・セントラルMF2枚(青山・長谷部)の4-1-2-3の方が機能するんじゃと素人考えならが頭過ぎりましたし。


今までのGLや、欧州各国のリーグ戦見るとスピードある選手の突破力生かしたショート・ロングカウンターが再び復権した感がありますので、次の4年間がどうなるかは注目ですね。ただハードワークはどのチームでも標準装備してますので、これ出来ないチームや選手はツライでしょう。そういう意味ではロンドン五輪の永井の神風プレスと凄い武器ですよね、今振り返ると。

« 最近良く聴くi-podに入っている歌、youtubeで再生する歌 | トップページ | W杯GL終了時の予想結果 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

フィルさん、おはようございます。

今回の代表はコンディションの悪さが過去のW杯と比べても際立っていたように感じます。欧州勢、特に香川や本田はW杯前年や直前に移籍して所属チームで出場できなかったり出場してもイマイチの出来だったり…というせいもあるのか、いいパフォーマンスを見せられなかったですね。今回のW杯はこの2人が中心とならなくてはいけなかったのは誰が見ても明らかだったので、2人の出来にガッカリさえられた感は否めません…。
いろいろ意見はありますが、ザッケローニ監督は4年間よくやってくれたのではないでしょうか。敗因は監督の言うように、メンタリティの問題だったり、あとはコンディションの問題が大きかったと思いますね。進んできた方向は間違ってはいなかったように感じるので、細かくつないで崩すパスサッカーを日本のスタイルとして次の監督にも継いでいってほしいですね。

picotさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
今回は2人と心中するというか、ダメだった時の次善策捨てて臨んでましたのでそれが悪い方面に出てしまいましたね。今回の大会はヨーロッパ勢半数以上討ち死に・アジア勢全滅から分かるように、前線の強烈なパーソナリティと、チーム全体の力強さがあるチームが残った感じがします。その中で日本はパスで回して崩すだけではパーソナリティの面で不足し、結果エリア外からでも決めれるFWの欠如、第一戦で日本がコートジボワールに追いつかれたとき、少し落ち着いて引き分けでも十分といったメンタル面で予め想定しておくべきだったことをしなかった脆弱さが出てしまったかもしれません。


ザッケローニ監督自体は個人的にはよくやってくれたと思います。他の監督のようにもうちょっと強権発動して自分の型にはめず、なるべく選手と向き合おうとしてくれていました。実際ザッケローニ監督の理想って、大型CFを起用しSBではなくWBとWGのサイドからの切り崩しで合わせる3-4-3でしたから、彼が口にした「日本にはパワープレーの文化がない」といった言葉は、物足りなさと選手がやりたいサッカーの嗜好の折り合い面で妥協した部分もあったかと…。


これからの日本のサッカーを考えて、まずは検証でしょうね。岡田監督時代(W杯前)の、カミカゼプレス→ショートカウンターのトランジションフットボールが結果的には時代先取りしてましたのでその路線に戻すのか、オシム監督時代の同じトランジションフットボールながらも、もうちょっと低い位置からのマンツーマンで奪いにいき、奪取後中盤・後方から何人も追い越すタイプが一つの流れですね。

もう一つの流れは現路線の進化verで一列目・二列目はプレースピード速い選手を配置し、身体面でも思考面でも高速化して、どうしても1対1の当たりのといった日本にとって不利な場面を避ける、小柄0トップにSBの上がりも有効活用した、通常ゲームテンポの遅いパスサッカーの亜流型でしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コロンビア戦+GL短評:

« 最近良く聴くi-podに入っている歌、youtubeで再生する歌 | トップページ | W杯GL終了時の予想結果 »

カテゴリー

ウェブページ

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31