無料ブログはココログ

ノルマンディーオーナーズクラブ様出資馬

カテゴリー

ウェブページ

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 一人POGサンデーサラブレッドクラブさん編 | トップページ | 一人POG選択編その1 »

2014年6月 1日 (日)

出資馬近況5月末

本日はダービーです。一国の首相になるより難しいという格言があるダービーホースオーナーの栄誉は誰の手に。願わくばお世話になっている方の出資馬の手に渡りますように。


ロードサラブレッドオーナーズ様出資馬


ヴィーヴル(レディブラッサムの12)

2014.05.30
ヴィーヴルは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン15~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「心身共にコンディションは安定。与えた飼い葉もキッチリ食べており、体調面に関して問題は見当たりませんね。血統を考えれば、求めるレベルが高まるのは言わば当然。大きく育てられるよう、今後もコツコツと鍛錬を重ねて行こうと思います」

ロードアルティスタ(エルテアトロの12)

2014.05.30
ロードアルティスタは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン15~20秒ペース)。

・当地スタッフ 「元気一杯。入念に稽古を重ねながらも疲れた素振り等は窺えませんよ。飼い葉もキッチリ。体調面への心配は不要でしょう。今後も同様のパターンを繰り返す方針。母エルテアトロの初仔ですからね。特徴を把握しつつ、上手く育てられれば・・・」


今回の記事は、株式会社ロードサラブレッドオーナズクラブ様より許可を得て転載させていただきました。




キャロットクラブ様出資馬

ブレイクエース(キューの12)

5/30  NF空港

  • この中間も順調に調整を積んでいます。現在は1000m屋内周回ダートコースでキャンターを2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン15~17秒のキャンターで2本登坂しています。早い時期での移動を視野に入れて、体調管理を徹底して行いながら日々の調整を進めています。だいぶ状態面も上がってきていますし、この調子で良化を促していきたいと思います。
  • Ece5f214201453082629ec14e6e202e_e



    スプランドゥール(ブルーラスターの12)

    5/30  NF空港

  • 現在はウォーキングマシンでの運動を日々行っています。この中間は右前脚の状態を見ながら軽めの運動で様子を見ていますが、外傷箇所はすでに問題ありませんので、徐々に騎乗運動に繋げていければと思います。再度、移動を目指して改めて態勢を整えていければと考えています。


    Df2fa3ff201453082629ec188e519fb_e




    レオパルディナ(ビオンドパンテーラの12)

    5/30  高橋康厩舎
  • 30日はゲート試験を受け、無事合格しました。「ここまでゲート練習を続けてきてほぼ不安がなくなったので、今朝試験を受けました。発馬はさすがにまだ速いとまでは行きませんが、ほとんど気になるところはなく、スムーズに合格してくれました。このあとは疲れが出ないかよくチェックしますが、今はカイバ喰いも良好ですし、このままデビューに向けて調整していっても大丈夫そうですよ」(高橋康師)



    5/29  高橋康厩舎
  • 28日、29日はゲート練習中心の調教を行いました。「この中間もゲート練習中心に調整を進めています。こちらに移動後減っていた馬体も回復し、その後は安定していますよ。ゲートは、寄り、駐立ともに問題なく、発馬もだいぶ上達してきました。ここまでは順調ですし、そろそろ試験を受けても良さそうですよ」(高橋康師)


    5/22  高橋康厩舎
  • 21日、22日はゲート練習中心の調教を行いました。「輸送による馬体減りから10キロほど回復して、だいぶ環境にも慣れてきた印象です。ゲート練習も順調に進めており、今朝は消音のゲートで出すところまでできました。まだ自分から出るというところまでは来ていませんが、乗り手の指示に素直な馬なので、このままなら問題なくこなしてくれると思います」(高橋康師)



    この度のテキスト及び写真はキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


    シルクホースクラブ様出資馬



    ペルセヴェランテ(ダイヤモンドビコーの12)

  • 2014/05/30 <所有馬情報>

  •      在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
    調教内容:週3回角馬場でダクとキャンターの後に屋内坂路コースでハロン15~17秒のキャンター1本、残りの日は周回ダートコースでキャンター2,000m
    次走予定:未定

    担当者「引き続き、坂路で15~16秒ペースの調教をこなしています。ここまで、こちらの思い描いた通りの調教メニューを消化しており、ペースが上がってもどこか悪くなるようなこともなく、健康で状態も良好です。9月の入厩を予定していますので、このままのペースでじっくりと乗り込んでいく予定です。馬体重は500㎏です」



    バトナージュ( フェートデュヴァンの12)


    2014/05/30 <所有馬情報>

  • 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
    調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター2本、残りの日は周回ダートコースでキャンター2,500m
    次走予定:未定

    担当者「もう顎の方は問題ありませんので、先週から周回ダートコースでスローキャンターをやり始めました。脚元に問題があるわけではありませんので、今週から坂路で16秒のキャンターを行っています。運動量が抑えられていた分、まだ元気が有り余っているようですので、慎重に接しています。引き続き、馬の状態合わせて調教メニューを組んでいきます。馬体重は474㎏です」


  • 今回の記事はシルクホースクラブ様の許可の元、ホームページより転載させていただきました。

  • ロードさんの2頭はコツコツ鍛錬組ですね~。ヴィーヴルに若干遅れはあったものの、この仔は目標秋の大舞台で春は運よければな~な感覚ですので、夏にぐっと変わってくれれば言う事なしですね。ロードアルティスタは元気一杯で、高野先生の数使う方針に見合う丈夫さもありそうです。


  • キャロットさん組は、まず驚いたのがスプランドゥールのグッドルッキングっぷり。毛艶もさることながらシャープな身体ながら肘離れがクッキリとしていてその周りの筋肉も十分、トモも実が詰まってきた印象受けますね。もしかしたら冬がダメで暖かくなると良くなる季節限定馬かなと一瞬頭に過ぎりました。この答えは今年の冬の馬体で判明するかもしれませんね。

    ブレイクエースは相変わらず惚れ惚れする馬体ですね。脱北する準備は整ってる印象受けましたが、新潟デビュー考えてるならまだこちらで鍛錬もありでしょう。北海道シリーズなら馬産地検査受けてますので直接使えますが、戸田先生の出走傾向はどうなのかな? ですね。


    レオパルディナは減っていた体重も無事戻り目出度くゲート試験も合格とこの仔が私の一口初出走となりそうですね。牝馬限定だとレーシングカレンダーでは6月21日(土)函館1200・7月6日(日)中京1400・7月19日(土)福島1200の3つが候補でしょうか。函館だと長距離輸送で体重減った経緯あるので、中京か福島辺り、もしくは一回放牧だして小倉デビュー…なのでしょうか。




    ペルセヴェランテは順調ですね~。最初の頃は年明けかなぁと思っていたのですが、夏は涼しい北海道でキッチリ鍛錬して10月か11月デビューが理想かもしれませんね。バトナージュは調教再開後は流石にキッチリと安全マージンとっての乗り込み動画でしたが、最近のコメントでは大分戻したみたいですね。身体も牝馬としてはある方ですので、夏は多少ハードに鍛錬してもへこたれないかもです。

  • « 一人POGサンデーサラブレッドクラブさん編 | トップページ | 一人POG選択編その1 »

    出資馬」カテゴリの記事

    コメント

    フィルさん、こんばんは。
    期待に答えられず申し訳ありませんでした。
    3世代目で良くここまで来れたと思います。来週から2歳馬が走ります。フィルさんの馬も走りだすと思いますので頑張って欲しいです。
    しかし…今日は何とかして欲しかったです。本音は…。
    今日は応援ありがとうございました。

    パパディーさん、こんばんは。
    今回は無念の一言の尽きます。素人の私からみてもその位置からだと…だったので、出資者の皆さんのお気持ちを考えると…。ダービーオーナーになるのは一国の首相になるより難しい。その言葉が骨身に沁みた一日でした。

    フィルさん こんばんは

    ご一緒のヴィーヴルさん まだまだ成長途上で時間がかかりそうですね。
    半兄ストームくんは夏から始動でしたが、1勝しても低迷ですから・・・
    偉大な兄カナロアくんのように冬からスタートで2歳は諦める覚悟も必要かもしれません・・
    どっちの兄に似るのか?楽しみです♪

    さて、POGですが、急遽の参加依頼に、短い時間の中で選出ご苦労様&有難うございました。
    高額馬や有力馬獲得が必ずしも勝利に結びつかないというのは、
    今年の3歳戦線を観ていて痛烈に思いました。

    今まで、ほぼ変わらない顔ぶれで行ってきた大会に、新しい風を吹き込んでくれるだろう
    フィルさんの参加、今後のレースぶりも注目ですし、楽しませていただきます。
    宜しくお願い致します。

    ふじさん様、こんばんは。コメントありがとうございます。
    レディブラッサム自体が開花4歳以降っぽいですよね。偉大な兄もそうでしたし、他の兄弟も2歳冬か3歳初春は能力で条件戦勝ってひと夏お休みしてまた…のパターンいますからね。ディープ産自体夏に変わり身ありですから、個人的には気長に待って理想秋華賞かヴィクトリアマイルですね。

    今年のクラシック戦線は驚きの結果でしたね。ディープ牡馬は古馬になってから本格化するのも多いのは知ってましたが、まさか兄のブラックタイド産駒が先着するとは…。

    POGドラフト抽選本当にお疲れ様でした。皆さんサンデーさんや社台さんの人気馬行くんだろうなと思い、40口クラブさんやオーナーズ募集はダメジャーやシンクリで、18位以降は19位除いて多分被った仔いないかなと。トレーニングセール組もいましたし。

    コメントを書く

    (ウェブ上には掲載しません)

    トラックバック


    この記事へのトラックバック一覧です: 出資馬近況5月末:

    « 一人POGサンデーサラブレッドクラブさん編 | トップページ | 一人POG選択編その1 »