無料ブログはココログ

ノルマンディーオーナーズクラブ様出資馬

カテゴリー

ウェブページ

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« W杯GL終了時の予想結果 | トップページ | 出資馬近況6月末 »

2014年6月29日 (日)

今年度の募集について考察

40口クラブさんの会員の方々はドラフトが一段落していることかと思われます。
私の方はというと現在キャロットさん、シルクさん、ロードさんの3クラブの会員で、今年度の募集ラインナップ次第で東京サラブレッドさんかノルマンディーさんに追加加入するか思案中です。ただ4クラブ掛け持ちだと会費が結構ばかにならない金額なので少々及び腰ですが…。


私の一口馬主スタートが実質1月末からとまだ半年も経たずに7頭と凄い勢いで買ってしまいましたが、自分の傾向を探る必要経費だったと考えてます。1頭デビューしてしまうと次はまだかなぁ~と待ち望んでるのも事実な訳で、恐らく1・2頭の決め打ち大口出資は自分には向かないですね。最初は最高のスタートをきってくれましたが勝ち上がりが30%程度のこの世界では、良くて残り6頭から2頭か3頭勝ちあがりと考えてますので、年間で勝ち上がり2・3頭のサイクルが出来上がるまでは多数頭出資を積み重ね、古馬が充実してから本格的に大駒狙うのが正解かもしれません。


ニッチ産業という訳ではないですが、現在のレーシングプログラムでは短距離や関東ダートが比較的手薄なのでその路線で有望そうな仔を探しながら、やはり多少はクラシックも夢見たいので、ディープ・キンカメ・ステゴ・ハーツはせめて1頭は確保しようと考えてます。


ただ、私の場合まだ元気だった時は、数年ですがサッカーのアウェー専門サポがメインでしたので、圧倒的に馬を見る機会が不足していました。ですので、現在勉強中の血統や配合を主体とし、後はツアー(参加できれば)で惹かれる何かを感じれば尚良しのスタンスで経験値増やしながら、後は10年後過去のカタログとその時のカタログで馬体見分けれれば最高ですね。

まだ募集されるか未定ですが、現時点で候補リストに上がっているのは
ディープ産
クイックリトルミスの13 牝
シンハリーズの13 牝
アコースティクスの13 牝

ステゴ産
フォルテピアノの13 牡 ノーザンテーストクロスとヴァイスリーエージェントの血が5代ミスプロを消すのを期待


シーザリオの13は超高額と予想されますのでリスト外で、他キンカメ・ハーツ産は情報出回ってないので現段階ではリストアップなしですね。


« W杯GL終了時の予想結果 | トップページ | 出資馬近況6月末 »

一口馬主 募集馬検討」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年度の募集について考察:

« W杯GL終了時の予想結果 | トップページ | 出資馬近況6月末 »