« ブラジルVSクロアチアの雑感 | トップページ | まさかの… »

2014年6月14日 (土)

スペインVSオランダ雑感

スペインVSオランダの雑感です。素人ですのでお目汚しお許しください。

1-5という衝撃的な結果になった今回の試合ですが、こんな大差になったポイント幾つかを。


①今回の審判が当たりに対してかなり緩かったこと。某所ではプロレスフットボールと言われてましたが、オランダの当たりと削りの激しさは、正直イエロー複数枚出て赤紙もありえたかも…でした。ここがスペイン代表には不運だったところで、スペイン中盤が概ね30代でしたので流石に体力勝負になると不利でした。


②ポゼッションの天敵の高速カウンターマイスターが相手に複数存在した事。オランダに取って不運だった、ディエゴ・コスタの切り替えしにDFついて行けずDF振り切られたところにたまたま残っていた足に引っかかりPK(ボールホルダーへの妨害ですので反則です)を与え先制点を奪われその後も前半は終始スペインのペースでしたが、前半終了間際のロングクロスから何処のフライング・ダッチマンだと言いたくなる、FWファンペルシーのGKの位置を確認してのダイビングヘッドというビッグプレー、これがある意味この試合を決定づけましたね。

1-0のままで終わっていれば、いつものようにパス回しながら無理をせず大怪我はなかったと思います。しかし同点となったことでもう1点入れないという意識がまた生まれて、結果コンフェデのブラジル戦のように速くて、単身でもコンビネーションでも崩せるワールドクラスのファンペルシー・ロッペン・スナイデルにロングフィードが入れられ、超ポゼッション重視の為かなり高い位置のDFラインの背後を面白いように使われました。

③主力メンバーの衰えの兆し。GKでは聖イケルことイケル・カシージャスはCL決勝でも分かっていましたが全盛期と比べると…な出来で、ピケもスピードの衰え、中盤のベテラン勢もやはり当たりの強さとスタミナ面が落ちている印象受けましたね。中盤はボール回してるのに逆に疲れているような感じで…。トーレスに関しては、師匠と言われてるくらいですので、カウンターマイスターの面影もなく今日は空気扱いでしたね(汗)

今回の試合の結果で、スペインが2連勝してもオランダ・チリの結果次第で仮に2勝1敗で勝ち点6が3チーム並んでしますと敗退濃厚になりました。スペインにとって結果を残しながらも後は神頼みという正直予想していなかった事態ですよね。メンタル面でのダメージも深刻でしょうし、GK変更も含めて次の試合が注目です。

« ブラジルVSクロアチアの雑感 | トップページ | まさかの… »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スペインVSオランダ雑感:

« ブラジルVSクロアチアの雑感 | トップページ | まさかの… »

カテゴリー

ウェブページ

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31