無料ブログはココログ

引退・再ファンド未出資馬

  • 12年産 ヴィーヴル ロードアルティスタ (再ファンド未出資) ペルセヴェランテ バトナージュ スプランドゥール レオパルディナ 13年産 ロードデスティニー ラッシュドリーマー レーヌドコロール エクディス マカレア 14年産 サーブルノワール ラグナアズーラ 15年産 ラプトレックス カラドゥラ リベラメンテ セドゥラマジー

« 一人POG7月5日・6日結果 | トップページ | フットボールは続くよ、何処ででも。 »

2014年7月 9日 (水)

スニッツェル産駒について

新馬戦スタートから1ヶ月経ちましたが、スニッツェル産駒が驚くことに現時点で2歳リーディング3位につけております。前世代が2008年のシャトルでそこから4年空いてのこの世代ですから、実質今年が本格始動初年度と呼んでもおかしくないですが、予想以上の好スタートですね。中央のみでは3勝2425万稼いでますし、地方まで広げるとオーナーズ様含めて3勝、現時点で某ネット掲示板では中央・地方含めて56頭登録で12頭デビューですから、2歳から走る仕上がりの早い馬がどちらかというと個人馬主様には好まれるので、かなり良いスタートを切ったと言えますね。

価格の方もちょっと地方個人馬主様の方は分からなかったのですが、中央がセレクトセールで500万・600万、キャロットさん募集で1000万、地方オーナーズ様募集で700万ですから、ある有名馬主様の言葉の「馬主を始める際はいきなり高額馬買うと続かないから数百万からのを」の価格帯にちょっと上乗せした範囲ですね。


勝ち上がりの傾向は、地方馬のスペクトルを除いて母系にミスプロかSSの血が入っているか、ノーザンダンサーの血を薄めていますね。父系がノーザンダンサーがかなり濃いのでその面を弱めながら、日本の馬場に適応する為に軽いスピード馬のミスプロか、キレのあるSSを入れるのが効果的かもしれません。前の世代の上位馬も調べてみるとこの傾向ありましたので、豪州産種牡馬は今の所大当たりなかった(筈?)ことからハイペリオン等の底力増強するのもベターですが、あえて軽いスピードを増強するのが現時点では面白いかもしれませんね。13年産でスニッツェル産駒にもし出資する機会に巡りあえた場合をと思い個人的な振り返りの為に書いてみました。

« 一人POG7月5日・6日結果 | トップページ | フットボールは続くよ、何処ででも。 »

血統・配合勉強対象馬」カテゴリの記事

コメント

フィルさん、こんばんは。
北海道の時はありがとうございました。
スニッツエル産駒、侮っていました。レオパルディナに出資していれば良かったかなと思っていました(笑)
また遊びに来ますね。

パパディーさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
スニッツェル、私も侮ってました。レオパルディナも1勝してくれれば御の字程度に考えていたのですが、56頭中既に6頭が勝ちあがりですからね。先ほどグーグル先生で検索したところ13年・14産は確認出来ませんでしたので、同じ父父のリダウツチョイス産駒で別のシャトル種牡馬が来たら注目したいですね。バクシンオーが12年産がラストクロップで、短距離限定新種牡馬はカナロア高いですから選択肢減りそうなんですよね…。

フィルさん こんにちは

スニッツェル産駒、正直ノーマークでした
初年度デビュー以降、すっかり名前も聞かなくなり
見限ってました(笑)

どうやらシャトルで豪州に戻った際に馬インフルエンザか何かの影響で
足止めされて、シャトルがストップしたらしいですが、
そんな事情知りませんもんね(苦笑)

最安値でデビュー勝ちできるなら、ホント、1口いっとけば
良かったです。

ふじさん様、こんにちは。コメントありがとうございます。
スニッツェル、私なんてその時期完全に競馬から離れてましたので、ノーマークどころか知識すらないと(笑)

各地で安馬カテゴリーで結果残してるんですよね。レオパルディナは体重軽いので難しそうですが、他の馬は短距離ダートもこなしてますのである意味つぶしが効きそうですね。やはり現時点ではどうしてもSSの血が入ってる種牡馬が多いので、定期的に世界各地からシャトル連れてきてほしいかなと。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スニッツェル産駒について:

« 一人POG7月5日・6日結果 | トップページ | フットボールは続くよ、何処ででも。 »

カテゴリー

ウェブページ

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31