無料ブログはココログ

ノルマンディーオーナーズクラブ様出資馬

カテゴリー

ウェブページ

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 出資馬近況6月末 | トップページ | 一人POG7月5日・6日結果 »

2014年7月 5日 (土)

キャロットクラブ様出資馬7月上旬近況

自分にとって思い入れのないゲームとはいえ、一日一試合弱のペースで録画したサッカー見ていたのが祟り、昨日まで3日間ダウンしておりました(苦笑)

本日の話題の前に、スニガのジャンピングニー、アレはブラジル国民許さないでしょうね。南米は色々な意味で熱いですので、イタリアへの早期帰国した方がよいでしょうね…。

さて、本題に入りますがキャロっ仔達に動きあったようですね。

キャロットクラブ様出資馬

ブレイクエース(キューの12)


7/3  戸田厩舎
3日にゲート試験を受けて無事合格になりました。「先週半ばの感触からするともうちょっと時間は必要かなと思っていたのですが、練習の意味合いも込みで金曜日に受けてみることにしたんです。ただ、3頭で受けたうちの1頭が特に速くてブレイクエースを含めたほか2頭との差が目立ってしまったためにもう少し練習してほしいということで残念ながらそのときは合格をもらうことができなかったんです。ただ、入りも駐立も出ることも悪い癖を見せていたわけではないので、微調整してうまく出せれば合格レベルにすぐ達すると思っていましたのでまったく心配要りません。週明けも練習と乗り込みを重ねてきて、今日改めて受けてみたところ無事合格をもらえましたよ。まずは最初の課題をクリアしてくれましたので、このあとは様子を見ながら徐々に進めていければと思っています」(戸田師)


スプランドゥール(ブルーラスターの12)

7/3  NFしがらき
3日にNFしがらきへ放牧に出ました。

7/2  角田厩舎
2日はゲート試験を受け、無事合格しました。「まだまだ幼い馬で、精神的に追いつめる前にゲート試験を合格させたいという思いがあり、先週金曜から受けたのですが、その時は残念ながら不合格でした。発馬がちょっと遅いとのことでしたので、これなら問題ないだろうということで今朝再度受けたところ、今度は無事合格。馬体に疲れも出てこない段階で試験をパスできたのは良かったですね。このままデビューまで進めるのはやや心もとない感じがしますので、一度放牧に出してしっかりと乗り込んでいく予定です」(角田師)近日中にNFしがらきへ放牧に出る予定です。


レオパルディナ(ビオンドパンテーラの12)


7/1  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「しばらく状態を見てきましたが問題もないようですので、この中間から周回コースと坂路に入れて騎乗調教を開始し、今のところ坂路でハロン17秒程度のキャンターで乗り込んでいます。心配していたレース疲れはありませんが、まだ馬体は戻りきっていませんし、この後も状態を見て進めていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


牡馬2頭が無事ゲート試験を合格できました。その後スプランドゥールはもう少し成長を促したいようで放牧、ブレイクエースはじっくりと乗り込んでますね。戸田先生からは目標レースが具体的にまだコメントないですが、恐らくここ目指していると思われる新潟まで着実にレベルアップするとよいですね。


レオパルディナは乗り運動再開しましたね。馬体は430辺りまで成長するのが理想だったのですが、まずはレースの疲れがないことが喜ばしいので、ここは適度な運動しながら小倉で滞在競馬するところまでいけば最高ですね。

« 出資馬近況6月末 | トップページ | 一人POG7月5日・6日結果 »

出資馬」カテゴリの記事

コメント

フィルさん、こんばんは。

ブレイクエースとスプランドゥールは無事ゲート試験受かったんですね。2頭とも順調に来ていてデビューが待ち遠しいですね~。このままデビューまで順調に調整を進めてもらって、レオパルディナに続いてもらいたいですね。
レオパルディナは2歳の小さめの馬ですし、レース後の疲れはあるでしょうから、まずは疲れをとって小倉でいい走りを見せてほしいですね!

picotさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
両馬共に順調ですね。片方はデビューを目指し、もう片方は成長放牧ですが現時点では伸びシロまだまだありそうなので、先生の判断が結果良い方向に向かえばいいですね。

レオパルディナは本当に頓挫ないんですよね。身体が大きくならないのはマイナスですがそれを除けば、理想的に進んでます。スニッツェル産駒が、取引金額・出資金額安い中(セレクト500万・600万・キャロ1000万募集)既に3勝してますから、この仔を含めて早い時期から活躍できれば、ヨハネスブルグのように種付け頭数一気に急上昇なんてことになることを願っています。

フィルさん こんにちは

最近サッカーはめっきり観なくなりましたがW杯の結果だけは気になってます
4強は、やっぱりなという顔ぶれでした

どこが勝ってもおかしくない。なんとなくアルゼンチンっぽい気もします。

さて、ご一緒馬はまだまだ動きがなさそうなのでPOGについて
5週のうち3週が首位。なかなか上々の滑り出しでは?
新しい風が吹いて、面白くなっており、参加していただき感謝です。
まだ先は長いです。楽しんでいただければ幸いです。

ふじさん様、こんばんは。コメントありがとうございます。
W杯、至宝ネイマールが離脱、大黒柱チアゴ・シウバが出場停止とブラジルに暗雲漂ってますね。今大会の特徴であるある前線の個の力だと、残るチームでは確かにアルゼンチン最有力ですよね。

POG、なかなかどころか最高の滑り出しですよね。早期出走馬の打率の高さに自分でも驚きですが、秋以降組の情報の少なさでこれから厳しそうな感じのような…。
ただ、ここのブログ限定縛りである高額馬選考NGから逃れられるのは、率直に言って楽しいです(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キャロットクラブ様出資馬7月上旬近況:

« 出資馬近況6月末 | トップページ | 一人POG7月5日・6日結果 »