無料ブログはココログ

ノルマンディーオーナーズクラブ様出資馬

カテゴリー

ウェブページ

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 雑談 | トップページ | ついに移行 »

2014年7月17日 (木)

出資馬近況7月中旬

出資馬の近況が更新されてましたのでアップします。

ロードサラブレッドオーナーズ様出資馬

ヴィーヴル(レディブラッサムの12)


2014.07.15
ヴィーヴルは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン15~20秒ペース)。6月30日(月)測定の馬体重は442kg。
・当地スタッフ 「さすがに1、2週間では大きな変化も見られません。ここ数ヶ月は馬体重の増減も殆んど無し。もう少し増えればベターながら、結構な運動量も課していますからね。オーバーワークを招かぬよう注意を払いつつ、今後も鍛錬を重ねて行くばかり」

ロードアルティスタ(エルテアトロの12)


2014.07.15
ロードアルティスタは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン15~20秒ペース)。6月30日(月)測定の馬体重は486kg。
・当地スタッフ 「コンスタントに15-15を実施。及第点の動きを見せており、着実に体力が備わって来た印象です。数字の変動こそ少ないものの、段々とメリハリの付いた格好に。望むべき方向へ進んでいるのは確かだと思います。具合は上向きと言えるのでは・・・」

今回の記事は、株式会社ロードサラブレッドオーナズクラブ様より許可を得て転載させていただきました。


キャロットクラブ様出資馬


ブレイクエース(キューの12)


7/17  戸田厩舎
16日は軽めの調整を行いました。17日は美浦南Wコースで追い切りました(57秒4-42秒0-14秒3)。「先週に続いて今週もコースでじわっと動かすような調教を行いました。まだ長めからしっかりと動かすというものではなく時計的には半マイル重点のようなものになっていますが、今はこれでいいと思います。ただ、エースくん。まだ体を持て余しているようなところがあり、走りがモコモコしているんですよね。自らグーッと行くようなところは不足気味。最初のころよりちょっとずつ相手なりには動くようになっているのは良い傾向にはありますが、形を作っていくにはもう少し時間が必要そうです。血統的に難しいところがありますから、何も考えずにガシガシやりすぎてしまうと気持ちが振れて気難しさに変わってしまう恐れがあります。それなので、自らその気を起させるように仕向ける接し方が必要となって来ますし、慎重にやっていきたいと思っています」(戸田師)

この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


ロードさんの2頭は変わらず鍛錬の日々ですね~。ヴィーヴルは最初の体重大丈夫かしらな状態から調教の本数こなしても夏場なのに減っていなので、推測ではありますが体力ついてきているみたいですね。動画等でまっすぐに15秒でこなしてたら、体幹鍛えられたかなと確認できるのですがこればかりはしょうがないです。
ロードアルティスタに関しては以前の写真の身体から察するに、人間でいう首が太くて足腰も鍛え上げたレスラー体型ですから、もっとスパルタ調教でOKな気も(笑)


ブレイクエースに関しては、少々マイナスのコメント出てしまいましたね。身体の大きさを持て余していて、精神的にも負けず嫌いな面は出ていない様子。この母系、スパルタに3頭追いとか頻繁にしたら気性爆発の気があるようなので、戸田先生は大変だと思われますが地道に走るの楽しいよ~と教え込むのが得策かもしれませんね。もしかすると、同じキンカメ産でもシルクさんのペルセヴェランテの方が先にデビューかもしれません。
ただ、一度目覚めれば血統背景からダートのマイル前後で末永く楽しめる馬だと感じてますので、戸田先生お願いしますですね。

« 雑談 | トップページ | ついに移行 »

出資馬」カテゴリの記事

コメント

フィルさん こんにちは

ご一緒ヴィーヴルさんは、まだまだ何も変わらず・・・鍛錬の日々ですねー

秋冬目標ながら、半兄ロードストームが1勝止まりで伸び悩むのを見ると
不安が顔を覗かせます(苦笑)

待ち遠しいですが、その前にもうそろそろ新規募集がワクワクしますね。( ^ω^ )

ふじさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
ヴィーヴルについては既に悟りの境地で、デビューは年明けで1勝でもしてくれれば、充実期は4歳明けてからかなぁと自分に言い聞かせてます。勝ち上がりさえしてくれれば、偉大なお兄さんの血を受け継いでくれてると、4歳から6歳2月まで楽しめそうですし。

やっとフル参戦の新規募集の時期がやってきました。東京サラブレッドさんで面白そうな馬いますので、カタログ予約してますからお値段や厩舎に直感(笑)確認しながら、そこから戦略練ろうと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出資馬近況7月中旬:

« 雑談 | トップページ | ついに移行 »