無料ブログはココログ

ノルマンディーオーナーズクラブ様出資馬

カテゴリー

ウェブページ

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 出資馬近況8月上旬その2 | トップページ | 出走予定報告+甲子園視聴雑感 »

2014年8月15日 (金)

出資馬近況8月中旬

今週入ってから久々に身体から力持ってかれるレベルの体調不良でしたが、何とか回復しました。唯一身体横にしながら見た甲子園感想は次回にして近況報告です。

ロードサラブレッドオーナーズ様出資馬


ヴィーヴル(レディブラッサムの12)


2014.08.15
ヴィーヴルは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン15~20秒ペース)。7月31日(木)測定の馬体重は448kg。
・当地スタッフ 「乗り進めるに連れて着実に良化。ここに来ての上昇ぶりが目立つ1頭だと思います。あまり距離の融通は利かないかも。でも、やはり結構なスピードを秘める感じですよ。元々、幾らか小柄なタイプ。そのあたりが課題に挙げられる部分でしょう」

ロードアルティスタ(エルテアトロの12)


2014.08.12
ロードアルティスタは、滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)。8月7日(木)に栃木・ビクトリーホースランチより移動しました。7月31日(木)測定の馬体重は486kg。
・当地スタッフ 「体温の上昇等にも見舞われず、無事に到着を果たしています。環境の変化に対しても戸惑うような素振りは無し。今のところは飼い葉も大丈夫です。8月11日(月)より馬場入りスタート。ただ、もう少しの間は具合を探りながら進めましょう」

今回の記事は、株式会社ロードサラブレッドオーナズクラブ様より許可を得て転載させていただきました。

キャロットクラブ様出資馬

ブレイクエース(キューの12)


8/14  戸田厩舎
13日は軽めの調整を行いました。14日は美浦南Wコースで15-15を行いました。「背中に腫れがあるなどしたため追い切りは控えましたが、暑さによって熱中症を発症するなど調子を落とす馬もいますし、先週までの少しの間は楽をさせられた良い期間だったと捉えています。今週から再調整と考えて少しずつピッチを上げていこうかとしていて、今朝は角馬場で軽めに動かしてから坂路へ入り1本サッと上って、さらにその後にウッドチップコースで15-15くらいを行いました。今後も焦らずにじっくり進めていきます」(戸田師)

スプランドゥール(ブルーラスターの12)


8/12  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「周回コースで軽めの調整とこの中間から週2回に増やしての坂路調教を行っています。馬の状態も良くなってきていますが、体力的にはまだ物足りなさも感じますから、しっかり運動量を取らせて乗り込むようにしていきます」(NFしがらき担当者)

レオパルディナ(ビオンドパンテーラの12)


8/13  小倉競馬場
13日は小倉芝コースで追い切りました。「先週金曜に小倉競馬場へ移動し、輸送後も特に体調に問題なく乗り出すことができています。騎乗依頼をした武幸四郎くんがこの馬のために小倉に滞在して、今朝追い切りに乗ってくれました。終始持ったままの手応えで、手元の時計が5ハロン69秒8、ラスト1ハロンが12秒0でした。テンションが上がりすぎないようにという意図の攻めでしたが、そのとおりうまくいったと思います。馬体重は今朝の段階で414キロですから、前走よりは少し減るかもしれませんが、滞在競馬の分落ち着いてレースに臨んでくれれば問題ないでしょう」(高橋康師)16日の小倉競馬(フェニックス賞・芝1200m)に武幸騎手で出走を予定しています。


この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。

ロードさんの2頭は徐々にではありますが形になってきている模様ですね。ロードアルティスタは北海道で順調に鍛錬を重ねたので、基礎体力面は問題ないようですね。後は内地の暑さに慣らす意味で少し牧場で乗り込んでから、後は高野先生にお任せですね。
ヴィーヴルは上昇が目立つようですね。小柄というマイナス要素を挙げながらも強みの部分も仰っているので、今回は率直な牧場さん側の意見でしょうね。


キャロットさんの鍛錬組は戸田先生、しがらきさん共にじっくり方針ですね。
エース君は坂路とウッドチップで2ヶ月間じっくり乗り込めてますので、基礎体力は問題ないレベルまできたかなと。後は皮膚炎が治まれば自ずとペース上げれますので、新馬戦デビューする頃にはどんな身体なっているか楽しみですね。

スプランドゥールは若干マイナスコメントが出始めてますね。今は暑いですし最低限の乗り込みにダクで運動量確保しながら、遅生まれ分の成長を促せれば現時点ではOKかもしれません。

« 出資馬近況8月上旬その2 | トップページ | 出走予定報告+甲子園視聴雑感 »

出資馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出資馬近況8月中旬:

« 出資馬近況8月上旬その2 | トップページ | 出走予定報告+甲子園視聴雑感 »