無料ブログはココログ

ノルマンディーオーナーズクラブ様出資馬

カテゴリー

ウェブページ

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« キャロットクラブさん 2014年度募集馬動画 | トップページ | キャロットクラブさん 2014年度募集馬検討(ツアー前) »

2014年8月30日 (土)

監督交代

最近の成績や、私はあまり身体に良くないのでデータサイトに頼っての雑感で、あと数戦で改善できなかったら監督交代あるかもしれないと思ったいた矢先に先手打ってきましたね。

ポゼッション志向によるパスの増加は著しく増加と出ていましたが、個人的にはバイタルエリアの進入回数平均の少なさが引っかかっていました。これ、横パスや足元へのパスだけで、前線の選手が動きの質でマークをはがしてパスを要求出来るレベルに達していない、中盤・サイドバックが次々と追い越すフリーランニングが出来ていないんじゃないかという懸念ですね。


要約するとこれですね。「走れてない」

ポゼッションも良いのですが、高い質で求められるのはパスの受け手が絶好のポジションを取るのが重要な訳で、バルサのサッカー見ている訳ではないですが、シャビが優れた出し手と共に受け手なのも知られている訳で、イニエスタもそうです。そのベースにメッシという存在自体が戦術の選手がいて完成しています。

コンサの場合だと、○○が戦術といったFWは存在しないので、枠内シュートを打つにはフリーの場面を増やすのが必要な訳で、それにはやはり質の良い動きが必須です。

そして後任のバルバリッチ氏の愛媛時代の指導は、ハイラインプレッシング→ショートカウンターというトランジションフットボールですから、現在のコンサとは180度変わってきますね。個人的にはトランジションフトッボール派ですので歓迎なのですが、バルバリッチ氏はクロアチア出身ということもあり、根っこの部分はポゼッション志向あるみたいですので、そこを今のチームの現状とどう折り合いつけていくか注目ですね。

« キャロットクラブさん 2014年度募集馬動画 | トップページ | キャロットクラブさん 2014年度募集馬検討(ツアー前) »

北海道コンサドーレ札幌」カテゴリの記事

コメント

フィルさん、こんにちは。

監督交代してしまいましたね…。
財前監督の勝つための采配としては「ん?」と思うことは多々ありましたが、あれだけ毎回メンバーを替えながらもそれなりの成績を保てていましたし、若いチームを成長させるという意味ではとてもいい監督だったように思います。

今まで同じカテゴリーでしたが愛媛にそれほど注目していなかったこともあり、バルバリッチ氏のことをよく知らないので、どんな戦術になるのかは見てからのお楽しみなんですが、氏の方針は今のチームの戦術とはだいぶ違うんですね。まあ監督が代われば戦術は変わるのも当然ですが、今のコンサドーレは監督交代に左右されないチームとしてのアイデンティティを確立させること、ポゼッションサッカーをチームに根付かせることに力を注いでいますので、バルバリッチ氏が監督になることでチームの方針と監督の考えとをどう融合させるのかがカギになりそうですね。
バルバリッチ氏は短期間で結果を出すことに自信があるとコメントしてるそうなので、いい方向に進むことを期待したいですが…。

picotさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
財前さん試合TV観戦する機会殆どない私には采配面判断つかなかったんですけど、メンバー固定せずにチームの攻撃の得意の形を作れなかったと取られたのでしょうか?
ユースっ仔達率いる四方田さん、クサビ→サイド展開→ボール回す→サイドチェンジ→クロス上げる→数人飛び込む という黄金パターン持ってましたからね。

バルバリッチ氏は理想持ちながらの現実主義という反面した要素持っているようですね。クロアチア出身ですからやはり繋ぐサッカーは好きなようですが、チームに在籍する選手の資質とチーム状況によって、守備を構築してからの鬼プレスという選択肢も持っていて愛媛は毎年レンタルバックで主力変わるので尚更のようでした。
現在のコンサドーレでどういった手を取るのか私も期待しています。

ただ、「エヒメッシ」と言われた斉藤選手を覚醒させたのもバルバリッチ氏で、運動量保ちながら違いを作り出す選手は好きなようですね。

ポゼッションの代表例のバルサが、一部では9人がハードワークしてメッシに1対1の状況作り出すと表現されてますし、ドイツ代表もポゼッションしながら骨格はフィジカル重視のゴリゴリいくタイプですので、コンサドーレもパスをただ繋ぐだけじゃない自分達だけのポゼッションを目指せれるといいですね。

フィルさん、こんばんは。

攻撃に関しては、チームとして『札幌のサッカー』というのを作り出そうとしていたわけですから、誰が出ても方針がぶれないサッカーを目指してきたと思うので、メンバー固定しないために形が作れなかったというよりは、監督の思い描く攻撃がチームとして表現できるまでに至らなかったという感じですかね。
確かに前のメンバーも頻繁に入れ替えていましたので、型にはまった攻撃の形をつくるという意味ではあまりメンバーは入れ替えない方がいいんでしょうが、今まで札幌はそれでチーム作りがうまくいかなかったところもありますからね…。
今またやってほしいとは思いませんが、バルデス、エメルソン、ウィル、フッキを中心に考えたサッカーも、あの時は見ていて楽しかったですがね(笑)

picotさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
監督の思い描く攻撃の構築、確かにそこまでいかなかったかもしれませんね。以前何処かで財前さんは攻撃に関しては選手にある程度自由にやらせていると書いてあった記憶あるので、まずはパスゲーム叩きこんで、そこから攻撃の黄金パターン構築といったところで志半ばだったのかもしれません。

攻撃の形作る場合、下部組織とトップが同じシステム・攻撃パターン採用していると、メンバー入れ替え多くても自分達がやるサッカーがはっきりとするのでスムーズにいく場合多いですね。私、生で見てない世代でしたが90年代のアヤックス、00年代後半のバルサ、バスク主義万歳のアスレティック・ビルバオが代表例ですね。

コンサドーレU-18は今年は分からないのですが、昨年までの数年間は四方田さんの方針で4-4-2出来れば他のチームいっても生きるという考え方の元、このシステムで戦っていました。


バルデス・エメルソン・ウィル・フッキとは懐かしいですね。バルデスなんて当時の年齢が年齢ですから、ちょっと記憶怪しいですが、厚別の奇跡だけは鮮烈に覚えてますね。
ただ、彼らも今のポゼッション中心だと逆に生きると思います。ガンバなんて日本NO.1のポゼッション主義でしたが、その中で敢えてアラウージョ、マグノ・アウベス、バレー、レアンドロといった異物取り入れて、繋ぐ一辺倒じゃない縦一本のパスでも得点出来ましたから、Jレベルではある意味反則でしたし。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 監督交代:

« キャロットクラブさん 2014年度募集馬動画 | トップページ | キャロットクラブさん 2014年度募集馬検討(ツアー前) »