無料ブログはココログ

ノルマンディーオーナーズクラブ様出資馬

カテゴリー

ウェブページ

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« シルクホースクラブ様ツアー前検討グルメ 公共交通機関・レンタカー編 | トップページ | 出資馬近況9月下旬 »

2014年9月24日 (水)

シルクホースクラブ様 2014年度募集馬検討(ツアー前)

キャロットクラブ様の時と同じようにツアー前の候補です。
今回は前回の時よりはスケジュールがタイトではありませんから、候補以外の仔が見学後急上昇する可能性はありますね。

じっくり見学したい枠
ラッシュラッシーズの13・アコースティクスの13

実績で弾かれますが後学の為に見学する枠(抽選何%でしょうね)
ブラックエンブレムの13・パーシステントリーの13・ティアジーナの13

抽選確率高くないことを祈る枠
ペンカナプリンセスの13・ベルベットローブの13

ノーザンファーム早来さん枠
コケレールの13・シャルマンレーヌの13・マチカネタマカズラの13・アーデルハイトの13
一般枠
シーズライクリオの13・プリティカリーナの13モエレオープンヒメの13・ラフィエスタの13・シルクプリマドンナの13・クラウンピースの13・ディフィカルトの13・ジュメイラジョアンの13・タイタンクイーンの13

安馬カルテット様子見希望枠
ゲルニカの13・ストーリーテリングの13・シャルマンレーヌの13(早来さん枠)・アデンピアモアの13

出資申し込み確定枠
ユキチャンの13


太字がその枠での有力候補です。

じっくり見学したい枠は自分の中では上位でも瑕疵がある馬にしました。

ラッシュラッシーズの13は各地で総ツッコミ状態の左前脚ですね。オアシスドリーム産駒というか欧州のデフォなのかこの仔特有なのか判別不能ですからね…。ただ、血統構成自体は素人の私が言うのも何ですが、今回の募集馬でトップに近いレベルで決まっているのはこの仔だと思います。確かに日本では重いですが、洋芝の函館・札幌、次いでパワー必要な中山と阪神なら、ミスプロとミルリーフの血統構成の部分を上手く増幅しているので、脚元さえ爆発しなければ通用すると判断しました。と言いますか、この仔無事にデビューなら普通に北海道でしょうから、生で応援したいです…。

アコースティクスの13は、やはり小柄な事と厩舎が若手の高野先生ということで値段下がってますね。ただ、こちらもキャロットさんの時のマギストラのようにいつの間にか成長してましたという可能性もありますし、ディープ産駒の配合では他小口クラブさんの中でも上位にくると判断しました。ディープに有効な母系にノーザンダンサー多重クロスとHaloのクロス、Machiavellian を中心としたTeddyの継続クロスにHyperionも同じく継続されてますので、底力の面では血統字面ですがかなり増幅されてるかなと感じますので、当たればホームラン級かもしれません。


後学枠は恐らく私の今年八月時点での実績では弾かれる筈ですので、100口抽選勝負ですね。
申し込みほぼ決定なのはブラックエンブレムの13ですね。カタログやDVDで一目見てこれは人気しそうだなと感じますよね…。唯一の欠点が現段階でダメジャーで重賞勝利の馬にはノーザンダンサークロスがあるですが、この仔の場合は母母父ヘクタープロテクター辿っていくと微かに存在してまして4×7は対象になるのか? という疑問点はありますが、ファミリーライン辿っていきますとノーザンダンサーの祖先のネアルコとハイペリオンがクロスされてましたので、上手く代替されないかと信じます。


抽選になりそうですが、当選率も極端に低くなさそうなのがペンカナプリンセスの13ですね。基本ネオユニ牝馬は敬遠とされてますが、カタログの写真は見事に決まってましたよね。配合もヌレイエフあり、Halo≒Sir ivorの3×6、3×4のクリスエスは優秀なマイラーだったようでここが上手く作用されれば、関西短距離界のトップクラスである安田先生の手腕でもしかすると…といった期待はありますね。


ノーザンファーム早来さん枠のシャルマンレーヌの13は面白そうな存在ですね。何と申しますかハービンジャー産駒なのに何故かグニャグニャしているように感じる程の体のスプリングで、もうちょっと成長して身体成長して芯が入ると見所ありそうに感じます。

アーデルハイトの13は逆に速攻タイプでしょうか。2歳早めにデビューして芝ダート兼用の短距離でその恵まれた筋肉を生かせそうですね。


一般枠のプリティカリーナの13は何と申しますか大物感溢れる馬体で上手く仕上がればオークス出走も夢見れて、身体を持て余してしまうと未勝利まで間に合わずの可能性もありそうなちょっとギャンブル要素ありますね。
モエレオープンヒメは勝ちあがりは期待できそうな仔で安心感はありますね。


安馬カルテット枠は、ストーリーテリングの13のみちょっと様子見できるか不明ですが、他は成長次第で面白い存在になるかもしれませんね。

« シルクホースクラブ様ツアー前検討グルメ 公共交通機関・レンタカー編 | トップページ | 出資馬近況9月下旬 »

一口馬主 募集馬検討」カテゴリの記事

コメント

フィルさん こんにちは

シルクツアー行かれるんですね

ラッシュラッシーズもタイタンクイーンもブラックエンブレムもシルクプリマドンナも
ども良さそうだけど単価が高くって・・・
今年は厳しそうです

安馬の中に当たりがあればいいのですけど・・
何か堀出しもの見つけたら教えてくださーい

ではでは、お気をつけて。楽しんできてください

ふじさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
激安馬ではないのですが、安めで様子見できる面白い仔いましたね。明日以降(気力残っていれば)ツアーレポート載せる予定です。

牡馬は高額馬が概ね出来が良い感じでしたが、ノーザンファーム空港さんの有名な○○氏と運良くお話伺えたのですが、仮に今年1頭だけ出資するならダイワメジャー産駒がオススメとのことです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シルクホースクラブ様 2014年度募集馬検討(ツアー前):

« シルクホースクラブ様ツアー前検討グルメ 公共交通機関・レンタカー編 | トップページ | 出資馬近況9月下旬 »