無料ブログはココログ

ノルマンディーオーナーズクラブ様出資馬

カテゴリー

ウェブページ

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 一人POG9月・10月分 | トップページ | 出資馬近況1歳馬 »

2014年10月30日 (木)

出資馬近況10月下旬その2

もうすぐ、一部サッカーファンの風物詩である「日本で最も過酷な戦い」の季節です。
昨年は11月上旬に青森でAグループ開催という気候面でも二重に厳しい戦いでしたが、今年の北海道代表は大人の事情で応援し難いチームではない「十勝フェアスカイFC」ですので、何とか勝ち抜いて欲しいですね。
しかし、90分3連戦1週休み更に90分3連戦、もれなくPK戦での勝ち点も差がつくなんてレギュレーション一体誰が考えたんでしょう(汗)


ロードサラブレッドオーナーズ様出資馬


ヴィーヴル(レディブラッサムの12)

2014.10.30
ヴィーヴルは、10月30日(木)良の栗東・坂路コースで1本目に54.9-39.3-25.4-12.7 末強目に追っています。併せ馬では馬なりの相手を0秒2追走して0秒1遅れ。短評は「坂路コースで入念」でした。体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。
・安田調教助手 「約1ヶ月間、スタートを重点的に反復。少しずつ解消しているものの、まだ前扉が開くと頭を上げてしまいます。このまま出走へ向けて調整を続ける予定ながら、出遅れも想定したレース選択が必要。初戦は1400mかマイルあたりが妥当かも・・・」
≪調教時計≫
14.10.30 助手  栗東坂良1回     54.9 39.3 25.4 12.7  末強目追う 坂路コースで入念
         マダムリシェス(古馬500万)馬なりを0秒2追走0秒1遅れ

2014.10.29
ヴィーヴルは、栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。心身共にコンディションは良い意味で安定しており、この調子を維持しながら更に調整を進めます。10月30日(木)に追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。
※安田調教師及び厩舎スタッフの談話は10月30日(木)にお伝えします。

2014.10.27
ヴィーヴルは、10月24日(金)良の栗東・ダートEコースでゲート試験に挑戦。ゲートから12.9-11.8-11.9-14.3-15.5 馬なりに乗っています。結果は合格でした。
≪調教時計≫
14.10.24 助手  栗東E良     12.9 11.8 11.9 14.3 15.5  ゲートなり


ロードアルティスタ(エルテアトロの12)

2014.10.28
ロードアルティスタは、滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター3000m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン18~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「まだ完全にOK・・・とは言い切れぬものの、戻った当初と比べれば歩様は随分スムーズに。そのあたりを踏まえて調教レベルを高めています。今のところは大丈夫そう。ただ、無理は禁物です。今後も具合を探りつつ、着実な前進を求める方針」


今回の記事は、株式会社ロードサラブレッドオーナズクラブ様より許可を得て転載させていただきました。


キャロットクラブ様出資馬


ブレイクエース(キューの12)

10/30  戸田厩舎
29日は軽めの調整を行いました。30日は美浦南Wコースで追い切りました(68秒7-53秒9-39秒5-13秒2)。「今日の追い切りに乗せていただきました。前の古馬にリードしてもらいつつ追走して終いを頑張らせるような内容の追い切りでしたが、この兄弟なのでしょうね。やっぱりチップの走りはあまり上手には感じませんでした。ただ、そのなかでも力強さがありました。そういう点ではエネアドやキュリオスティーと比較しても悪くないのではないかなと感じましたよ。最初のうちは距離があってもいいかもしれませんが、気持ちはあるのでさらに力がついてきたら結局マイルよりなのかなという気はしましたよ」(三浦騎手)

「自分の感覚のなかでは2000mくらいからのデビューがいいかなとは思っていたのですが、2週目だと思うような乗り役が捕まらなくて、4週目までだとちょっと時間がありすぎるなと思っていたんです。それで今日皇成を乗せてみて感じを聞いてみました。皇成の感覚だと“初戦は2000mでもいいと思いますが、段々とマイルよりになってきそうな感じがしますし、マイルと言う選択肢もあっていいのではないでしょうか”という話だったんですよね。エネアドおぼっちゃまやキュリちゃんとの比較もしてましたよ(笑)。今日までの感触と番組などを照らし合わせると2週目あたりがいちばん良いかなという気がしていますので、今のところそこを目標にやっていきたいと思っています」(戸田師)今後の仕上がり具合を見ながらになりますが、今のところ11月15日の東京競馬(2歳新馬・芝1600m)に三浦騎手で出走を予定しています。


スプランドゥール(ブルーラスターの12)

10/29  角田厩舎
29日は栗東CWコースで追い切りました。「先週の帰厩後は順調に乗り出しています。久々のトレセンということもあって、ちょっとうるさくしていますが、気性が悪いというわけではなく、いかにも子供っぽいという感じのうるささです。イライラしていることもないですし、元気があると考えた方がいいでしょう。今朝はCWコースで併せて追い切りましたが、まだ動きは重い印象です。一杯に追ったので、これで来週はもっと動けるでしょう。来週の追い切り次第で、どのあたりを使って行くか具体的に検討したいと思います」(角田師)


レオパルディナ(ビオンドパンテーラの12)

10/29  高橋康厩舎
29日は栗東CWコースで追い切りました。「今朝はユタカさんに跨ってもらい、CWコースで追い切りました。手元の計測で、6ハロン80秒6、ラスト1ハロンは12秒3でした。時計も速いし、力強くて本当に良い動きでしたよ。道中も折り合って落ち着いて走れていたし、そこからのギアチェンジは素晴らしいモノがありますね。ユタカさんも以前よりもかなり良くなっていると言ってくれましよ。これで気合も乗ってくるでしょうし、来週は坂路でサッとやれば態勢が整うでしょう。順調そのものです」(高橋康師)11月8日の京都競馬(ファンタジーS・牝馬限定・芝1400m)に武豊騎手で出走を予定しています。


この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


ペルセヴェランテ(ダイヤモンドビコーの12)

2014/10/29 <所有馬情報>  -----------------


在厩場所:美浦トレセン
調教内容:坂路コースでキャンターの調整
次走予定:11月9日の東京・2000芝〔戸崎〕

調教師「中2週の競馬ですから、今週末と来週さらっとやれば十分態勢は整うので、今朝は坂路でキャンター調整を行いました。前走後も体が寂しく映ることもないですし、精神的に苦しそうな感じもないです。いい意味でデビュー戦前と変わりはないですし、ジョッキーさえうまく乗ってくれれば大丈夫でしょう」


2014/10/29 <調教タイム>  -----------------

ペルセヴェランテ
 助 手 29南坂良 64.7- 48.1- 31.2- 14.8 馬なり余力


バトナージュ( フェートデュヴァンの12)

2014/10/29 <所有馬情報>  -----------------


在厩場所:美浦トレセン
調教内容:南Aコースでキャンター
次走予定:東京開催

調教師「特に変わりないのですが、ここまでコンスタントに時計を出してきたので、今週は楽をさせたいと思います。やれば動いてしまうのですが、だからと言って調子に乗ってやっていくと、まだ緩さの残る馬体ですから走りがバラバラになってしまうと思うので、今週は一本抜いてまた週末か来週にやっていきます。時間が掛かってしまい申し訳ないのですが、今は良化途上の段階なのでもう少しお待ちください」


今回の記事はシルクホースクラブ様の許可の元、ホームページより転載させていただきました。


ヴィーヴル、デビュー戦の方向がある程度は定まったようですね。スタッフの方の判断どおりで適正レースだと恐らく間に合いませんが11月9日(日)京都牝馬限定1400m、時間空きますが12月7日(日)阪神同条件、1600だと京都で毎週開催されますが、ディープ牡馬当たる可能性あるのでそこをどう見るかですね…。

ロードアルティスタは順調に回復してますね。ここまで来たら無理せずに復帰して、年明けに一回か二回で決める位で丁度良いのかも知れませんね。


エース君、あのモタモタしていた姿は何処行ったんだとばかりにあっさりとデビュー戦決まりましたね。上のお坊ちゃまやお嬢様との比較されてましたので、芝マイルで使ってみるみたいですね。個人的にはダート向きかと思ってましたが、芝も走れれば言うことなしですから11月15日のデビュー戦を楽しみに…って3開催連続で出資馬出走ですね。

スプランドゥールはまず一杯に追いきりましたね。4ヶ月の成長放牧明けですので、ここから負荷かけて目標定まればいいですね。


レオパルディナ、見事な走りっぷりだった模様です。ウッドチップで6F80秒台終い12秒3(ぼ○馬メールでは11秒7)ですから、理想的な仕上がりだと思います。後は来週も体調このままで馬体重も現状維持以上だったら、後は距離適正を測る為に絶好のレースになると思います。


ペルセヴェランテというか国枝先生強気ですね。コメントから不利なければ勝ち負けと受け取れますね。
バトナージュは大型牝馬なのでやはり時間かかりそうですね。まぁ新馬戦が終了する時期ではないですし、実戦が調教なんてまだまだ考えなくてよいかと。

« 一人POG9月・10月分 | トップページ | 出資馬近況1歳馬 »

出資馬」カテゴリの記事

コメント

フィルさん こんにちは
明日から11月になり、いよいよ活発に動き出します
というか出走が増えそうですね

9日や15日とラッシュじゃないですかぁ

ご一緒ヴィーヴルについては
まだ途上で来週の牝馬限定は厳しいそう・・・
ただ、安田厩舎って牝馬なのに牡馬混合に使う傾向にあるので
阪神まで待たずとも良いかもしれませんね
楽しみです♪

ふじさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
出走ラッシュですね~。期待してないというとやはり嘘になりますので、何とか無事全馬完走+掲示板確保してくれればが本音です。

ヴィーヴルの方は新馬で混合戦で敗北しても、まだまだ牝馬限定未勝利でマイル以下のレース多いですから、後は安田先生の判断次第かもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出資馬近況10月下旬その2:

« 一人POG9月・10月分 | トップページ | 出資馬近況1歳馬 »