« 電話合戦初参加 | トップページ | ペルセヴェランテ新馬デビュー »

2014年10月16日 (木)

出資馬近況10月中旬

ブラジル戦は清々しいまでの虐殺っぷりでございました。まぁあのシステムで「今の」日本が「ブラジル」相手に挑むの無理ゲーなんですが、その話はまた改めて後日するかも…しれません。


ロードサラブレッドオーナーズ様出資馬


ヴィーヴル(レディブラッサムの12)

2014.10.16
ヴィーヴルは、栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターとゲート練習を消化。まだゲートからの発進に対して不慣れな面を窺わせており、もう少しの間は同様のパターンで調整を行ないます。ゲート試験の合格が当面の目標です。
・岩本調教助手 「10月13日(月)に55秒のタイムで登坂。降雨の影響で馬場は幾らか渋っていたものの、非常に楽な感じで上がって来ましたね。段々と走り自体は良い雰囲気に。あとはゲートだけ・・・でしょう。試験さえクリアすれば、仕上がりは早いタイプかも」

2014.10.14
ヴィーヴルは、10月13日(月)重の栗東・坂路コースで1本目に55.0-40.4-26.7-13.6 馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手を0秒6追走して同時入線。短評は「坂路コースで入念」でした。
≪調教時計≫
14.10.13 助手  栗東坂重1回     55.0 40.4 26.7 13.6  馬なり余力 坂路コースで入念
         コンテッサトゥーレ(2歳新馬)馬なりを0秒6追走同入


ロードアルティスタ(エルテアトロの12)

2014.10.14
ロードアルティスタは、滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン22~25秒ペース)。
・当地スタッフ 「まだ身のこなし等が本来の姿とは違う感じ。でも、調教を休む必要は無いですね。少しずつ運動量を増加。急激なペースアップは難しいものの、可能な範囲で前進を図れれば・・・。高野先生は定期的に来場。意見を交えながら進めて行きましょう」


今回の記事は、株式会社ロードサラブレッドオーナズクラブ様より許可を得て転載させていただきました。


キャロットクラブ様出資馬


ブレイクエース(キューの12)

10/16  戸田厩舎
15日は軽めの調整を行いました。16日は美浦南Wコースで追い切りました(70秒7-55秒4-40秒7-14秒1)。「この中間も脚元などの不安があるわけでもなければ、体調面も問題ありません。やっぱり涼しくなったというか、だいぶ寒さも出て来たこともあってか元気いっぱい。あの時が何だったんだろうと思ってしまうくらいですし、カイバもエネアドの横でモグモグ食べていますよ。昨日は角馬場や坂路での調整を行い、今朝は坂路をのぼった後にコースに出て長めからの追い切りをかけています。しっかりと動かしていますが、まだ段階を経て上げていくところですし、今は派手なものは求めていません。東京のあと開催のどこかでデビューを考えていきたいなとは思っていますが、具体的なことはもう少し進めて、動けるようになってきた段階で考えていきます」(戸田師)


スプランドゥール(ブルーラスターの12)

10/14  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「安定感を増して坂路ではハロン17秒を基本にして、15-15近いところをコンスタントに乗り込めています。徐々に乗り込みを強化している分、繰り出すキャンターの力強さがしっかりしてきました。こちらに来た当初の全体的な幼さもだいぶ解消されてきましたし、この調子で進めていきたいと思います」(NFしがらき担当者)


レオパルディナ(ビオンドパンテーラの12)

10/16  高橋康厩舎
16日は軽めの調整を行いました。「昨日、無事に帰厩しました。約1ヶ月、放牧に出させていただいておりましたが、馬体も増えてフックラしていますし、精神的にもリフレッシュされて戻ってきました。カイバもモリモリと食べており状態は非常に良いですよ。まだ戻ってきたばかりなので、今週一杯は軽めに動かして様子を見ていく予定です。それで問題が無ければ、来週から徐々に時計を出していき、1週間前にはジョッキーに跨ってもらう予定です」(高橋康師)11月8日の京都競馬(ファンタジーS・牝馬限定・芝1400m)に武豊騎手で出走を予定しています。

10/15  高橋康厩舎
15日に栗東トレセンへ帰厩しました。

10/14  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間から坂路では適宜終い15秒も取り入れてしっかりと乗り込んでいます。今週の検疫次第ですが、帰厩の運びとなりそうです。順調に仕上がっていますし、いい形で送り出せそうです」(NFしがらき担当者)


この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


シルクホースクラブ様出資馬


ペルセヴェランテ(ダイヤモンドビコーの12)

2014/10/16 <調教タイム>  -----------------


ペルセヴェランテ
 助 手 16南P良 68.9- 53.9- 39.3- 11.9 G前仕掛け
  ダノンビーナス(古500万)馬なりの外に0.7秒先行0.1秒先着


2014/10/16 <所有馬情報>  -----------------

在厩場所:美浦トレセン
調教内容:南Pコースで16日に時計
次走予定:今週土曜の東京・2000芝〔戸崎〕

調教師「もう体はできているので、今週はサラッとやっただけですが、終いの反応も良かったですし、良い感じに仕上がったと思います」

2014/10/16 <出走情報>  -----------------

ペルセヴェランテ
 10/18(土)東京4R メイクデビュー東京 2歳新馬[芝2,000m・11頭]55 戸崎圭太 発走11:45


バトナージュ( フェートデュヴァンの12)

2014/10/16 <調教タイム>  -----------------

バトナージュ
 助 手 16南W重 71.0- 56.0- 41.1- 13.4 強目に追う
  クピド(二未勝)馬なりの内同入


2014/10/16 <所有馬情報>  -----------------

在厩場所:美浦トレセン
調教内容:南Wコースで16日に時計
次走予定:東京開催

調教師「今週は半マイルから決して無理はしていないけど、動きは少しずつ上向いています。後はもう少し飼い葉を食い込めれば良いんですけどね。それでも牝馬にしては食べている方ですし、これからの調教にも耐えられるだけの体にはなっています。まだ予定は決めないで、この馬のペースで進めていきたいと思います」


アコースティクスの13

2014/10/01 <所有馬情報>  -----------------

アコースティクスの13

ノーザンファームYearling在厩。担当者は「現在夜間放牧を順調に行っています。性格的に自分をしっかり持っている馬で、群れから多少離れても気にしない度胸の良さと賢さを持ち合わせています。放牧地を元気に駆け回っており、育成厩舎に移るのを待ち焦がれている様ですね。今のところはまだ小柄ですが、筋肉の付き方は良好ですし、これからの成長分もありますので、気にする必要はないと思いますよ」とコメント。馬体重418㎏


2014/09/16 <最新情報>  -----------------

アコースティクスの13

測尺(2014年9月中旬)

体高(cm) 胸囲(cm) 管囲(cm) 馬体重(kg)
 149.5  170.0   19.2   418


ラッシュラッシーズの13

2014/10/01 <所有馬情報>  -----------------

ラッシュラッシーズの13

ノーザンファームYearling在厩。担当者は「やや薄手に映る募集写真からは、想像も出来ない程にふっくらとして、正に充実の秋を迎えたといえるでしょう。馬体全体から解き放つオーラは相変わらずで、一流馬の雰囲気をこれでもかと漂わせています。現在夜間放牧を順調にこなし、併行して育成厩舎への移動に備えて、鞍を付けて人が跨る程度の馴致を行なっています。非常におとなしく素直に受け入れていますし、これからのトレーニングも順調に進んでいくことでしょう。10月3日にノーザンファーム早来へ移動予定です」とコメント。馬体重456㎏


2014/09/16 <最新情報>  -----------------

ラッシュラッシーズの13

測尺(2014年9月中旬)

体高(cm) 胸囲(cm) 管囲(cm) 馬体重(kg)
 157.5  176.0   19.9   456


今回の記事はシルクホースクラブ様の許可の元、ホームページより転載させていただきました。


ヴィーヴルは出来自体は良い上昇カーブ描いてるようですね。後はゲート試験を含めたメンタル面がどうかでしょうか。
ロードアルティスタも底は脱したようで少しずつ元に戻していこうという姿勢ですね。年内に復帰時期を判断して、2月までにデビュー出来ればOKでしょう。


エース君は、やはり暑さに弱かったようです。仮に今後順調に進んでデビューし勝ちあがり果たしたら、夏は北海道放牧確定ですかね。
スプランドゥールも年内帰厩、年明けデビューが目標でしょうか。

レオパルディナ、完全に先生と牧場スタッフの方々の計算通りの運びとなりましたね。次がまた重賞という大舞台ですが、1400にある程度目処立てば3歳春まで限定OP戦使えますので、どんな可能性みせるか注目しています。


バトナージュに関してというか、先生に対してと申しますか、先生これ以上食べてもっと大きくなると、夏前の頓挫みたいなやんちゃっぷり発揮しそうです(笑)

アコースティクスの13とラッシュラッシーズの13は問題なく育成牧場に入りましたね。これからの成長に期待ですね。

« 電話合戦初参加 | トップページ | ペルセヴェランテ新馬デビュー »

出資馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出資馬近況10月中旬:

« 電話合戦初参加 | トップページ | ペルセヴェランテ新馬デビュー »

カテゴリー

ウェブページ

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31