« ペルセヴェランテ新馬デビュー | トップページ | ペルセヴェランテ健闘の2着お疲れさまでした »

2014年10月17日 (金)

ブラジル戦雑感

明日のデビューの緊張を和らげようと、ど素人目線ですがブラジル戦を振り返ります。

・4-1-2-3は、そもそもが選手間の距離を一定に保ち、斜め前へのパスコースを確保しやすくする為のものなので、1と2の部分で相手を制圧できるレベルの選手がいないと機能はし難い。
・その3枚のセントラルMFの内、2枚がリンクマン1枚がチャンスメーカーだと、やはりサイドからのヘルプが遅くなるシステムの欠点から、ブラジル相手には起用された選手が気の毒だった…かと。
・ウイング2枚の内、ネイマールサイドにスピードのある小林を起用したのは、ネイマールが左に流れる癖を持っているので、ボール奪取後すばやくサイドに展開して1対1のシチュエーションを多く作るには悪くない選択肢だったが、後半の選手交代でゴール嗅覚が優れるインサイドフォワードとしては優れてるが、プレースピードが劣る本田の投入で、そこに2枚ディフェンスつければたやすく攻撃を遮断できるのが結果的にはマイナスだったかもしれない。

・失点シーンは、1点目はネイマールを素直に称えるべき。90分通してトライしていたが、相対するDF相手にオフサイドポジション取ってから背後の死角に一度入って、そこから並行するように走ってスルーパス呼び込んだ瞬間に急加速されて裏抜け出されるとファウルしない限りはまず止められない。
・2失点目以後、少々緊張の糸が切れたのか、ボールが動いてる逆サイド側での注意力散漫になっていた印象。このスペースでボールウォッチャー状態になると、世界レベル相手だと決められるかな。

・何となくだが、現状の戦術と選考選手が上手くマッチしていないような感じがする。日本で高いレベルでアンカーの役割果たせるのが、レッズの阿部くらいしか思いつかないかな…。(細貝は2の部分のボールゲッタータイプ)

« ペルセヴェランテ新馬デビュー | トップページ | ペルセヴェランテ健闘の2着お疲れさまでした »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラジル戦雑感:

« ペルセヴェランテ新馬デビュー | トップページ | ペルセヴェランテ健闘の2着お疲れさまでした »

カテゴリー

ウェブページ

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31