« 第一次0円契約者 | トップページ | J2プレーオフ »

2014年11月30日 (日)

バトナージュ最下位デビュー

バトナージュ
東京5R メイクデビュー東京 ダ1600m 16着

田中勝春騎手は「たまに行く気を見せるけど体が付いてこないんですよ。追走だけでアップアップしていました。抱えている内は良いのですが、追っぱなすと自分の体を支えていられなくなります。決して走りは悪くないですし、良いものは持っているのですが、良くなるのは来春ぐらいではないかと思います」と話していました。

今回の記事はシルクホースクラブ様の許可の元、ホームページより転載させていただきました。


出資者として申し上げる事は事前のコメントの変化等からこの結果は覚悟していた、それだけですね。
ただ、オーナーサイドは激怒に近い状態かもしれません。そんな状態なら一度天栄に戻してじっくり鍛えなおすからと。貴重な新馬戦カード切ってレース教える事すら出来ませんでしたので。

« 第一次0円契約者 | トップページ | J2プレーオフ »

バトナージュ(フェートデュヴァンの12)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バトナージュ最下位デビュー:

« 第一次0円契約者 | トップページ | J2プレーオフ »

カテゴリー

ウェブページ

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31