無料ブログはココログ

引退・再ファンド未出資馬

  • 12年産 ヴィーヴル ロードアルティスタ (再ファンド未出資) ペルセヴェランテ バトナージュ スプランドゥール レオパルディナ 13年産 ロードデスティニー ラッシュドリーマー レーヌドコロール エクディス マカレア 14年産 サーブルノワール ラグナアズーラ 15年産 ラプトレックス カラドゥラ リベラメンテ セドゥラマジー

« バトナージュ新馬デビュー | トップページ | バトナージュ最下位デビュー »

2014年11月28日 (金)

第一次0円契約者

11月30日までに通知される事が義務付けられている0円契約提示者が4人発表されました。

DF 日高・松本・上原拓
FW 横野

以上です。
松本は大卒2年目、上原拓郎は大卒1年目で0円提示となりましたが、ある理由があっての苦渋の決断ですね。

理由はA契約者(J2で900分・J1で450分出場)は25人以内という規約です。
ユース上がりの選手は3年以内はA契約締結してもカウントされないのですが、その3年が切れて奈良・荒野・小山内がカウントされるんですよね。

現時点でのA契約で来期更新濃厚っぽい選手が
FW 内村・前俊・都倉 3人
MF 河合・砂川・宮澤・石井・上里・菊岡・小野 7人
(レンタルバック)前兄・古田 2人 (来期カウント)荒野 1人
DF 薗田・上原慎・櫛引・パウロン 4人
(来期カウント)奈良・小山内 2人
GK 金山・杉山・ホスン 3人

計 22人になります。そこに現在オファー出してる稲本選手で1枠、候補探索中と言われているアタッカーの外国籍選手で1枠、これだけで残り1枠になってしまい、上原拓はある意味運が悪く今年900分クリアでA契約ですから、900分未満のB契約なら残れた可能性ありますが、A契約で比較した場合ポジション争いでWB(SB)・CMFでベンチ争いは前兄・小山内と被り、年齢面でも23ですから23歳以下の移籍で受け取れる育成保障金も発生しないのがマイナスに働いたかもしれません。

松本も理由は大体同じでしょうね。日高はサブとして貴重だとは思いますが年俸面に枠問題、純貴はチャンスを生かせなかった…。

そして再来年は深井と中原が優遇期間切れますので、恐らく来年がラストシーズンのホスンの枠引いても(1歳年上の京都のGKスンフンが兵役準備で退団決定)枠争いのサバイバル発生するでしょうね…。

« バトナージュ新馬デビュー | トップページ | バトナージュ最下位デビュー »

北海道コンサドーレ札幌」カテゴリの記事

コメント

フィルさん、こんばんは。

退団理由は実は深いんですねぇ。
私も上原拓の退団理由がいまいちわからなかったんですが、フィルさんの説明でよくわかりました。今年一年目で開幕戦のジュビロ完封に貢献したので来季以降楽しみだったんですが、残念です…。新天地で頑張ってもらいたいですね。成長したらまた再獲得なんてことも最近はよくあるので。
他の3人も新天地で活躍してほしいですね。

picotさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
私も最初何故上原拓が0円提示と思ったのですが、前にウチのA契約枠満杯に近いといった話を読んだのを思い出して仮想リスト作ったらこれだなと。

大卒の選手って過去の水戸・岐阜のようにB契約(480万未満)で大量に確保し、一定ライン以下か中途半端にA契約になったら給与面の意味で1年で放出という前例ありますので、なかなか線引き難しいんですよね。上原拓だとコンサでは被る選手いたので残念ながらですが、レフティーのSB・CMFは貴重なのでJ2なら十分需要があると思います。

横野は再び東南アジアが濃厚で、他2人もポジション的には需要あるでしょうからまだまだ続けれるでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第一次0円契約者:

« バトナージュ新馬デビュー | トップページ | バトナージュ最下位デビュー »

カテゴリー

ウェブページ

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31