無料ブログはココログ

ノルマンディーオーナーズクラブ様出資馬

カテゴリー

ウェブページ

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« コンサドーレ外国籍選手去就 | トップページ | 2戦目は6着で決着 »

2014年12月 6日 (土)

J1最終節

ブレイクエースの結果報告は明日にスライドして、今日はサッカー関連の更新となります。

本日、2014年度の最終節が行われガンバのJ1復帰初年度優勝、そしてトレブルへまで後1つとなりました。
ガンバサポに皆さま、優勝おめでとうございます。

他にも抜群の残留ラインコントローラーとして君臨していたアルディージャが降格した一方、グランパスの方は恒例の中位力を発揮して、開始早々ビハインド→後半に追いつく→アディショナルタイム目前で永井カミカゼカウンター発動でレッズを沈める結果でしたね。


ヴォルティスVSガンバを視聴した雑感としては、
全体的にはヴォルティス守備陣の奮闘は見事で、斉藤・エステバンは出色の出来。MOMは斉藤を推したい。
アンカーの役割の斉藤、ボールゲッターの役割を担ったエステバン2人でのチャンレンジ&カバーは危ない場面をほぼ潰していた。

ただ、全般的に流す審判だったので致命傷にはならなかったが、開始早々の足裏見せタックルとそれを更に繰り返したことは本来ならカード出る場面で、他にもペナルティエリア内での完全なホールディングや、腕を後ろに回さず前に畳んで飛び込んだシュートブロックはPK取られてもおかしくなく、中盤の守備の見事さに対してDFラインが若干危うさ感じたが、ボールを持つことを半ば放棄してカウンターとセットプレイに賭けていたのでやむをえないか?

ガンバのに関しては、後半開始早々危ない場面が多少あったがそれ以外はほぼ押し込む展開で、相手チームが勝利より負けないことを優先した以上、1点を奪うのは容易ではなかった。
今回のようにペナルディエリアに何人いるんだと言いたくなるスペースのない状況は、空中を使うのがセオリーで他には敢えて中に切り込んで素早い切り返しでファウル誘う、ミドル撃ちまくってディフェンスラインがそれを嫌いライン押し上げるのを待って、一発で裏を取って仕留める等が考えられたが、最終戦で優勝かかった場面でそこまで冷静にゲーム展開操るのはちょっとキツイ…か?

« コンサドーレ外国籍選手去就 | トップページ | 2戦目は6着で決着 »

J1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: J1最終節:

« コンサドーレ外国籍選手去就 | トップページ | 2戦目は6着で決着 »