« レオパルディナお疲れ様でした。 | トップページ | レオパルディナの今後 »

2014年12月17日 (水)

北海道サッカーの今年度を振り返る第一種・第二種編

恐らく出資馬の今年の出走は終了、サッカーも2種の選手権を除いて大会が終わりましたので、まずはサッカーから今年の北海道の歩みを振り返ろうと思います。


2種登録(高校サッカー・ユース)
インターハイ出場チーム 駒大苫小牧1回戦敗退 帯広北1回戦突破、2回戦敗退
U-18プリンスリーグ北海道 優勝 北海道大谷室蘭高 
プレミアリーグ参入戦 一回戦で大分トリニータU-18に惜敗

選手権出場チーム 北海道大谷室蘭高 2回戦からの出場、履正社(大阪)と激突

プレミアリーグEAST コンサドーレ札幌U-18 10チーム中8位で残留


1種登録(大学生・社会人・クラブチーム等)
知事杯全道サッカー選手権大会 優勝 ノルブリッツ北海道 天皇杯出場権獲得
天皇杯 一回戦でtonan前橋サテライトに敗戦

北海道サッカーリーグ 優勝 十勝フェアスカイFC 初優勝 地域リーグ決勝大会出場権獲得
地域リーグ決勝大会一次リーグ 0勝3敗で敗退


こう書き出してみると、今年の北海道サッカーは全般的に厳しい結果になってしまいました。
プリンスリーグは壮絶な争いで北海道大谷室蘭高が制しましたが、旭川実業高に続く2校目のプレミア昇格は果たせませんでした。

1種の方も遂にノルブリッツの牙城を崩した十勝フェアスカイFCが意気盛んに日本で最も過酷な戦いに挑みましたが、結果は以下のとおりです。
十勝フェアスカイFC0-9FCガンジュ岩手(11月7日)
FC大阪5-0十勝フェアスカイFC(11月8日)
浦安サッカークラブ2-0十勝フェアスカイFC(11月9日)

0得点16失点は、初出場の洗礼を受けた形になりましたね。Jリーグ昇格を目指すチームにとっては2度とやりたくないと言わしめる過酷な戦いを、地決常連組を相手にしてですからここからが真のスタートです。
ノルブリッツも幾度となく跳ね返され続けてますので、北海道のチーム同士が互いに高めあってチーム力を上げてくれればいいですね。本音言いますと、練習試合の相手に恵まれている内地勢に対してこの点は明らかにコンサが不利ですし。


コンサドーレUー18は第二期黄金世代が卒業したので、昨年までのような優勝を視野に入れるチーム編成ではありませんでしたが、最終節で残留争い共に争っていた三菱養和も敗戦した為何とかの残留でした。終盤3連敗したのに…ですから運が良かったとしか言えませんね。


 

« レオパルディナお疲れ様でした。 | トップページ | レオパルディナの今後 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道サッカーの今年度を振り返る第一種・第二種編:

« レオパルディナお疲れ様でした。 | トップページ | レオパルディナの今後 »

カテゴリー

ウェブページ

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31