無料ブログはココログ

ノルマンディーオーナーズクラブ様出資馬

カテゴリー

ウェブページ

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 出資馬デビューラストバッターの結果は | トップページ | コンサドーレ2014シーズンを振り返る+α »

2014年12月29日 (月)

出資馬近況12月下旬

ロードサラブレッドオーナーズ様出資馬


ヴィーヴル(レディブラッサムの12)

2014.12.22
ヴィーヴルは、滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン18~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「毎日のトレーニングを無難に消化。精神的にピリピリした雰囲気は窺えませんよ。ただ、現在の馬体重が430kgちょっと。食欲旺盛・・・とは言えず、なかなか数字が増えぬ現状です。もっとボリュームアップを叶えてからペースを上げる予定」


ミスアリバイの13

2014.12.15
ミスアリバイ'13は、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター2000m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン18~22秒ペース)。11月30日(日)測定の馬体重は441kg。

今回の記事は、株式会社ロードサラブレッドオーナズクラブ様より許可を得て転載させていただきました。


キャロットクラブ様出資馬

ブレイクエース(キューの12)

12/25  ムラセF
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「引き続き馬場に入れてじっくりと乗り込んでいます。今回の休養はデビュー戦そして前回と頑張った分の疲れをしっかり癒すこと、リフレッシュを図ること、成長を促すことが目的としてあります。今後もじっくりと調整を進めていき良い状態へ持っていって次走について検討していきたいと思っています」(戸田師)


スプランドゥール(ブルーラスターの12)

12/25  角田厩舎
25日は軽めの調整を行いました。「水曜日に無事帰厩しました。見た目に大きく変わったところはありませんが、実戦を経験したことは大きいですし、ひと息入れて馬自身も気持ちに余裕が出てきたと思います。今朝から軽く乗り出していますので、ペースを上げつつどの辺りを使っていくか検討します」(角田師)

12/24  角田厩舎
24日に栗東トレセンへ帰厩しました。「この中間もじっくりと乗り込みを続けて、順調に調整してきました。まだ力がつききっていませんし、本当に良くなるのはもう少し先なのかもしれませんが、実戦を経験しつつ覚えてくるところもあるでしょうから、このタイミングで帰厩させようということになりました」(NFしがらき担当者)


レオパルディナ(ビオンドパンテーラの12)

12/24  NFしがらき
軽めの調整を行っています。「こちらに到着後、馬体に異常がないことを確認してから角馬場などで軽く動かしだしています。さすがに多少疲れが残っているようですし、もうしばらくは軽い調整でじっくりと進めていきたいですね。月曜には高橋康之調教師が来場されましたが、年明けはフィリーズレビューかファルコンSか、そのあたりを目標に帰厩させればいいでしょうという話をしました」(NFしがらき担当者)

6b08131620141215a11a8fb1aef7cd4f_e


マギストラの13

12/26  NF空港
馬体重:400kg 

現在は400m周回ダートコースで軽めのキャンター1600mの調整を中心に、週3回900m屋内坂路コースをハロン18~20秒のキャンターで2本登坂しています。遅生まれですが、コンパクトな馬体を感じさせない力強さがあり、トビの大きさを感じさせるフォームで走っています。ここまでは順当に進められていますが、疲れが出る前に軽めの調教を取り入れるなどして更なる成長を促すことも検討しています。

57b231c92014122682629ec141fd9c10_e


この度のテキスト及び写真はキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


シルクホースクラブ様出資馬


ペルセヴェランテ(ダイヤモンドビコーの12)

2014/12/27 <最新情報>  -----------------


ペルセヴェランテ
 27日(土)に美浦トレセンへ帰厩しています。

2014/12/26 <所有馬情報>  -----------------


在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄・27日に美浦トレセンに帰厩予定
調教内容:周回コースで軽めのキャンターと週1回は坂路コースで14-14、週2回は13-13
次走予定:1月24日の中山・若竹賞〔横山典弘〕

担当者「引き続き順調です。調教では素軽い動きを見せており、スピード感がありますね。明日(土)の検疫となりましたが良い状態で送り出せると思います」馬体重498㎏


バトナージュ( フェートデュヴァンの12)

2014/12/26 <所有馬情報>  -----------------


在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:周回コースで軽めのキャンターと週2回は坂路コースで15-14
次走予定:未定

担当者「引き続き順調に乗り込んでいます。まだ毛艶、馬体の張りがもう一つで、馬体的にはまだまだですが、気持ちは徐々に出てきて、動きの方は徐々に上向いてきました」馬体重473㎏


今回の記事はシルクホースクラブ様の許可の元、ホームページより転載させていただきました。


ヴィーヴルは変わらず焦らずじっくりがベターかもしれません。春にある程度形出来てればリカバリー可能でしょう。
ミスアリバイ’13はまだなんとも言えませんね。


エース君は成長放牧がメインっぽいですね。冬はお休みして春で勝ちあがり、夏は涼しい北海道で転戦が理想でしょうか。
スプランドゥールは帰厩しましたね。丁度馬房が空いたのかな?という感じで調教再開ですから、芝かダートどちらに適正あるか見極めるのにピッタリのタイミングかもしれません。

レオパルディナはまずは3歳春は1400で復帰が確定ですね。そのレースの結果次第でG1目指すかOP戦で賞金加算狙いか判断されるかもしれません。ただ、ファルコンSだとG3で1kg加算ですから余程メンバー手薄じゃないと…ですね。
マギストラの13は一気に身体引き締まってしまいましたね~。坂路の走り自体は素晴らしいですので、調教軽くする間にどれだけ増えるか…でしょうか。


ペルセヴェランテは文句なしです。体重も若干増えてコメントも良し調教も負荷かけて問題なしですから、次で決める事が出来れば理想的でしょう。

バトナージュは底は脱したかなという感じですね。このまま春まで天栄さんで運動とケアのバランスを取っていただいて、戻ったら即出走可能という状態にする方向性を目指した方が良いかもしれません。

« 出資馬デビューラストバッターの結果は | トップページ | コンサドーレ2014シーズンを振り返る+α »

出資馬」カテゴリの記事

コメント

フィルさん、おはようございます。
今年は充実した年になりましたね。
来年も楽しみな馬がいるので応援させて頂きますね。
自分も負けないように頑張ります(笑)
今年はありがとうございました。
来年も宜しくお願いいたします。

パパディーさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
今年は自分にとって想定外の素晴らしい一年でした。
来年はコツコツ頑張ってくれる馬が増えてくれる事を祈ってます。
そしていつかはパパディーさんのトゥザワールドのように、重賞馬でクラシック皆勤賞+グランプリ2着の2億円ホースのような仔を持ちたいですね。
来年もよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出資馬近況12月下旬:

« 出資馬デビューラストバッターの結果は | トップページ | コンサドーレ2014シーズンを振り返る+α »