無料ブログはココログ

ノルマンディーオーナーズクラブ様出資馬

カテゴリー

ウェブページ

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« レオパルディナの今後 | トップページ | コンサドーレ札幌2014シーズンを振り返るGK・DF編 »

2014年12月19日 (金)

出資馬近況12月中旬その2

ロードサラブレッドオーナーズ様出資馬


ヴィーヴル(レディブラッサムの12)

2014.12.16
ヴィーヴルは、滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン18~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「坂路コースへ連れ出すように。脚元は落ち着いた状態を保っており、動き等に関しても特に不満は覚えませんよ。一方、馬体の回復が若干スロー。来た当初よりは10kgぐらい増えたのですけどね。もう少しの間は柔軟なスタンスで接する方針」


ロードアルティスタ(エルテアトロの12)

2014.12.17
ロードアルティスタは、12月17日(水)稍重の栗東・坂路コースで2本目に53.7-39.8-26.5-13.7 一杯に追っています。併せ馬では一杯の相手を0秒1追走して首先着。短評は「坂路コースで入念」でした。12月28日(日)中山・2歳新馬・混合・芝1600mに川田騎手で予定しています。
・高野調教師 「12月12日(金)にビシッと攻めています。本格的な稽古を課すのは初めて。それを考えれば上々の内容でした。17日(水)も及第点。この様子ならば次週にゴーサインを出せるでしょう。相手関係等も考慮した結果、中山のマイル戦へ行く予定」
≪調教時計≫
14.12.17 鮫島良 栗東坂稍2回     53.7 39.8 26.5 13.7  一杯に追う 坂路コースで入念
         タイセイクインス(古馬1000万)一杯を0秒1追走首先着

2014.12.15
ロードアルティスタは、12月12日(金)重の栗東・坂路コースで2本目に54.0-38.9-25.3-12.7 一杯に追っています。併せ馬では馬なりの相手に0秒2先行して首遅れ。短評は「坂路コースで入念」でした。
≪調教時計≫
14.12.12 川 須 栗東坂重2回     54.0 38.9 25.3 12.7  一杯に追う 坂路コースで入念
         ハギノナトゥーラ(2歳未勝利)馬なりに0秒2先行首遅れ


今回の記事は、株式会社ロードサラブレッドオーナズクラブ様より許可を得て転載させていただきました。


キャロットクラブ様出資馬

ブレイクエース(キューの12)

12/18  ムラセF
軽めの調整を行っています。「放牧に出して少し経ちますが変にうるさくなるなど、苦しさを見せることもないようで、落ち着いた様子を見せてくれています。じんわり動かしていって、コンディションをよりいいものにしていってまた競馬を目指していければと考えています」(戸田師)


スプランドゥール(ブルーラスターの12)

12/16  NFしがらき
角馬場と坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「引き続き角馬場と坂路で乗り込んでいます。運動量をしっかり取りながら体を造っていますが、感じとしてはもう少し時間が必要のようにも思います。ここで乗り込んで体が出来てくれば使いつつの良化も見込んでいけますし、これからの積み重ねが大事なので、焦らず良化を促していきたいですね」(NFしがらき担当者)


この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


シルクホースクラブ様出資馬


ペルセヴェランテ(ダイヤモンドビコーの12)

2014/12/19 <所有馬情報>  -----------------

在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:周回コースで軽めのキャンターと週1回は坂路コースで14-14、週2回は13-13
次走予定:1月24日の中山・若竹賞

担当者「帰厩に備えピッチを上げています。相変わらず良い動きをしていますよ。入場時に比べれば、だいぶ落ち着きが出てきましたが、もう少し精神的にどっしりとしてほしいところです。今のところ調教では問題ないのですが、今後気を付けないと距離がもたなくなるかもしれません」馬体重492㎏


バトナージュ( フェートデュヴァンの12)

2014/12/19 <所有馬情報>  -----------------

在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:周回コースで軽めのキャンターと週2回は坂路コースで15-15
次走予定:未定

担当者「脚元、歩様は問題ないので、今週から15-15行き始めました。まだ毛艶などもう一つで体調自体があまり良くないので、時間を掛けて立て直します」馬体重479㎏


今回の記事はシルクホースクラブ様の許可の元、ホームページより転載させていただきました。


ヴィーヴルは焦らずじっくりですね。メンタル面の改善が確認出来れば勝ち負けのラインまでいくと思うのですが…。
ロードアルティスタは年内デビューが決まりましたね。いきなりの遠征競馬ですが、あれだけのマッチョな身体は中山の馬場に合いそうな感じですので、当日期待ですね。


ブレイクエースはまずは一休みです。放牧前の2戦も展開次第では戦えそうな雰囲気でしたので、1・2ヶ月休んで3月春に未勝利脱出が目標です。
スプランドゥールは冬に身体鍛え上げて、夏頃もしかするとスーパー未勝利を視野に入れて…でしょう。仕上がり早ければダート試していただきたかったのですが、ちょっと余裕なさそうですね。


ペルセヴェランテは続けての精神面でのコメントでましたね。ただまだ2戦でキャリアも浅いことですし、トレセンに戻って併せ主体で調教重ねながらレース回数こなすと自然と改善するかもしれませんね。
バトナージュは…うん、スタッフの方の本音が垣間見れるコメントでした。こうなる前に牧場戻してと(汗)

« レオパルディナの今後 | トップページ | コンサドーレ札幌2014シーズンを振り返るGK・DF編 »

出資馬」カテゴリの記事

コメント

フィルさん こんにちは

ご一緒ヴィーヴルは、馬体の回復と精神的成長などもう少しかかりそうですね。

ロードアルティスタは、来週デビューとなると、もしかしたら有馬の応援で
間に合えば観てきます。混雑または間に合わなかった時はごめんなさい(苦笑)

ふじさん、こんばんは。返信が遅くなり申し訳ございませんでした。
今週の更新まだ確認してないのですが、少し遅くなりそうですね。430kg台でレース臨めるレベルまで成長して、後はトレセンで馬が沢山いる状況に慣れれば力出せそうですがゆっくり待つのみですね。

ロードアルティスタは携帯のメール確認したら想定30頭でしたので、栗東所属時点でアウトでしょう(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出資馬近況12月中旬その2:

« レオパルディナの今後 | トップページ | コンサドーレ札幌2014シーズンを振り返るGK・DF編 »