« 阪神JF決戦前夜 | トップページ | 北海道サッカーの今年度を振り返る第一種・第二種編 »

2014年12月14日 (日)

レオパルディナお疲れ様でした。

12/14  高橋康厩舎
14日の阪神競馬では五分のスタートから道中は中団の外目を追走。3~4コーナーで徐々に進出を開始し、直線で追い出されるが前を捕らえるまでは至らず7着。「レース前からテンションは少し高かったのですが、ゲートもちゃんと出てくれましたし、外枠でもあのポジションで上手く折り合いをつけることができました。直線で寄られる場面はありましたが、それでもマイルという決してベストとは言えない条件の中、最後までよく頑張ってくれていますよ。この距離もこなせないことはないでしょうけれども、この馬にとってやはり一番いいのはもう少し短いところでしょう。今年はよく走ってくれましたし、来年また頑張ってほしいですね」(武豊騎手)

「この枠順でしたし、ちょっと外を回らされてしまった上、直線では勝ち馬に弾かれてしまうなど、かなり厳しい競馬になってしまいました。ただ、この距離でもよく頑張ってくれているとジョッキーも言ってくれていましたし、体も小さい馬ですが本当にここまでよく走ってくれています。この後に関しては、直線で勝ち馬とぶつかったりもしているので、まずは怪我などがないかをしっかりと確認して、放牧に出してあげる予定です」(高橋康師)

前走から更に1ハロン延びた上、外目の枠からのスタートになりましたが、道中は上手く折り合って運ぶことができました。勝負どころで上がっていく時も、この手応えならと期待を抱かせてくれたのですが、直線半ばで勝ち馬がかなり外に寄ってきて、こちらが弾かれてしまうという不利もあり、小柄なこの馬にとっては余計に痛かったように思えます。それでも最後まで止まることなくジリジリと差を詰めていましたし、敗戦の中でも、能力のあるところは見せてくれたのではないでしょうか。この後はトレセンに戻ってから馬体をしっかりと確認し、来年に向けて放牧に出す予定です。


この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


正直なところ、追い出そうとした際一度前詰まったので1頭分外に出して、再度追い始めたところで46kg重い勝ち馬に当たられてしまいましたからその時点で詰みでしたね。ただ体力ほぼ尽きかけた中で7着と粘ったのですから自信を持ってこの仔に出資出来てよかったと。
年内5戦とタフに走りましたので、まずはゆっくりと休養してほしいですね。
ローテーション予想はまた日を改めてですね。

« 阪神JF決戦前夜 | トップページ | 北海道サッカーの今年度を振り返る第一種・第二種編 »

レオパルディナ(ビオンドパンテーラの12)」カテゴリの記事

コメント

フィルさん、こんにちは。

レオパルディナ、本当におつかれさまでした。不利もありましたが、決して合っているとは言えない距離でよく頑張ってくれましたね。1200~1400mでは力を発揮できると思いますので、来年以降はぜひ短距離路線での活躍を期待したいですね。サマースプリントシリーズに参加してキーンランドCに出走してくれたら札幌で口取りなんて夢も見れそうですね。

picotさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
レオパルディナ、気合振り絞ってギリギリのマイルという舞台で頑張ってくれましたね。
日本のレーシングプログラムだと3歳春のスプリント戦は乏しいので、1400中心にするかいっそのこと5月のスプリントOP戦まで休んでそこから一叩きして、北海道スプリント戦線に参戦なら道民としてはありがたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レオパルディナお疲れ様でした。:

« 阪神JF決戦前夜 | トップページ | 北海道サッカーの今年度を振り返る第一種・第二種編 »

カテゴリー

ウェブページ

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31