無料ブログはココログ

ノルマンディーオーナーズクラブ様出資馬

カテゴリー

ウェブページ

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 初のG1出走まで後4日 | トップページ | 阪神JF決戦前夜 »

2014年12月13日 (土)

出資馬近況12月中旬

ロードサラブレッドオーナーズ様出資馬


ヴィーヴル(レディブラッサムの12)

2014.12.09
ヴィーヴルは、滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)。
・当地スタッフ 「飼い葉は食べ始めているものの、外見的に大きく変わった印象は無し。まずはボリュームアップを・・・との指示を踏まえ、今しばらくは負担の掛からぬ範囲で進めようと思います。まだ幾らか落ち着かぬ様子。環境に慣れさせつつ・・・でしょう」


ロードアルティスタ(エルテアトロの12)

2014.12.10
ロードアルティスタは、12月10日(水)に栗東トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。
・高野調教師 「調子を取り戻して来た様子を踏まえ、12月10日(水)に厩舎へ戻しています。明日11日(木)より跨り始め、週末にペースを速めて行く予定。仕上がり次第では年内出走の可能性も残るでしょう。今度こそ上手くデビューまで持って行ければ・・・」

2014.12.09
ロードアルティスタは、滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター3500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン15~20秒ペース)。12月10日(水)に栗東トレセンへ帰厩の予定です。
・当地スタッフ 「毎日のトレーニングを無難に消化。ここ最近は運動量を増やし、時折15-15より速いペースでも走らせています。だいぶ見た目も逞しい感じに。具合は上向きと言えるでしょう。早ければ1、2週ぐらいの間に移動の段取りが組まれるかも・・・」


今回の記事は、株式会社ロードサラブレッドオーナズクラブ様より許可を得て転載させていただきました。


キャロットクラブ様出資馬

ブレイクエース(キューの12)

12/10  ムラセF
9日にムラセファームへ放牧に出ました。「先週は申し訳ありませんでした。改めてレースVTRを見て、外に逃げ気味になったり、ふわっとなってみたりと随所に幼さを見せているのはあると思います。外枠だったことも影響していたでしょう。それなので皇成だけが悪いとは言うつもりはありません。しかし、それでももう少しいい形に持っていってほしかったというのも確か。それは馬にも人にも期待をしているからです。この悔しさを晴らしたい気持ちはありますが、掲示板を外して権利も逃してしまいましたし、入厩してからしばらくの期間厩舎で調整をさせていただいていましたから、このタイミングで放牧に出して立て直しを図ることにしました。悪い流れもここで立ち切りたいですね。火曜日に放牧に出させていただきましたので、まずはゆっくりさせて、少しずつ動かしていってもらうつもりです」(戸田師)


スプランドゥール(ブルーラスターの12)

12/9  NFしがらき
角馬場と坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「角馬場で時間をかけて体を解しながら乗っていき、坂路ではペースを上げてハロン17秒を基本に乗り込みを開始しました。外傷の心配もなく、いい具合にペースアップが図れています。まだ全体的に幼い部分がありますし、じっくりと負荷をかけつつ慎重に進めて行くことを心がけています」(NFしがらき担当者)


この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


シルクホースクラブ様出資馬


ペルセヴェランテ(ダイヤモンドビコーの12)

2014/12/12 <所有馬情報>  -----------------

在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:周回コースで軽めのキャンターと週1回は坂路コースで14-14、週2回は14-13
次走予定:1月24日の中山・若竹賞

担当者「順調です。動きに軽さがあり、良い走りをしますね。ただ精神的にもう少しどっしりとした感じがほしいですね。普段は角馬場でじっくり乗り、口向きを矯正していますが、だいぶ良くなってきました」馬体重494㎏


バトナージュ( フェートデュヴァンの12)

2014/12/12 <所有馬情報>  -----------------

在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:周回コースで軽めのキャンター
次走予定:未定

担当者「冬毛が伸び、皮膚病も出ていて、状態を戻すのに時間が掛かりそうです。良いものは持っているので、しっかり立て直していきます」馬体重478㎏


2014/12/06 <最新情報>  -----------------

バトナージュ
 再調整の目的で6日(土)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。


今回の記事はシルクホースクラブ様の許可の元、ホームページより転載させていただきました。


ヴィーヴルは暫くはリラックス重視ですね。血統的に勝ちあがりさせなければいけない仔でしょうから、牧場で冬を過ごして心身ともに成長させ、春に先生の手腕に託すのが目標でしょうか。
ロードアルティスタは仕切りなおしの入厩を果たしました。あのマッチョな身体を維持できているのなら、短距離芝かダートで入着狙えそうですね。


戸田先生、かなり怒っていたどころか激怒に近かった模様です。これは三浦騎手とは相性合わなかったと判断して、休養後の一戦は乗り替わりの可能性高そうですね。

スプランドゥールは遅生まれもあってまだまだ幼さが残っているコメントですね。ただ、良い方に解釈すれば伸びシロはありそうなので、メンバーレベルが落ちる5月以降が勝負でしょう。


ペルセヴェランテは順調に調整進んでいますね。精神面は後はレースの中で成長できれば…といったところでしょうか。
バトナージュは…かなりストレス溜まっていたみたいですね。これはスーパー未勝利で戦えれば…の可能性もでてきました。

« 初のG1出走まで後4日 | トップページ | 阪神JF決戦前夜 »

出資馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出資馬近況12月中旬:

« 初のG1出走まで後4日 | トップページ | 阪神JF決戦前夜 »