« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月31日 (土)

近況報告

結局今月は半分くらい微熱以上という微妙な状態でした(苦笑)
そして、最近軽めの食事の際にTVから流れる某CMでふと思い出すのが、3大リーグ全盛期時代のサッカーセットって一番高いのでも3000円台だったよなぁと。

2015年1月25日 (日)

出資馬近況1月下旬

今年もキャロットさんの勢いが止まりませんね。今週3勝でその内2頭が勝ちあがりと率も上昇し、シャイニングレイ・サフィロス・アヴニールマルシェの強力クリーンナップですから、今年の2歳までは勢い止まらないかもしれませんね。ただ、その分14年産募集に影響受けそうな気もしますが(苦笑)


ロードサラブレッドオーナーズ様出資馬


ヴィーヴル(レディブラッサムの12)

2015.01.20
ヴィーヴルは、滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン15~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「毎日のトレーニングを無難に消化。しっかり動けていますよ。馬体重も430kg台の半ばをキープ。このぐらいのメニューが丁度良いのかも知れませんね。ようやく態勢が整いつつある感じ。そう遠からずに移動の段取りが組まれるのでは・・・」


ロードアルティスタ(エルテアトロの12)

2015.01.20
ロードアルティスタは、三石・ケイアイファーム在厩。休養。
・当地スタッフ 「手術は無事に終了。今のところ経過は良好と言えそうです。ただ、当面は休養。少なくとも1ヶ月は安静が必要でしょうね。運動を控えている期間は飼い葉も最小限に。舎飼いの生活が続くだけに、体調管理にも十分な気を配りたいと思います」


今回の記事は、株式会社ロードサラブレッドオーナズクラブ様より許可を得て転載させていただきました。


キャロットクラブ様出資馬

ブレイクエース(キューの12)

1/22  ムラセF
周回コースでキャンター調整を行っています。「今週もムラセファームへ状態のチェックのために行ってきましたが、体調面は問題なく、精神面もまずまずかなと思える状態でした。じわりじわりと乗り込みも進めてもらっていますし、いい流れの中で調整できているように思います。引き続き成長を促すように乗り込んでもらいますが、タイミングを見計らって予定も組んでいきたいと思っています」(戸田師)


スプランドゥール(ブルーラスターの12)

1/20  NFしがらき
軽めの調整を行っています。「先週の木曜日にこちらへ到着後、ウォーキングマシンで軽く動かしながら状態の確認を行っています。レース後の疲れもありますから、しっかり様子を見て問題がなければ徐々に進めていきたいと思います」(NFしがらき担当者)


レオパルディナ(ビオンドパンテーラの12)

1/20  NFしがらき
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「馬体もだいぶふっくらとしてきたので、この中間からは坂路でのキャンター調教を開始しました。目標のフィリーズレビューに向けて、もうしばらくは坂路中心にキャンターで動かしていき、そこから少しずつペースを上げていこうと考えています。気性的にもピリピリしやすいところがある馬ですから、リラックスして調教に取り組めるように心がけていきます」(NFしがらき担当者)


この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


シルクホースクラブ様出資馬

バトナージュ( フェートデュヴァンの12)

2015/01/23 <所有馬情報>  -----------------


在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:周回コースで軽めのキャンターと週2回は坂路コースで15-14、週1回は14-13
次走予定:未定

担当者「手前を替えると少しふらつくので、もう少しトモに力が付いてほしいところですが、それも乗り込みつつ徐々に良くなっています。毛艶も良くなっていますし、状態は上がってきていると思います。まだ予定を立てる段階ではないですが、大体3月の中山ぐらいで復帰させたいと思っています」馬体重479㎏


今回の記事はシルクホースクラブ様の許可の元、ホームページより転載させていただきました。


ヴィーヴルは現段階では調教段階から何週もかけてビッシリ追わない方が良さそうですね。何とか春に勝ちあがってディープの夏の成長を待ちたいです。
ロードアルティスタは無事に手術を終えました。まずは患部を大事にしてゆっくりと休養ですね。


エース君、戸田先生のコメントでは良い感じに成長しているように取れますね。何事もなければ来月にトレセン復帰して東京最終週の1600・1800芝か3月の中山目標でしょうか。

スプランドゥールはまだ何とも言えず、レオパルディナはまた馬体重増えたようで、これから短距離路線戦うには朗報ですね。

バトナージュ、予想以上に早く立て直し成功しましたね。トモに力がもう少し…ですから、急坂ありの中山はちょっと厳しそうで、まだ勾配がマシな東京芝コースが現時点では向いてそうですね。

2015年1月24日 (土)

ペルセヴェランテ、道中でワープ発動

ペルセヴェランテ
中山9R 若竹賞 芝1800m 7着

横山典弘騎手は「口が効かなかったです。今週の追い切りでは、先週よりもずいぶん抜けて走れていたので大丈夫かと思っていたのですが、今日はあまり雰囲気が良くなかったですね。返し馬では止まらないし、ゲートでは潜ろうとするし・・。良いものは持っているのですが、まだ体が付いてこないので、苦しがっているんだと思います。もっと体が使えるようになれば変わってくると思いますよ」と話していました。


今回の記事はシルクホースクラブ様の許可の元、ホームページより転載させていただきました。


最初にパドック映っていた時はまだマシだったのですが、その後集合から返し馬までカリカリしっ放しで特に返し馬が急発進・急停止だったようで、今回若さが出たのは間違いないです。
ただ、単純に気性が幼いだけなのか、一度緩めると走りたがってガス抜きさせないとダメなタイプなのか判断つかないというのが個人的な感想ですね。
2歳時の4月と6月にノーザンファーム早来さんで見学した際は雄大に構えていて落ち着いてみえましたから、正直今の姿が意外と言いますか…。

按上に関しては、今回は誰が乗っていても止めれませんでしたが、本質的に少しずつ競馬教えるタイプより戸崎騎手や外国人騎手のような喧嘩まではいかなくてもある程度腕力でGOサイン出せるタイプの方がこの仔には向いてるかもしれません。

加えて、今回はコース調教のような形でレース終えましたから、馬体にダメージ無ければ休み明けがダメなタイプなのか確かめる意味でも、2月の条件戦かG3共同通信杯で続戦を…でしょうか?

2015年1月23日 (金)

ペルセヴェランテ、若竹賞は5枠5番

2015/01/23 <出走情報>  -----------------


ペルセヴェランテ
 1/24(土)中山9R 若竹賞 3歳500万下(混)[芝1,800m・11頭5枠5番]56 横山典弘 発走14:25

横山典騎手「先週と今週の追い切りに跨らせてもらいました。先週の追い切りは、頭の位置が低くてハミにモタれる様な感じで、気持ちが前向き過ぎると感じましたが、今週の追い切りでは、速い所をやっても頭の位置が上がっていて良かったですし、体をしっかり使えていて走るフォームも良かったですよ。良い意味で息が抜けて、フッと楽な感じで走れていました。本当に良くなってくるのはまだまだこれからなのでしょうが、それでこれだけ動けるのですからレースが楽しみですね」


今回の記事はシルクホースクラブ様の許可の元、ホームページより転載させていただきました。


昨日相手は栗東勢と言っておきながら、思いっきり実績上位のエミネスクの事見落としてましたね(汗)
恐らく3番か4番人気でしょうから先行もよし、一番人気馬マークして最後に奇襲といったトリッキーな乗り方も可能ですね。

今期の陣容

今年のコンサは昨年並みの総選手数になりましたね。
以前の更新でカウントしたA契約22人から
IN ナザリト・稲本
(ローン契約)福森 ニウドはパス何割か保有してのローン契約
OUT ホスン
(ローン契約)奈良

恐らくB契約
IN ソンユン(アジア枠)
C契約
IN 進藤

もしかすると前兄辺りがAじゃなくB契約の可能性ありますがその場合でも23人とJ2の中ではかなり数を抱えてることになりますね。
これからのキャンプやテストマッチで選手の格付けが変わるかと思いますが、今年を3-4-1-2で挑むなら現時点では以下の通りと個人的な予想です。


      都倉  ナザリト
     (内村)  (前俊)
         小野
         (中原)

    石井        前兄
   (堀米)       (荒野)

      上里  ニウド
     (堀米) (宮澤)

    福森  稲本 パウロン
   (櫛引)(河合)(薗田)

         金山
       (ソンユン)

SUB 
 GKソンユン
 DF河合・櫛引
 MF堀米・砂川・中原or荒野
 FW内村

上原慎と深井は開幕まで間に合わない可能性濃厚なので外しました。戻った際は上原は左WB争いで、謙伍が右WBにスライド、深井は上里とポジション争いですね。ニウドをサイドに回して上里・深井も面白いかもしれませんが。

サブの面子はポリバレントな選手を優先的に選出しました。CB・アンカー的なDMFのキャプテン、SB・WB・CMFが出来る堀米、左WBとOMF可能なスナさん、昨年ノーゴールでしたがユース時代はシャドーとしても機能していた中原か同じく世代別代表でFW登録の荒野のどちらかを…ですね。

GKはノビシロを買ってソンユンをチョイス。残り一枠のFWに今年は隔年活躍の年と信じてウッチーを。

2015年1月22日 (木)

ペルセヴェランテ、クラシックへの試金石

今月は週の前半が下降して週末にかけて持ち直す傾向です。
なので、アジアカップと全豪オープン全然見れていないんですよね。明日午後から北海道は猛吹雪の予報ですから、今回も家で大人しく応援しています。


2015/01/22 <出走情報>

ペルセヴェランテ
 1/24(土)中山9R 若竹賞 3歳500万下(混)[芝1,800m・11頭]56 横山典弘 発走14:25


2015/01/21 <所有馬情報>


在厩場所:美浦トレセン
調教内容:南Wコースで21日に時計
次走予定:今週土曜の中山・若竹賞〔横山典弘〕

調教師「時計は半マイルからになっていますが、ゴール過ぎてからも1コーナー過ぎまで流しているので、5ハロンにすると68秒ぐらいだと思います。2週続けて追い切りに騎乗した横山騎手も先週より感じは良いと言っていますし、馬は放牧前より確実にパワーアップしています。まだまだ良化途上で本当に良くなるのは先ですが、ここで見通しが立つ競馬をしてほしいですね」


2015/01/21 <調教タイム>

ペルセヴェランテ
 横山典 21南W良 56.4- 41.1- 13.4 直強目追う
  アンブリッジローズ(古1000万)馬なりの内を0.3秒追走同入


今回の記事はシルクホースクラブ様の許可の元、ホームページより転載させていただきました。


このレースはある意味シンプルだと思います。栗東所属の2頭が相手でここで勝てばクラシック戦線に参戦する権利を取得し、敗戦だと個人的な見立て通りに3歳の間コツコツ戦って4~5歳時の充実期に備える…ですね。

2015年1月18日 (日)

キャロットクラブさん熟成馬編

以前の出資候補馬の記事の中で、キャロットクラブさんのスタッフの方から3~5月にかけてぐっと良くなる馬がいたら結構な確率で走ると伺って、その際まだまだ熟成期間を設けれる候補が数頭挙がりました。


モンプティクールの13(父ダイワメジャー)牝馬 1800万

3b108f542014122682629ec1a70aba50__2


馬体重が牝馬で510kgとかなりの大型馬になってますが、暖かくなってから具体的には3~5月に良くなってくれば面白い1頭だそうです。身体が絞れてメリハリが出てくると良さそうですね。血統面は上が渋く走っており、ダイワメジャーに一番相性の良いDroneは持っていませんが、ノーザンダンサークロスとナスキロ複数持ちなのでこの仔もコツコツといけそうなタイプでしょうか。


クレヨンルージュの13(父タニノギムレット)牝馬 1200万

F8c1ad542014122682629ec132324299__3


正直なところ脚元が馬格に対して若干細いかなぁという印象もありますが、募集時と比べて着実に特に後ろの方が成長してる感じは受けますね。タニノギムレットは馬格あるタイプが良いそうで、そこに育成サイドからは素軽いとの声が挙がっているとのことで、後は動画チェックを続けて…ですね。母系がSS系でもスピード優位なフジキセキ・スピード持続力があるヌレイエフは土台として役割果たしてくれそうですね。


アウトオブタイムの13(父スペシャルウィーク)牡馬 1800万

Ff7cd5ce2014122682629ec1e4fe737f_e


この仔は見学ツアーの時に白老ファームのスタッフの方が推していた1頭ですね。今回電話した際も上が健康面で残念な事が続いたが今回は健康度が格段に良いようで、結果現在ノーザンファーム早来さんの育成馬でも進んでいる組で調教できてるのでしょう。血統自体は母系にミスワキのクロス持ちだからなのか、ミスプロ系はダートに出る傾向ですが、今は芝馬っぽい感じでしょうか。母系が血統馬ですから早期デビュー果たせれば、コストパフォーマンスに優れそうですね。


ジュピターズジャズの13(父ハービンジャー)牝馬 1600万

2771b0a02014122682629ec1c8b8f984_e


この一言に尽きると思いますね。もっと馬体重が増えればと。実際そこの点は強調されていましたが、セールで購入した際立ち会った時、静から動への動きのしなやかさ、歩き始める一歩目が特に印象的だったそうです。血統的にも現在唯一?残っている母父SSのハービンジャー産駒ですし、ギリギリまで様子見で成長待ちでしょう。


この度のテキスト及び写真はキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


他に個人的に気になる馬はオーベルゲイドの13とマンボスルーの13でしょうか。どちらも小柄ですが運動神経ありそうですし、一回り成長して変わり身した姿がみたいですね。


最後に蛇足ですが、今ちゃんと清武選手のイエローで2000$って、ありえないですがウチの若手が呼ばれて1枚貰ったら月給の大半吹っ飛びますね。C契約は上限480万大抵は勝利給・出場給込みですし。

2015年1月17日 (土)

出資馬近況1月中旬その2

昨日の稲本選手の入団会見で小野選手から電話で誘いがあったと明かされたようで、その中でコンサドーレはお金は無いけど…と本当の事を言ってくれてありがとうございます。これで、河合・稲本の併用で3バックのセンターに目処が立ったのは大きいですね。後は、深井が復帰してフィジカルコンディション100%に戻れば現時点で言う事なしですね。


ロードサラブレッドオーナーズ様出資馬


ヴィーヴル(レディブラッサムの12)


2015.01.13
ヴィーヴルは、滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン15~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「週1回の割合で15-15の稽古を課すように。動きは及第点だと思います。ただ、これ以上に調教レベルを高めるとテンションが上がりそう。馬体維持も考えないといけません。今月中には厩舎へ・・・との話。同様のパターンを繰り返しましょう」

1202141226_e1


ロードアルティスタ(エルテアトロの12)

2015.01.13
ロードアルティスタは、三石・ケイアイファーム在厩。休養。
・当地スタッフ 「1月8日(木)にウチへ。体温の上昇等にも見舞われず、無事に到着を果たしています。スケジュールを調整中。段取りが組め次第、骨片の除去手術を行なう予定です。全治6ヶ月の診断。何とか夏の北海道シリーズあたりで復帰できれば・・・」

12091411e_e

昨年10月の画像です。


今回の記事及び写真は、株式会社ロードサラブレッドオーナズクラブ様より許可を得て転載させていただきました。


キャロットクラブ様出資馬

ブレイクエース(キューの12)

1/15  ムラセF
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「この中間もいい意味で変わりはありません。脚元の不安もなければ、体ですごく気になるという部分があるわけでもありません。ただ、いい結果を出していくためにも今はしっかりと成長を促しつつ乗り込んでいかなければいけない大事な時期とも捉えています。未勝利馬なので悠長なことも言えませんから、もちろん今後のプランも頭に入れつつ相談して調整を進めてもらおうと思っています」(戸田師)


スプランドゥール(ブルーラスターの12)

1/15  NFしがらき
15日にNFしがらきへ放牧に出ました。

1/14  角田厩舎
14日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は着順こそ初戦よりも悪くなってしまいましたが、直線でジワジワと脚を使った内容は進歩があったと思いますし、こういう距離で急かさない競馬をするのは良さそうです。レース後は特に馬体に異常ありませんが、優先出走権を確保できなかったこともありますし、一度放牧に出させていただきます。阪神開催と3月の中京には2200m、2400mという番組があるので、そのあたりを狙い撃ちするつもりです」(角田師)15日にNFしがらきへ放牧に出る予定です。


レオパルディナ(ビオンドパンテーラの12)

1/13  NFしがらき
軽めの調整を行っています。「リラックスさせながら継続してじっくりと動かしています。基本的に角馬場などでのフラットワーク、トレッドミルなどでの調整を進めている段階です。もうしばらくは下地造りとしてゆったりとした調整を行って行きます。今のところはフィリーズレビューを目標にしようという話をしており、そこに向けて少しずつペースを上げていければと思います」(NFしがらき担当者)


マギストラの13

1/15  NF空港
馬体重:408kg 

この中間も順調に調整を積んでいます。現在は400m周回ダートコースで軽めのキャンター1600mの調整を中心に、週3回900m屋内坂路コースをハロン18秒のキャンターで1本登坂しています。疲れが溜まる前に登坂日を減らす等の対応をしており、意図的に適時リフレッシュを図っています。引き続き、軽快な走りで坂路コースを登坂できており、体調面に不安はありませんので、今後も状態を見て鍛えていければと思います。


この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


シルクホースクラブ様出資馬


ペルセヴェランテ(ダイヤモンドビコーの12)


2015/01/15 <所有馬情報>

在厩場所:美浦トレセン
調教内容:南Wコースで15日に時計
次走予定:1月24日の中山・若竹賞〔横山典弘〕

横山典弘騎手「もう少し抜いて走れれば良いんですけどね。離すといくらでも行ってしまいそうです。もっとフワッと走れれば、終いの脚も違ってくると思います。良いものは持っているので、あまり間隔を詰めずに大事に使っていく方が良いと思います」


2015/01/15 <調教タイム>

ペルセヴェランテ
 横山典 15南W良 53.7- 39.2- 13.4 馬なり余力
  パピーラヴ(三未勝)強目の外に0.4秒先行0.2秒先着


2015/01/13 <調教タイム>

ペルセヴェランテ
 助 手 11南W良 57.8- 42.7- 13.3 馬なり余力
  サトノセレリティ(古500万)馬なりの外に0.5秒先行0.1秒先着


バトナージュ( フェートデュヴァンの12)

2015/01/16 <所有馬情報>  -----------------


在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:周回コースで軽めのキャンターと週2回は坂路コースで15-14
次走予定:未定

担当者「左前の球節が腫れて少し楽をさせましたが、すぐに良くなったので徐々にペースを戻しているところです。脚捌きなどを見ると芝の方が良さそうですし、良いものは持っていると思うので、少し時間を掛けて状態を上げてから、送り出したいですね」馬体重476㎏


今回の記事はシルクホースクラブ様の許可の元、ホームページより転載させていただきました。


ヴィーヴル、腹回りがスッキリしすぎてる気がしますが前の作りやトモの張り等必要最低限な部分は出来上がっているように見えますので、後はサッと流して使うのもアリかもしれません。

ロードアルティスタの昨年秋の写真を改めて見直すと、何処のスピードスケートのスプリンターだこれはですね。前もかなり鍛えられてますがそれ以上のインパクト。完治半年ですから立て直すの容易じゃないですが、仮にスーパー未勝利無理でも地方ダートで通用しそうですよね…。


エース君は暖かくなってからレースを使って、出来れば一撃か二撃でという筋書きでしょうか。理想だと2歳勝ちあがりでしたが、元々クラシックというより3歳ダートOPが個人的な目標でしたから修正範囲内でしょう。

スプランドゥールは再びしがらきに旅立ちました。正直馬房の関係あるんだろうなと思っていますが、しがらきさんで今以上に鍛えて先生の筋書き通りに一撃で仕留めてほしいですね。ダメならネオユニ得意の札幌やローカルダート転向もありでしょうし。

レオパルディナはフィリーズレビューに決まりました。正直サフィロス相手に牝馬斤量+1kgでファルコンS厳しいと思っていましたので歓迎ですね。まずは下地作りで昨年ぐっと良くなった3月からの春期間を迎えてほしいです。

マギストラの13は緩めた分体重が戻りましたね。クラブのスタッフの方に伺ったのですが、3~5月期にぐっと良くなった仔は走る傾向にあるそうですので、遅生まれもありますしその期間に向けて土台固まればいいですね。


ペルセヴェランテは元気があるとポジティブに取ればよいのか、ヤンチャすぎるとネガティブに取ればよいのか。結果は来週に分かりますね。

バトナージュはこの調子だと2ヶ月位時間かければトレセンに戻れそうですね。その後は流石に今度はクラブがある程度は介入しそうですね。

2015年1月16日 (金)

頭から離れず

いつものごとくの間が開いてしまいましたが、休んでいた間も頭から離れない仔が1頭。
ただその仔出資すると牝馬4頭で牡馬2頭という事になり、一般的な勝ちあがり率考えると普通逆にしますからね…。

2015年1月12日 (月)

スプランドゥール2戦目は9着

スプランドゥール

1/12  角田厩舎
12日の京都競馬ではまずまずのスタートも行き脚がつかず後方から。3コーナー過ぎから徐々に進出し、直線はジワジワ伸びて9着。「道中ちょっとフワフワしたりして、遊ばれてしまいました。3コーナーの下りからはスムーズに勢いがつきましたし、直線も手応え以上に伸びてくれただけに、自分がもっとしっかり乗っていればまた違ったと思います。申し訳ありません。返し馬の感触や終いの脚からは、まだこれから良くなりそうですし、距離もこのぐらい長くていいと思います」(小崎騎手)

「着順こそ9着と良くありませんでしたが、終いの伸びは目立ちましたし、内容は初戦より進歩があったと思います。ジョッキーも遊ばれてしまったと言っていましたが、まだ精神面で幼い部分もありますし、馬体もパンとしきれていないので、焦らず成長を促していきたいですね。今回は優先出走権を確保できなかったこともありますし、一度放牧に出すことも考えています」(角田師)

道中は最後方追走でなかなか動けませんでしたが、直線追い出してからの伸びは見どころがありました。心身ともに成長の余地を残していますし、レースを経験しつつの前進に期待したいと思います。このあとは馬体をチェックしてから決定しますが、ひと息入れることも検討しています。


この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


レース自体はそう悲観したものではなかったですね。ゲートと行き脚が良くなく後方からの競馬でしたが、ジョッキーは遊ばれたと仰っていましたが精神面でまだ幼いということでこれは責任は全くないですね。そこから内の経済コース追走して最後の4コーナーだけ外に持ち出し、1着以外前が団子状態の集団を除いて差しきっての上がり2位ですから、これからレース慣れして中団・前目とポジション取る事が出来れば戦えそうな感じですね。

ただこの仔の場合、トレセンでの追い本数自体が少ないように感じますので、2月に同距離ありますし小倉もありますから、個人的には続戦してほしい気持ちもありますね。前で競馬する事に慣れるのに時間かかりそうでもありますし。

2015年1月11日 (日)

出資馬近況1月中旬

高梨選手圧巻の一言ですね。風が強めの追い風という悪条件引かなければ、ヒルサイズ付近の97m2回に98mで全てテレマーク入れてますから他の選手はお手上げでしょう。


ロードサラブレッドオーナーズ様出資馬


ヴィーヴル(レディブラッサムの12)

2014.12.29
ヴィーヴルは、滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン18~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「どちらかと言うと背が高くてスラッと見せるタイプ。ただ、それを差し引いても幾らか寂しく映りますね。どうも臆病な面を持っており、気持ちが張っている様子。食べても身に付かぬのは、そんな性格も多分に影響を及ぼしているのでは・・・」

今回の記事は、株式会社ロードサラブレッドオーナズクラブ様より許可を得て転載させていただきました。


キャロットクラブ様出資馬

ブレイクエース(キューの12)

1/7  ムラセF
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「この中間もいい意味で変わりない様子を見せてくれています。日によって差はありますが、大きく変わることなく調整を行えていて心配になることはありません。今のところ東京の後半戦かその後くらいを最短の目標にしたいと思っていますが、成長も促していきたいので、引き続き様子を見ながら柔軟に考えていきます」(戸田師)


レオパルディナ(ビオンドパンテーラの12)

1/6  NFしがらき
軽めの調整を行っています。「年末、年始にかけても基本的には角馬場などでのフラットワークを中心にじっくりと動かしています。目標のレースまではまだ少し時間がありますし、今はペースアップに向けた下地造りの段階として、もうしばらくは体をふっくらさせていきたいですね。体調面などは問題なく来ていますよ」(NFしがらき担当者)


この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


シルクホースクラブ様出資馬


ペルセヴェランテ(ダイヤモンドビコーの12)

2015/01/08 <所有馬情報>  -----------------

在厩場所:美浦トレセン
調教内容:南Wコースで8日に時計
次走予定:1月24日の中山・若竹賞〔横山典弘〕

調教師「デビュー戦から手綱を取ってくれた戸崎騎手が当初は京都へ行く予定だったようなのですが、結局中山で乗ることになったそうです。でも、すでに横山典騎手に依頼をしているので今回は横山典騎手で行こうと思います」


2015/01/08 <調教タイム>  -----------------

ペルセヴェランテ
 助 手 8南W良 55.6- 40.1- 13.5 馬なり余力
  サトノセレリティ(古500万)強目の外に1.8秒先行0.2秒先着


2015/01/07 <所有馬情報>

在厩場所:美浦トレセン
調教内容:南Pコースで4日に時計
次走予定:1月24日の中山・若竹賞〔横山典弘〕

調教師「体つきが変わってきましたね。腰回りが一回り大きくなってきました。馬体重も10㎏程増えて戻ってきました。元気があるし、体調は良さそうです。予定通り中山4週目の若竹賞に向かいますが、当日は戸崎騎手が京都牝馬ステークスに騎乗するため、今回は横山典弘騎手に依頼しました」


2015/01/06 <調教タイム>

ペルセヴェランテ
 助 手 4南P良 72.2- 56.0- 40.6- 12.2 馬なり余力
  アンブリッジローズ(古1000万)馬なりの外に1.3秒先行同入


2015/01/03 <調教タイム>

ペルセヴェランテ
 助 手 31南W良 72.9- 57.0- 41.6- 13.3 馬なり余力
  アンブリッジローズ(古1000万)馬なりの外に2.0秒先行同入


バトナージュ( フェートデュヴァンの12)

2015/01/09 <所有馬情報>  -----------------


在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:周回コースで軽めのキャンターと週2回は坂路コースで14-13
次走予定:未定

調教師「先週末に左前の球節が腫れたので少し楽をさせましたが、週明けには良くなったので、また乗り出しています。動き自体はまずまず良くなってきましたが、毛艶がもう一つなので、もう少し時間を掛けて良くしていきたいですね」馬体重488㎏


アコースティクスの13

2015/01/05 <所有馬情報>  -----------------


アコースティクスの13

ノーザンファーム空港在厩。週3回屋内坂路コースでハロン18~19秒のキャンター1本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター1,600mの調整。担当者は「馬体面の成長を促すため、この中間は登坂回数を1本に減らしていますが、脚元・体調面に不安はありません。ディープ産駒らしい気性と身体能力の高さを感じさせますが、まだ馬体が追い付いてきていない段階ですので、焦らずじっくり進めていきます」とコメント。馬体重428㎏

D_02360027_e


ラッシュラッシーズの13

2015/01/05 <所有馬情報>  -----------------

ラッシュラッシーズの13

ノーザンファーム早来在厩。週3回角馬場調整の後に屋内坂路コースでハロン17秒のキャンター1本、週2回周回コースでハロン20秒のキャンター2,000m、残りの日は角馬場でダクの調整。担当者は「以前は腹回りに余裕がありましたが、今はだいぶスッキリしてきて、トモの張りもとても良いですね。前捌きの硬さも少しずつ良化してきました。少しわがままな面はありますが、いつも前向きで元気一杯です。これから徐々にペースを上げていきます」とコメント。馬体重477㎏

D_02360049_e


今回の記事及び写真はシルクホースクラブ様の許可の元、ホームページより転載させていただきました。


ヴィーヴルは未だ精神面で不安があるようですね。父ディープという血統面から何とか1勝すれば、夏の期間に心身共に成長する可能性ありますので、個人的にはそこに賭けようかなと。

ブレイクエースは夏滞在していた事もありゆっくり休養中ですが、昨夏に暑さに弱いことが判明したので春までが勝負です。
レオパルディナは6月デビュー→1ヵ月半放牧→夏2戦→1ヶ月お休み→秋冬で2戦→恐らく2ヶ月前後休養と理想的なローテーションですね。自らの力で高橋康之先生の厩舎のエースの力をもぎ取ったのが大きいです。


ペルセヴェランテは良いサイクルに入ったかもしれませんね。乗り込みながら腰周りが成長したということですから馬体の後ろ部分がしっかりしてきたようで頼もしいですね。
バトナージュはじっくりじっくりです。心身共に癒されてまた元気取り戻せばもしかしたら…でしょう。

アコースティクスの13は少し緩めながら乗ったことが良かったのか先月より若干身体の隆起がはっきりしているように感じますね。運動神経は高いと「個人的」に見ていますので、このままの方向で成長していけば弾けるディープになるかもしれませんね。

ラッシュラッシーズの13は…どうなんでしょう?(笑)
身体の上半身の肉付きと瞳は好みですが動画の走りのフォームがハチャメチャですよね。右前脚の上がり方が半端なく後ろ脚の蹴った力で舞い上がるチップの量も凄まじい。まぁ、これからの調教で変わってくる可能性もありますし、実際本番で走ってみないと分からないかなぁ…。ただ省エネ走法は無理でしょう。

2015年1月10日 (土)

スプランドゥール1月12日(月)3歳未勝利戦2200m出走

スプランドゥール

1/8  角田厩舎
7日は軽めの調整を行いました。8日は栗東CWコースで追い切りました。「今朝はCWコースで3頭併せを行いました。年末の追い切りでもなかなかいい時計が出ていたのですが、今朝も手元の計測で全体時計が82秒8、ラスト1ハロンも12秒8と上々でした。手応えは一杯でしたが、外を回ってのものですし、時計的には合格点と言っていいでしょう。見た目に大きく変わった感じはしないのですが、追い切りでもジワッと加速していく感じなので、長めの距離がいい方に出るかもしれません。今回は、減量のアドバンテージも考えて小崎騎手にお願いしました」(角田師)12日の京都競馬(3歳未勝利・芝2200m)に小崎騎手で出走いたします。


この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


う~ん、前回はラスト3F38.0終いが11.9、今回が重馬場で3F38.2終いが12.5で全体が共に83秒台なのに、前回の評価がAで今回はCとはどういうことでしょう(笑)

今回の按乗は育成型の秋山騎手ではなく、減量騎手の小崎騎手ですので密かに勝負かけてますね。小崎騎手は昨年の関西新人2位の38勝で今年も既に2勝と有望な騎手なようですし、減量の強み生かして前目で道中進んで先行抜け出しが出来れば掲示板を目指せるかもしれませんね。明らかに格上なの1頭だけで後は横一線のメンバーですし。

2015年1月 9日 (金)

13年度産出資確定馬総括(1月9日時点)

ロードサラブレッドオーナーズ様とシルクホースクラブ様の追加出資を行い現時点で5頭となりました。

(10月10時点のコピーここから)

キャロットクラブ様出資馬


マギストラの13 牝 父クロフネ 

枠 リスク枠 当たると牝馬限定戦でしぶとく稼ぐ…かも?

産地 ノーザンファーム 厩舎 栗東 吉村先生

募集価格 1400万(格安) 適正 芝 短距離~マイル

目標クラス 500万 理想 母父ディープの血を信じて、マイル前後をコツコツ走る。


シルクホースクラブ様出資馬


アコースティクスの13 牝 父ディープインパクト

枠 リスク枠 もう一回りか二回りバランス崩れずに成長すると、ホームランの可能性もあり?

産地 ノーザンファーム 厩舎 栗東 高野先生

募集価格 4000万(牝馬では高め) 適正 芝 中距離前後?

目標クラス OP 理想 秋華賞出走


ラッシュラッシーズの13 牡 父Oasis Dream

枠 ロマン枠 まずは無事デビューを祈る。勝ちあがれば後はひたすら北海道遠征を願う。

産地 ノーザンファーム 厩舎 栗東 角居先生

募集価格 5000万(高め) 適正 短距離か中距離までこなすのか現時点では不明。

目標クラス 新馬デビュー 理想 北海道遠征で生応援


(ここまで)


新規分は以下の通りです。

ロードサラブレッドオーナーズ様出資馬


ミスアリバイ'13 牡 父キャプテントゥーレ

枠 出塁率重視枠 ヒット打つ(勝ちあがる)のも重要だが、四球(着内)多く選ぶのも大事かな?

産地 惣田英幸 浦河産 厩舎 栗東予定 新人の先生だと思います。

募集価格 864万 格安 適正 芝 中距離前後

目標クラス 500万 理想 仕上がり早ければ回転率上がりそうな厩舎事情を生かして夏に稼ぐ。


シルクホースクラブ様追加出資馬

シャルマンレーヌの13 牝 父ハービンジャー

枠 リスク枠 柔らかさを備え、トモに弾力が出て弾ければオークス路線目指せるが、緩いままだと…。

産地 社台コーポレーション白老ファーム産 厩舎 栗東 角田先生

募集価格 1500万 安め 適正 芝 中距離~中長距離

目標クラス 1000万 理想 オークスを目指す路線に乗る


何と申しますか、一番出塁率高そうな仔が激安帯なんですよね。トモの形もお父さん譲りですので、早期始動叶えれば相手が手薄な内に着内拾いそうですし。シャルマンレーヌの13は三振かホームランだと思います。今のところ自分の出資では相性の良いノーザンファーム早来さん育成ですので、ホームランを祈りたいですね。

2015年1月 8日 (木)

ロードアルティスタ全治半年

ロードアルティスタ

2015.01.08
ロードアルティスタは、レース後の歩様に幾らか違和感が認められます。レントゲン検査を受けたところ左前脚の剥離骨折で全治6ヶ月の診断が下されました。1月8日(木)に三石・ケイアイファームへ移動して夏以降の戦列復帰へ向けて不安箇所の治療に努めます。
・高野調教師 「歩様に幾らかスムーズさを欠いており、念の為にレントゲン検査を受けたところ左前脚の膝に剥離骨折が見つかっています。直線での急な失速を考えると・・・。レース中に負ったのでしょう。当面は休養が必要。ケイアイファームへ移す方針です」


今回の記事は、株式会社ロードサラブレッドオーナズクラブ様より許可を得て転載させていただきました。


当初一番丈夫と思われていた馬が負傷となりました。これは怪我が完治しても、復帰戦がスーパー未勝利の一戦になる可能性高そうです…。

2015年1月 7日 (水)

○外トレーニングセールと比較対象予定の様子見ダート馬

今日の吹雪は本当に洒落にならなかったですね…。ちょうど病院の予約時間と重なっていたので外出する必要があったのですが、視界3mあったのかと言いたくなるレベルでして…。


北国在住でもこんな感じですから冬は牧場見学行けませんねということで、本題に移ります。ダート系で残口ある仔の比較対象はアメリカのトレーニングセールとの比較に尽きますよね。トレーニングセールはやはりあちらでも超良血馬というより、馬格のある売り出し中の若手種牡馬を仕上げてという感じみたいですね。輸送費が1000万位かかるようですので、実際にクラブに回ってくるのは落札額が8万$~20万$程度でしょう。


キャロットクラブ様ダート候補馬

メガクライトの13(父クロフネ)牡馬 2200万

6b826ea82014122682629ec16a1d4fb4_e


この度のテキスト及び写真はキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


馬体は芦毛なので分かりづらいとしか言えませんが、走り自体は前脚で搔きこむ感じながらまっすぐ走れてますし、体重も500kg超えましたから3~5月の変わり身で判断したいですね。血統自体はクロフネには黙ってハイペリオンの要素は補填出来てますので、勝ちあがり果たせればいぶし銀の活躍してくれそうなイメージです。

シルクホースクラブ様ダート候補馬

ムガールの13(父ゼンノロブロイ)牝馬 1600万

D_02360018_e


今回の記事及び写真はシルクホースクラブ様の許可の元、ホームページより転載させていただきました。


ロードさんのあの仔を回避した理由が大きさなのにそれ以上大きな牝馬候補にしてどうするとツッコミ受けそうですが、なんとなく好みなんですよね。これから坂路ペースアップして脚が耐えれれば、自然ともう少し絞れてきそうでメリハリのある馬体になるかなぁと。血統自体は全兄がOP馬の1億円ホースで、Sadler's Wellsのような底力を上げる血がありますので問題無さそうです。


ロードサラブレッドオーナーズ様ダート候補馬

ロングモニー’13(父ゴールドヘイロー)牡馬 972万

1323_e


上が全て牝馬の地方勝ちあがりの仔が今回セールで購入されクラブ募集となりました。現時点でも見事な筋肉質な身体を披露しており、順調に夏デビュー出来れば勝ち上がり出来そうですね。ゴールドアリュールやサウスヴィグラスの素質馬と当たらなければ。
血統は7/8良血で、残りの1/8もハイインローを含んでおり、ダート逃げ・先行には適していると思います。


ゴッドエンジェル’13(父ゴールドヘイロー)牝馬 864万

1324_e


正直現時点ではロングモニー’13の方が見栄えしますよね。ただ、兄弟の戦績比べますと1つ上の兄が中央2連勝したのを筆頭にこちらの方が軍配上がりますね。牝系のイットー・ハギノトップレディがなせる業でしょうか。


今回の記事及び写真は、株式会社ロードサラブレッドオーナズクラブ様より許可を得て転載させていただきました。


ノルマンディーオーナーズ様ダート候補馬

クラックコードの13(父ロージズインメイ)牝馬 960万

速攻が決まったら、地方交流重賞のエーデルワイス賞を目指すイメージですね。現時点で500kg超えてますので仕上げるのに手間取るかもしれませんが、上手くいくとその恵まれた馬格を生かして牝馬限定の芝・ダート兼用馬として活躍しそうなイメージですね。

2015年1月 5日 (月)

追加出資

皆さまが背中押していただいたおかげで無事出資に踏み切る事が出来ました。この度はありがとうございました。


D_02360032_e_2


2015/01/05 <所有馬情報>

シャルマンレーヌの13

ノーザンファーム早来在厩。週2回屋内坂路コースでハロン18秒のキャンター1本、残りの日は周回コースでハロン20秒のキャンター1,800m~2,000mの調整。担当者は「まだ緩さは残っていますが、背中の動きが良く、柔軟性のある良いキャンターが出来ていますね。ペースアップにもしっかり対応できています。性格は大人しく順調に乗り込めていますし、体調面も問題ありませんので、この調子で進めていきます」とコメント。馬体重459㎏


今回の記事及び写真はシルクホースクラブ様の許可の元、ホームページより転載させていただきました。


はい、まさかの大逆転でシャルマンレーヌの13に決まりました。
候補に挙げた様子見馬達の減りが予想以上に早かったので、これは追加出資するなら今日までかなと判断し、クラブに相談の電話で情報収集もして候補も絞りました(+増えたのも…)。


まず牡馬比較としてキャロットさんのキッズトゥデイの13・ファーレサルティの13、そしてこの2頭以外のオススメとして、上で悩まされた健康面が解消され早めの始動も期待が出来コストパフォーマンスが高そうなアウトオブタイムの13の3頭が候補に。

まず、走りをみて3月~5月に変わり身見せたら…のアウトオブタイムの13は様子見候補行き、残ったのがキッズトゥデイの13とファーレサルティの13に。両馬比べるとやはり走りに迫力あってまだ伸びシロありそうなキッズトゥデイの13が牡馬候補筆頭としました。ただ、ファーレサルティの13の父タニノギムレッド産駒自体が馬格ある馬の方が当たる確率上がるみたいですので、あくまで現時点ではと判断しました。


そして、牝馬候補はシルクさんのシーズライクリオの13とシャルマンレーヌの13に、ノルマンディーさんのテンザンローズの13…と言いたいところなのですが、ノルマンディーさんまだカタログ着てませんしどちらかというと、今後検討予定のダートカテゴリーかな? と判断し2頭になりました。

現時点での完成度は正直シーズライクリオの13の方が上だと思いますが、どうしてもシャルマンレーヌの膝と言うか歩き方の柔らかさが頭から離れず、軍配はこちらに。


そして、牡馬と牝馬の比較ですが、これは物凄く悩みましたね。実はキッズトゥデイの13をポチる最終確認まで進んだのですが、やはりあの歩く姿の優雅さが忘れられず結果シャルマンレーヌの13を選択し、ポチった後1時間もしないで満口でした。

そして、キャロットさんのスタッフの方とお話して、3月~5月まで様子見して変わり身見せたら面白くなりそうな仔がいるそうですので、次回の様子見候補更新で取り上げたいと思います。


2015年1月 3日 (土)

キャロットさん、シルクさん、ロードさん様子見馬芝編

年末の紅白で初めて妖怪ウオッチのキング・クリームソーダを聞いたのですが、男性の二人がなかなか良い声していてこれは人気でるのも頷けますね。

前回の更新で様子見候補②は芝の格安馬と書きましたが、挙げていくとそこそこの値段の仔もいたので芝編に変更しました。


キャロットクラブ様様子見芝馬


フェルミオンの13(父ベーカバド)牡馬 1400万

305ef1b82014122682629ec155b18df2_e


残口警報発令中ですが、一気に満口にならないとみてこちらに振り分けました。
募集時から順調に体重増えて470kgに到達しトモの筋肉の隆起がくっきりとわかる程立派になっているのは素晴らしいですね。動画もまだ早い時計で行ってませんがまっすぐに登坂してますし良いですね。新規種牡馬ですのでリスクはありますが可能性を感じる仔だとは思います。


この度のテキスト及び写真はキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


シルクホースクラブ様様子見芝馬


モエレオープンヒメの13(父エンパイアメーカー)牡馬 3000万

D_02360022_e


身体全身が美しいラインを保ちながら出るべきところは出ていて、芝のミドルディスタンスで結構良いところまでいきそうな雰囲気は発してますね。坂路調教の動画に関してはパワー満点の走りというより頭を低く前へ推進するタイプでしょうか? 出資しているラッシュラッシーズの13と比較すると後者のハチャメチャなフォームだがパワー満載とは丁度対称的ですね(笑)

懸念材料はやはり預ける先生というよりジョッキー問題なんでしょうね。勝ちあがり率は立派なのですが、起用騎手率が28%の方、22%の方とそれだけで半数占めており、どちらかというとメインレースより下級条件に強いタイプなので、上級条件コツコツで目指せ1億円になる可能性があります。


シャルマンレーヌの13(父ハービンジャー)牝馬 1500万

D_02360032_e


阪神JF1番人気だったロカと同じハービンジャー×ダンスインザダーク配合で一気に口数が減って残口警報発令しています。ただここからはすぐには減らないと判断しこちらに分類しました。
現時点の馬体は後ろのトモが少々のっぺりしている感がありますが、動画見た感じでは首を上手く使えて走れているように感じました。後、歩き方はお上品でリズムありますね。これから調教ペースを上げて後ろにメリハリ出てくるか判別できるまで残っていてほしいですね。


ミリオンウィッシーズの13(父Manduro)牝馬 1800万

D_02360022_e_3


普通に考えると、ルシルクの13・シーズライクリオの13と同じ値段なのでそちらにいくでしょう。コンパクトにまとまってますがまだまだ小柄ですし、走りも現時点ではふらつき気味ですので。
ただ、時計以上に走ってる姿が素軽く速く見えますので、ギリギリまで様子見して夏までに二回り成長遂げれば面白そうです。


今回の記事及び写真はシルクホースクラブ様の許可の元、ホームページより転載させていただきました。


ロードサラブレッドオーナーズ様様子見芝馬


ジャズキャット'13(父ダイワメジャー)牡馬 3024万

1306_e


写真はカタログ募集時のものですが、体重は11月末時点で464kgと15kg成長してますね。現時点では前が特に立派な作りで飛節もしっかりしているのは好感が持てます。母は高齢になってきましたが、牡馬に生まれた産駒はコンスタントに活躍してますので、後は今年より始まる動画更新まで様子見したいですね、残口警報発令してますが。厩舎はキャロットさんやシルクさんでは経験出来ませんのでここも魅力的ですね。


レディサファイア'13(父ダイワメジャー)牝馬 1620万

1315_e


多分私はダイワメジャーらしい馬体が好きなのかもしれません。この仔も前が立派な作り、後ろ脚のパーツも丈夫そうな日高っぽいイメージの出来ですね。こちらはタップリと様子見できそうですので、願わくば上級条件までいけそうなレベルまで成長してほしいですね。


レディフューチャー'13(父ロードアルティマ)牡馬 1080万

1306_e_2


最近何故か気になってきた馬ですね。写真で分かる程後ろが流れていますね。ただ身体のパーツ自体は良さそうな部分もあって、母の仔出しも牡馬の場合は3打数2安打で準OP突破してますので、これからの成長次第で出資するのも面白そうな1頭かもしれません。


今回の記事及び写真は、株式会社ロードサラブレッドオーナズクラブ様より許可を得て転載させていただきました。

2015年1月 2日 (金)

様子見馬残口警報編

現在明け2歳馬をキャロットさんで牝馬一頭、シルクさんで牡馬一頭・牝馬一頭、ロードさんで牡馬一頭を出資しております。そして、現在様子見している仔達がいましてタイプは3タイプに分かれてます。

①残口警報発令満口なってもおかしくない(マチカネホレルナヨの13は元旦に無念の満口)
②まだまだ様子見出来そうな芝の格安馬
③シルクさんのトレーニングセール募集予定? と比較したいダート馬


今回とりあげるのは①の残口警報の仔達です。


キャロットクラブ様残口警報馬

ファーストチェアの13(父メイショウサムソン)牡馬


2e9c279c2014122682629ec1ff1c2828


12年産もメイショウサムソン産駒を注目していましたが、私多分このタイプの野武士的な雰囲気が好きなんでしょうね。坂路動画はなんと申しますかブレブレでまだ制御できない感じですがパワーは間違いなくありそうですので、中山中距離以上でしぶとく走れれば…でしょう。


キッズトゥデイの13(父ダイワメジャー)牡馬

97111ae82014122682629ec1f93477f3_2


皮膚病で刈り上げた毛並が痛々しいですが、柔らかさより硬さというかパワー全開の走りですね。身体も骨太で5月生まれで今も早いペースの調教組に入りながら成長してますから化けそうなイメージもあります。欠点はやはり右前脚。ラッシュラッシーズの13に出資して気にするなとツッコミ飛びそうですが、この部分から最初はダートという可能性ありますね。

ファーレサルティの13(父タニノギムレット)

B900e5ac2014122682629ec1c1c10d6b


ロベルト系だなと分かる骨太でがっしりしたタイプですね。これで5月生まれですから化ける要素はアリとみています。動画は軽めながらもしっかりとまっすぐ走っているのは良さそうですね。懸念はコメントから窺わさせる気性爆発かと。


この度のテキスト及び写真はキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


シルクホースクラブ様残口警報馬

ルシルクの13(父ダイワメジャー)牝馬

D_02360008

ダイワメジャー牝馬で馬格もあり、動画の走りもまっすぐに綺麗に走ってますから好印象ですね。シルクさんの残口馬牝馬2強の一角と呼んでも差し支えないでしょう。芝ダート不問でダイワメジャーの庭である中山1600に出走しやすそうなのは関東で逆に良いかもしれませんね。


シーズライクリオの13(父ステイゴールド)牝馬

D_02360012

写真・動画見る限りでは2000万以下なのに文句なしに良い馬だと思います。後ろの蹴り足も強くて跳ね上がるチップの量も凄いです。悩ましいのはステゴ牝馬は現在半分埋伏の毒の計にかかっている仔抱えてまして、若干トラウマ気味のことです(笑)


今回の記事及び写真はシルクホースクラブ様の許可の元、ホームページより転載させていただきました。


ノルマンディーオーナーズ様残口警報馬

テンザンローズの13(父ベーカバド)牝馬

会員になっていない為写真未掲載。

良い身体してますよね。毛艶はやはり冬毛ということもあり今は見栄えしませんが、しっかりとした前後の脚、繋ぎの長さや飛節の作りも良い感じです。欠点はこの仔に出資すると4クラブ目になってしまうことと、上が大活躍したことでマイナー新種牡馬なのに今回の候補で一番高額の一口59000円になってしまうことですね。


以上6頭です。率直に申し上げて皆さまの背中押し待ち状態ですので、ご意見ご感想お待ち申し上げております。

新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
昨年は皆さまのお力添えのおかげで素晴らしい一年を送る事が出来ました。今年も皆さまの出資馬と共に一年レースが楽しめるよう頑張りたいと思います。

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

カテゴリー

ウェブページ

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31