無料ブログはココログ

ノルマンディーオーナーズクラブ様出資馬

カテゴリー

ウェブページ

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« スプランドゥール1月12日(月)3歳未勝利戦2200m出走 | トップページ | スプランドゥール2戦目は9着 »

2015年1月11日 (日)

出資馬近況1月中旬

高梨選手圧巻の一言ですね。風が強めの追い風という悪条件引かなければ、ヒルサイズ付近の97m2回に98mで全てテレマーク入れてますから他の選手はお手上げでしょう。


ロードサラブレッドオーナーズ様出資馬


ヴィーヴル(レディブラッサムの12)

2014.12.29
ヴィーヴルは、滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン18~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「どちらかと言うと背が高くてスラッと見せるタイプ。ただ、それを差し引いても幾らか寂しく映りますね。どうも臆病な面を持っており、気持ちが張っている様子。食べても身に付かぬのは、そんな性格も多分に影響を及ぼしているのでは・・・」

今回の記事は、株式会社ロードサラブレッドオーナズクラブ様より許可を得て転載させていただきました。


キャロットクラブ様出資馬

ブレイクエース(キューの12)

1/7  ムラセF
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「この中間もいい意味で変わりない様子を見せてくれています。日によって差はありますが、大きく変わることなく調整を行えていて心配になることはありません。今のところ東京の後半戦かその後くらいを最短の目標にしたいと思っていますが、成長も促していきたいので、引き続き様子を見ながら柔軟に考えていきます」(戸田師)


レオパルディナ(ビオンドパンテーラの12)

1/6  NFしがらき
軽めの調整を行っています。「年末、年始にかけても基本的には角馬場などでのフラットワークを中心にじっくりと動かしています。目標のレースまではまだ少し時間がありますし、今はペースアップに向けた下地造りの段階として、もうしばらくは体をふっくらさせていきたいですね。体調面などは問題なく来ていますよ」(NFしがらき担当者)


この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


シルクホースクラブ様出資馬


ペルセヴェランテ(ダイヤモンドビコーの12)

2015/01/08 <所有馬情報>  -----------------

在厩場所:美浦トレセン
調教内容:南Wコースで8日に時計
次走予定:1月24日の中山・若竹賞〔横山典弘〕

調教師「デビュー戦から手綱を取ってくれた戸崎騎手が当初は京都へ行く予定だったようなのですが、結局中山で乗ることになったそうです。でも、すでに横山典騎手に依頼をしているので今回は横山典騎手で行こうと思います」


2015/01/08 <調教タイム>  -----------------

ペルセヴェランテ
 助 手 8南W良 55.6- 40.1- 13.5 馬なり余力
  サトノセレリティ(古500万)強目の外に1.8秒先行0.2秒先着


2015/01/07 <所有馬情報>

在厩場所:美浦トレセン
調教内容:南Pコースで4日に時計
次走予定:1月24日の中山・若竹賞〔横山典弘〕

調教師「体つきが変わってきましたね。腰回りが一回り大きくなってきました。馬体重も10㎏程増えて戻ってきました。元気があるし、体調は良さそうです。予定通り中山4週目の若竹賞に向かいますが、当日は戸崎騎手が京都牝馬ステークスに騎乗するため、今回は横山典弘騎手に依頼しました」


2015/01/06 <調教タイム>

ペルセヴェランテ
 助 手 4南P良 72.2- 56.0- 40.6- 12.2 馬なり余力
  アンブリッジローズ(古1000万)馬なりの外に1.3秒先行同入


2015/01/03 <調教タイム>

ペルセヴェランテ
 助 手 31南W良 72.9- 57.0- 41.6- 13.3 馬なり余力
  アンブリッジローズ(古1000万)馬なりの外に2.0秒先行同入


バトナージュ( フェートデュヴァンの12)

2015/01/09 <所有馬情報>  -----------------


在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:周回コースで軽めのキャンターと週2回は坂路コースで14-13
次走予定:未定

調教師「先週末に左前の球節が腫れたので少し楽をさせましたが、週明けには良くなったので、また乗り出しています。動き自体はまずまず良くなってきましたが、毛艶がもう一つなので、もう少し時間を掛けて良くしていきたいですね」馬体重488㎏


アコースティクスの13

2015/01/05 <所有馬情報>  -----------------


アコースティクスの13

ノーザンファーム空港在厩。週3回屋内坂路コースでハロン18~19秒のキャンター1本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター1,600mの調整。担当者は「馬体面の成長を促すため、この中間は登坂回数を1本に減らしていますが、脚元・体調面に不安はありません。ディープ産駒らしい気性と身体能力の高さを感じさせますが、まだ馬体が追い付いてきていない段階ですので、焦らずじっくり進めていきます」とコメント。馬体重428㎏

D_02360027_e


ラッシュラッシーズの13

2015/01/05 <所有馬情報>  -----------------

ラッシュラッシーズの13

ノーザンファーム早来在厩。週3回角馬場調整の後に屋内坂路コースでハロン17秒のキャンター1本、週2回周回コースでハロン20秒のキャンター2,000m、残りの日は角馬場でダクの調整。担当者は「以前は腹回りに余裕がありましたが、今はだいぶスッキリしてきて、トモの張りもとても良いですね。前捌きの硬さも少しずつ良化してきました。少しわがままな面はありますが、いつも前向きで元気一杯です。これから徐々にペースを上げていきます」とコメント。馬体重477㎏

D_02360049_e


今回の記事及び写真はシルクホースクラブ様の許可の元、ホームページより転載させていただきました。


ヴィーヴルは未だ精神面で不安があるようですね。父ディープという血統面から何とか1勝すれば、夏の期間に心身共に成長する可能性ありますので、個人的にはそこに賭けようかなと。

ブレイクエースは夏滞在していた事もありゆっくり休養中ですが、昨夏に暑さに弱いことが判明したので春までが勝負です。
レオパルディナは6月デビュー→1ヵ月半放牧→夏2戦→1ヶ月お休み→秋冬で2戦→恐らく2ヶ月前後休養と理想的なローテーションですね。自らの力で高橋康之先生の厩舎のエースの力をもぎ取ったのが大きいです。


ペルセヴェランテは良いサイクルに入ったかもしれませんね。乗り込みながら腰周りが成長したということですから馬体の後ろ部分がしっかりしてきたようで頼もしいですね。
バトナージュはじっくりじっくりです。心身共に癒されてまた元気取り戻せばもしかしたら…でしょう。

アコースティクスの13は少し緩めながら乗ったことが良かったのか先月より若干身体の隆起がはっきりしているように感じますね。運動神経は高いと「個人的」に見ていますので、このままの方向で成長していけば弾けるディープになるかもしれませんね。

ラッシュラッシーズの13は…どうなんでしょう?(笑)
身体の上半身の肉付きと瞳は好みですが動画の走りのフォームがハチャメチャですよね。右前脚の上がり方が半端なく後ろ脚の蹴った力で舞い上がるチップの量も凄まじい。まぁ、これからの調教で変わってくる可能性もありますし、実際本番で走ってみないと分からないかなぁ…。ただ省エネ走法は無理でしょう。

« スプランドゥール1月12日(月)3歳未勝利戦2200m出走 | トップページ | スプランドゥール2戦目は9着 »

出資馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出資馬近況1月中旬:

« スプランドゥール1月12日(月)3歳未勝利戦2200m出走 | トップページ | スプランドゥール2戦目は9着 »