« 出資馬近況1月中旬 | トップページ | 頭から離れず »

2015年1月12日 (月)

スプランドゥール2戦目は9着

スプランドゥール

1/12  角田厩舎
12日の京都競馬ではまずまずのスタートも行き脚がつかず後方から。3コーナー過ぎから徐々に進出し、直線はジワジワ伸びて9着。「道中ちょっとフワフワしたりして、遊ばれてしまいました。3コーナーの下りからはスムーズに勢いがつきましたし、直線も手応え以上に伸びてくれただけに、自分がもっとしっかり乗っていればまた違ったと思います。申し訳ありません。返し馬の感触や終いの脚からは、まだこれから良くなりそうですし、距離もこのぐらい長くていいと思います」(小崎騎手)

「着順こそ9着と良くありませんでしたが、終いの伸びは目立ちましたし、内容は初戦より進歩があったと思います。ジョッキーも遊ばれてしまったと言っていましたが、まだ精神面で幼い部分もありますし、馬体もパンとしきれていないので、焦らず成長を促していきたいですね。今回は優先出走権を確保できなかったこともありますし、一度放牧に出すことも考えています」(角田師)

道中は最後方追走でなかなか動けませんでしたが、直線追い出してからの伸びは見どころがありました。心身ともに成長の余地を残していますし、レースを経験しつつの前進に期待したいと思います。このあとは馬体をチェックしてから決定しますが、ひと息入れることも検討しています。


この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


レース自体はそう悲観したものではなかったですね。ゲートと行き脚が良くなく後方からの競馬でしたが、ジョッキーは遊ばれたと仰っていましたが精神面でまだ幼いということでこれは責任は全くないですね。そこから内の経済コース追走して最後の4コーナーだけ外に持ち出し、1着以外前が団子状態の集団を除いて差しきっての上がり2位ですから、これからレース慣れして中団・前目とポジション取る事が出来れば戦えそうな感じですね。

ただこの仔の場合、トレセンでの追い本数自体が少ないように感じますので、2月に同距離ありますし小倉もありますから、個人的には続戦してほしい気持ちもありますね。前で競馬する事に慣れるのに時間かかりそうでもありますし。

« 出資馬近況1月中旬 | トップページ | 頭から離れず »

スプランドゥール(ブルーラスターの12)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スプランドゥール2戦目は9着:

« 出資馬近況1月中旬 | トップページ | 頭から離れず »

カテゴリー

ウェブページ

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31