« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月28日 (土)

コンサドーレ札幌戦力分析2015 MF編

小野がテストマッチで負傷し、手術に踏み切った場合だと全治4~6ヶ月という事態になりました…。選手層が一番厚いポジションとはいえ、やはり開幕に向けて痛いとしか表現できません。


CMF 戦力A 選手層B 伸びシロA

メインはCB起用だが経験値は突出している稲本、昨季東京Vで心臓の役割だったニウドを迎えて、そこにイングランドスタイルのCMFとしてJ2上位の上里、起用貧乏の気があるがリンクマンとして計算出来る宮澤と高いレベルのポジション争いが展開。

現在別メニュー調整の札幌の至宝候補深井と、WB兼任だが上里の代役を目指す堀米と若手で伸びシロたっぷりの選手に、欧州時代はCMFでレジスタ起用が多かった小野も負傷回復後はここでもOKなのは心強い。
他J2チームでこのポジションの選手が個人昇格や契約満了の高レベルの外国籍選手が出た為、相対的に評価
を上げてC大阪に次ぐ戦力と判断。


OMF 戦力B 選手層A 伸びシロB

このポジションは戦力を昨年より一段階下げたのはC大阪と大宮のレベルと比較して一段劣ると判断。
内村・前俊も当然良い選手だが、アーリアジャスール・楠神・家長辺りと比べるとJ1経験の差で後者に軍配。

1トップ2シャドー採用での現時点の序列は昨季飛躍を遂げた中原と内村がファーストチョイスにFW登録のナザリトが追う。まだチーム連携に馴染んでない理由でナザリドが出遅れているが、昨季の実績考えると彼を柱に据えてもう1人にチャンスメイカー起用が理想か?
そのケースだと前俊が良い…と言いたいところだが、そうなると両サイドが過労で大変そうなので運動量が多く出し切れる選手がベターか。そういう意味では中原を軸に宮澤をここで起用も面白いかもしれない。

イルファンに関しては掴んでいる情報量が乏しいが、中原のポジション奪取が目標だろう。神田・菊岡は今年が正念場の年。
俺達のスナさんはMFならどこでもこなせるポリバレント性から考えるとやはり外せない。


追記
マリノス強烈な補強に成功しましたね。アデミウソンってFootball ManegarでU-20候補でエース張ってる有望選手なんですよね。評価額220Mでウチでは獲得無理ですから、何とか契約切れを狙ってな選手です。

2015年2月27日 (金)

コンサドーレ札幌戦力分析2015 GK・CB・WB編

昨年と同じくJ2レベルでの戦力分析を素人目ですが。
評価はJ2レベルを基準としたA~Eで、項目は戦力(スタメン・ベンチクラス)・選手層(不測事態で最小限の戦力低下で防げるかと過密日程時のローテーショーン)・伸びシロ(1年の中で伸びる選手が出てくるか)の3つです。


GK 戦力B 選手層C 伸びシロB

ホスンが個人昇格を果たして今回は金山が正GKでほぼ決まりだろう。昨年より評価を下げたのは単純に降格チームに韓国代表キム・ジンヒョン在籍するC大阪やら、J1レベルの加藤・塩田を揃えた大宮がいるので相対的に下げただけで力量自体は文句なし。セカンドGKはベテランの杉山に若手のU代表ク・ソンユンと阿波加が挑む。ソンユンはトレーニングマッチで失点に直結するミスをやらかした模様だが、試合経験に乏しいのでチャンスが巡ってきた時どれだけ出来るかだろう。


DF(CB) 戦力B 選手層B 伸びシロC

不動のCB奈良が抜けたのは確かに痛い。だが、今期はメインを3バックで挑むので4バック時より、止めるやカバーするに特化したタイプがいればまだマシとも言えるので、マイナス分は奈良、プラス分は稲本・福森に昨季覚醒したパウロンと地味に穴埋めは出来たか?

現時点では左サイドDFに櫛引・福森が争っている模様。中央はキャプテンの怪我明け具合と稲本の復帰により現時点では稲本。右サイドDFはパウロンがメインでWB兼任の小山内と薗田がアピール。
福森・小山内はまだ若くレギュラーを奪えた時1ランク上の選手になる可能性は十分ある。
ユース昇格の進藤はまだベンチ入りには遠い状況だが、J3のU-22選抜入りを目標にするのが現実的かもしれない。


WB 戦力C 選手層A 伸びシロA

ある意味横一線状態で誰が抜け出すか分からない。J2でも屈指と言えるレベルのサイドプレイヤーは挙げられないかもしれないが、それぞれ特色を持った選手が若手からベテランまで揃ったのは贅沢な悩み。

左WBは石井と古田の壮絶な争い。石井は90分間通じて走りとおし数多くのタスクをこなす潤滑油、古田は現時点で自分が置かれている立場に危機感を持ったのか、トレーニングマッチでは2本目組で猛アピール。左サイドに突破力を求めるのなら後者、バランサーとして置きたいなら前者だろう。昨季J3で経験を積んだ堀米は現時点では苦しいが、複数ポジション出来るのは強みを生かしてベンチ入りを狙う。

右WBは荒野が1組目で2組目に前兄という序列の模様。前回のテストマッチでは前兄がアピールに成功し、ユース育成組がしのぎを削る。昨シーズンチームは違えど共にレギュラーとして経験を積んでおり、この競争がお互いを高めてくれれば上原慎が怪我から復帰して謙伍が右にスライドへという状況も起こらないかもしれない。

2015年2月26日 (木)

サッカー強化期間

メインの一口馬主関連は来月新たな発表が出きると思いますが、Jリーグの開幕が3月7日に迫ってきましたので暫くはコンサドーレ札幌及びJ2関連の話題が主体になりますのでご了承ください。

2015年2月22日 (日)

出資馬近況2月下旬シルクさん編

シルクホースクラブ様出資馬


ペルセヴェランテ(ダイヤモンドビコーの12)

2015/02/20 <所有馬情報>

在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:トレッドミル
次走予定:3月22日の中山・1600芝

担当者「楽させている割には、左トモの状態はあまり良くなってきません。原因がまだはっきりしないのですが、今後も良く検査をしてみます。今後の回復具合では予定を延期することになるかもしれません」馬体重490㎏


2015/02/13 <所有馬情報>

在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:トレッドミル
次走予定:3月22日の中山・1600芝

担当者「先週末、坂路で速いとこ行った後、左トモに違和感を覚えたので、今はペースを落として様子を見ています。少し疲れが出たのかもしれませんね。これでは中山2週目に行くには無理があるので予定を延期します。今のところ中山4週目辺りと考えていますが、この後の状態次第になりますね」馬体重500㎏


バトナージュ(フェートデュヴァンの12)

2015/02/20 <所有馬情報>

在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:周回コースで軽めのキャンターと週2回は坂路コースで14-13
次走予定:3月21日の中山・1800芝(牝)

担当者「本当に良くなるのはまだ先だと思いますが、こちらに来た当初に比べるとだいぶ動けるようになっていますし、前走のようなことはないと思っています。来週辺り帰厩になると思います」馬体重495㎏


2015/02/13 <所有馬情報>

在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:周回コースで軽めのキャンターと週1回は坂路コースで15-15、週2回は14-13
次走予定:3月21日の中山・1800芝(牝)

担当者「先日、伊藤先生が来場され確認していかれましたが、『だいぶしっかりしてきましたね』と仰っていました。まだ冬毛が残るものの、だいぶ抜けてきましたし、競馬の頃には良くなっていると思います。次走では前回のようなことはないと思います」馬体重488㎏


アコースティクスの13

2015/02/04 <所有馬情報>  -----------------


アコースティクスの13

ノーザンファーム空港在厩。週3回屋内坂路コースでハロン18秒のキャンター1本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター1,600mの調整。担当者は「この中間は1週間程度、ウォーキングマシンとトレッドミルでの調整に留めて楽をさせましたが、心身共に良いリフレッシュ出来たようです。変わらず動きは柔軟で、サイズを感じさせないほどのエネルギーを感じさせてくれます。精神面では少々気の強いところがありますので、競馬に向けてしっかりとコントロール出来るように気を付けて進めていきます」とコメント。馬体重427㎏


D_02380027_e

2月更新

D_02340031_e

11月更新


ラッシュラッシーズの13

2015/02/04 <所有馬情報>  -----------------


ラッシュラッシーズの13

ノーザンファーム早来在厩。週3回角馬場調整の後に屋内坂路コースでハロン17秒のキャンター1本、週2回周回コースでハロン20秒のキャンター2,000m、残りの日は角馬場でダクの調整。担当者は「以前は腹回りがスッキリし過ぎていた印象があったのですが、しっかりカイバも食べトレーニングを積んでいることで、今は丁度良い感じですし、トモの張り具合も変わらず良いですね。走りに対しても前向きで良いのですが、少々全体的にまだ力不足に感じる所があるので、今後パワーアップできるように、しっかり負荷を掛けた調教を行っていきたいと思います」とコメント。馬体重485㎏

D_02380049_e_2

2月更新

D_02340052_e

11月更新


シャルマンレーヌの13

2015/02/04 <所有馬情報>  -----------------

シャルマンレーヌの13

ノーザンファーム早来在厩。週2回屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本、残りの日は周回コースでハロン20秒のキャンター1,800m~2,000mの調整。担当者は「この中間から坂路でのペースをハロン16秒まで上げていますが、難無く対応してくれています。見た目の感じよりも騎乗時のトモの動きがしっかりしていて、背中の感触も良いですね。坂路を駆け上がる時のトビも大きく、乗っていて力強さを感じます。ここまで疲れも無く順調に来れているので、このまま進めていきます」とコメント。馬体重459㎏

D_02380032_e


今回の記事及び写真はシルクホースクラブ様の許可の元、ホームページより転載させていただきました。


ペルセヴェランテは無理せずに、ダービートライアル期間に500万下で戦えれば御の字かもしれませんね。焦らずじっくり4歳以降を見据えてですね。

バトナージュは底を脱して何とか上昇曲線描くまで立て直しましたね。馬格は恵まれていますから、後は使いつつ何とか掲示板、そして未勝利脱出へ向けて夏が本番ですね。


アコースティクスの13は11月と比べると後ろに厚みが若干出てきましたね。走りの方も全体的には、まだ遅い調整ですが首を上手く使って低く走れる走法のように感じますね。

ラッシュラッシーズの13はなんとなくですが、スプリンターの体型になってきてますね。走り自体が人間で例えると、アコースティクスの13がサッカー選手のような腰を低くしてギアチェンジをスムーズにした機動型で、ラッシュラッシーズの13が陸上のスプリンターのような腰を高くして脚を地面に垂直に叩き付けた反動で進む爆発力型かなと。

シャルマンレーヌの13は比較写真ないのですが、まだフィジカル要素で伸びシロありそうながら動画自体は良さそうですね。若干ふらつきながらの走りですが既に15秒台出してますし、芯がしっかりすれば良い所目指せるかもしれません。

2015年2月19日 (木)

出資馬近況2月中旬ロードさん、キャロットさん編

ロードサラブレッドオーナーズ様出資馬


ヴィーヴル(レディブラッサムの12)

2015.02.17
ヴィーヴルは、滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン15~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「週2回の割合で強目の稽古を課すように。数日中にトレセンへ・・・との話を踏まえ、最終的な仕上げに取り掛かりました。体調は安定しており、いつ声が掛かっても大丈夫。ちょっと時間を要したものの、無事に送り出せそうなのが何よりです」

2015.02.10
ヴィーヴルは、滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン15~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「毎日のトレーニングを無難に消化。及第点の動きを見せており、馬体重も440kg前後をキープ出来ていますよ。近日中に安田先生が来場の予定。改めて状態チェックを行ない、そこで具体的な帰厩スケジュール等が示されるのかも知れません


ロードアルティスタ(エルテアトロの12)

2015.02.17
ロードアルティスタは、三石・ケイアイファーム在厩。休養。
・当地スタッフ 「現在も舎飼い。もう少しの間は同様の生活パターンが続くと思います。今のところは穏やかな雰囲気。ストレスを溜め込んでいるような素振り等は窺えませんよ。今後も定期的に獣医師のチェックを受け、焦らずに取り組む姿勢が大事でしょう」

2015.02.10
ロードアルティスタは、三石・ケイアイファーム在厩。休養。
・当地スタッフ 「もうすぐ骨片の除去手術を行なって1ヶ月に。ここまでの経過は概ね良好だと思います。とは言え、まだまだ先の長い道のり。次の段階へ進むまでには相応の時間が必要でしょう。サンシャインパドックでの放牧も自重。安静を保つ方針です」


今回の記事は、株式会社ロードサラブレッドオーナズクラブ様より許可を得て転載させていただきました。


キャロットクラブ様出資馬

ブレイクエース(キューの12)

2/19  戸田厩舎
18日、19日は軽めの調整を行いました。「先週はいいところも見られましたが、前半で力んでしまいそれが影響したかなと思います。血統的にあまり引っ張りすぎると嫌気をさしかねませんし、消耗もしてしまうことから多少は譲ってくれてもよかったのかなと言う見方もありますよね。ただし、そのような荒削りの中でも掲示板を確保しているように、スムーズならばさらに上を目指せたでしょうし、力も通用することがわかりましたので何とか結果を出したいところですね。現在はレース後の状態を見ているところですが、特に変わった様子は見せません。今の出馬状況などからも、堪えていないようであればもう一回このまま行ければと思っていますので、基本的には続戦したいと考えています。レースに関しては現在検討しているところですが、おおよそ中2~3週での出走を目指していくことになると思います」(戸田師)


スプランドゥール(ブルーラスターの12)

2/17  NFしがらき
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も、坂路でハロン17秒程度の乗り込みを続けています。まだペースアップはしていませんが、角馬場でのフラットワークにも時間をかけるようにして、頭の位置や体の使い方をしっかり確認しつつ進めています。これでタメが利いてくれば、速い脚も使えるようになってくるはず。いい方向には来ていますから、少しずつ終いを伸ばして態勢を整えていきます」(NFしがらき担当者)

2/10  NFしがらき
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「先週に引き続き、坂路でハロン17秒くらいのところを乗っています。動きに関しては以前よりも力強さが増しているようにも思えますし、全体的に成長が窺えますね。今のところは順調に進めることができていますので、ペースアップに向けてこの調子で徐々に乗り込んでいきたいと思います」(NFしがらき担当者)


レオパルディナ(ビオンドパンテーラの12)

2/19 高橋康厩舎
19日は軽めの調整を行いました。「水曜日、無事に帰厩しました。今朝は坂路を軽く上がっていますが、特に問題なく順調に動かせています。いいリフレッシュができたようで体も大きく見せていますし、環境が変わってもカイバをしっかりと食べてくれています。この感じならしっかり攻めていけそうですね」(高橋康師)3月15日の阪神競馬(フィリーズレビュー・牝馬限定・芝1400m)に出走を予定しています。

2/18 高橋康厩舎
18日に栗東トレセンへ帰厩しました。

2/17 NFしがらき
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「先週と同様、この中間も坂路を中心とした乗り込みを行っています。15-15程度のところをやっても変にうるさくなるようなこともありませんし、動きにもスピード感があっていい走りをしていますよ。毛ヅヤも少しずつ良くなってきています。今週中の帰厩と聞いていますので、こちらもそのつもりで進めていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

2/10 NFしがらき
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も引き続き、坂路中心の乗り込みを行い、終いも15秒近くまで伸ばしています。相変わらず毛ヅヤはまだパッとしませんが、動きは軽やかですし、落ち着いて走ることができているのは好感が持てますね。始動戦となるフィリーズレビューに向け、今月の下旬あたりに帰厩と聞いていますので、いい形で送り出せるよう進めていきたいと思います」(NFしがらき担当者)


エクディス(マギストラの13)

2/13  NF空港
馬体重:410kg 

現在は400m周回ダートコースで軽めのキャンター1600mの調整を中心に、週3回900m屋内坂路コースをハロン17~18秒のキャンターで1本登坂しています。ハロン17秒ペースをスタートしていますが、現在のペースのキャンターにもだいぶ馴れてきたようでこの馬らしい伸び伸びした走りになってきました。まだテンションが高い面が見られますので、慎重に進めていければと思います。

1/30  NF空港
現在は400m周回ダートコースで軽めのキャンター1600mの調整を中心に、週3回900m屋内坂路コースをハロン18秒のキャンターで1本登坂しています。ここまではカイバを食べるのが遅い印象でしたが、以前と比べて改善が見られる点は好印象です。小柄な体ですが、坂路コースでの動きは良く、精神的にも成長しているので、無駄にテンションが上がりすぎることはありません。まだ良くなってきそうな雰囲気がありますので、状態を見ながら慎重に接していければベストと考えています。


この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


ヴィーヴルは今頃戻っているのでしょうか? 
何とか精神的に大人になってくれれば…ですね。復帰戦は牝馬限定に拘って中京で使うか、阪神の混合戦で戦うかは先生の判断に注目です。

ロードアルティスタは精神面はやはり強いものがありそうです。現実的に考えるといきなりスーパー未勝利は厳しいでしょうから、地方転厩して再募集かかれば…ですね。


エース君はレース後何事もなく続戦が決まりまずはほっとしました。中2か3だと中山芝の1800・2000ありますので、優先権も確保してますから後は調教でどれだけ上積み見せれるかですね。

スプランドゥールも来月の中京2200か阪神2400照準ですと、逆算して来週辺りに戻るかもしれないですね。

レオパルディナはクラシックが大目標というタイプとは言い難いので、次のフィリーズレビューでメイチに仕上げるかもしれません。そこで馬券内に入るようでしたら、夏以降のスプリント路線でも戦える指針になりそうです。

エクディスは体重は若干伸び悩み気味ですが、走るフォームは体重のハンデを感じないブレなく低くまっすぐに坂路登れてますので好印象です。


蛇足ですが本日発表されたキャロットさんの2歳馬馬名で、クラブ期待の有力馬の名前を見て銀○英○伝説のファンの方がつけられたのかなと思ったのは私だけではないですよね。

2015年2月16日 (月)

ブレイクエース、休み明け緒戦は優先権確保

ブレイクエース

2/14  戸田厩舎
14日の東京競馬ではテンに力みがあったことで中団後方を慎重に進め、直線ではジリジリと脚を使うも5着まで。

「う~ん…、直線では最後まで脚を使ってくれましたし、もう少し前で流れに乗ることができれば良かったです。スタート後の1ハロンあるかないかくらいなのですが、ちょっと力みがあったんです。結果的にそこで控える意識が強くなってしまったのかもしれませんが、そこをクリアしてくれてからは、素直でいい子でした。先生からは物見などに気をつけてとレース前に言われていましたが、今日はそれが目立つことはなかったですし、本当に流れひとつでまた違ったと思います。上手くいかず申し訳ないです」(岩田騎手)

「ペースがそれほど流れなかったですし、結果的に道中の位置取りの差はあったかなと思います。理想はもう少し前でリズム良くと考えていましたが、スタートして少し力んでしまったようですし、それによって余計に慎重になってしまったのでしょう。それでもトータルで見たら極端に集中力を欠くようなところはなく、真面目に走ってくれたと思います。前走から間隔が空いていたので一度使って上向いてくれるところもあるでしょうし、最低限の権利を確保してくれましたから、次はさらにいい走りをお見せできるようにしたいですね。今日はいい結果を出せず申し訳ございません」(戸田師)

結果的に流れが向かずに差を詰めきれませんでしたが、変にまわりに気を使うことなく走ることができましたし、次走は休み明けを一度使っての上積みにも期待したいところです。この後はレース後の状態を見ながらにはなりますが、反動が目立つようなことがなければ続戦する予定です。


この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


グリーンチャンネルを録画しての観戦でしたが、「前につければ」に尽きるでしょうね。マイルか1800で先行できるようになれば芝でも未勝利は脱出出来るかなといった印象ですね。ただ、現時点ですと古馬になってから芝でOP目指せるかというと正直疑問符つきますので、もう少し体幹が鍛えられてぶれない走りが出来ればダートのマイル~ミドルディスタンスで楽しめそうな感じがします。

2015年2月13日 (金)

ブレイクエースの3戦目は

久々のPC起動になりますね。


ブレイクエース

2/12  戸田厩舎
14日の東京競馬(3歳未勝利・芝2000m)に岩田騎手で出走いたします。

2/11  戸田厩舎
11日は美浦南Wコースで追い切りました(71秒0-56秒0-41秒5-13秒8)。「今週の競馬へ向けて今朝追い切りを行いました。これまでと同様にパートナーと2頭併せでしっかりと動かしています。先週の追い切りの動きが上々でしたし、今週はそこまで派手さは無いもののしっかりと反応していましたので良いのではないかと判断しています。まだ荒削りな印象はありますが、だんだん力をつけてきている状況にありますし、今回もさらなる前進を見せてくれたらと思っています。お姉ちゃんとの相性もいい岩田とのコンビで今回は向かいますから、違った一面を見せてくれたら嬉しいですね」(戸田師)14日の東京競馬(3歳未勝利・芝2000m)に岩田騎手で出走を予定しています。

2/5  戸田厩舎
4日は軽めの調整を行いました。5日は美浦南Wコースで追い切りました(69秒8-54秒1-39秒9-13秒5)。「先週も木曜日に時計を出しましたが、今週も同じく木曜日に追い切りを行いました。先週は3歳500万下クラスのポトマックリバーという動く馬との併せでしたが、並ばれてからも食らいつこうとしていましたし、印象は良かったんです。今週は相手が違いましたが同クラスのダイトウキョウとの併せでした。エースくんが少し離す格好で引っ張っていき直線で体を併せてしっかりと動かす内容のものでした。今回も相手に前へ出られましたけれど、ステッキにも反応を見せ、しぶとく伸びようとしてくれましたので、先週に引き続き悪くはないのかなと感じました。来週再び追い切ることになるでしょうし、さらに上昇させてレースへ臨めたらと思っています」(戸田師)14日の東京競馬(3歳未勝利・芝2000m)に岩田騎手で出走を予定しています。


この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


私もエース君も慣らし運転といったところですね。骨っぽいメンバーが勢ぞろいというわけではありませんから、目標掲示板確保でしょうか。

2015年2月 6日 (金)

キャンセル募集結果

昨年までとはいきませんが、今回も長くなりそうですのでiPhoneから結果報告させていただきます。
今回は六頭応募で全て落選です。応募馬は、コケレールの13、シルクプリマドンナの13、クラウンピースの13、ジュメイラジョアンの13、ディフィカルトの13、タイタンクイーンの13以上でした。

2015年2月 2日 (月)

シルクホースクラブ様キャンセル募集

何とか大丈夫だと思いますので、軽くですが会員の皆さまを震撼させたこの話題を。
私は翌日の日曜にこのメール確認したのですが、もう何と言うか昨晩はマイナス方向で祭りだったろうなと…。

さて、20口や50口は10口×人数分、40口以上もその方々がと推測されるのがあれですが、取りあえずは今年も昨年同様複数頭応募で何とか1頭確保できればの方針です。
現時点で内訳は牡馬5頭に牝馬1頭、関東1頭に関西5頭です。
そして本命馬は少数残口の仔で、対抗は逆に40口以上の仔ですね。

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

カテゴリー

ウェブページ

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31