無料ブログはココログ

ノルマンディーオーナーズクラブ様出資馬

カテゴリー

ウェブページ

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 出資馬近況2月中旬ロードさん、キャロットさん編 | トップページ | サッカー強化期間 »

2015年2月22日 (日)

出資馬近況2月下旬シルクさん編

シルクホースクラブ様出資馬


ペルセヴェランテ(ダイヤモンドビコーの12)

2015/02/20 <所有馬情報>

在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:トレッドミル
次走予定:3月22日の中山・1600芝

担当者「楽させている割には、左トモの状態はあまり良くなってきません。原因がまだはっきりしないのですが、今後も良く検査をしてみます。今後の回復具合では予定を延期することになるかもしれません」馬体重490㎏


2015/02/13 <所有馬情報>

在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:トレッドミル
次走予定:3月22日の中山・1600芝

担当者「先週末、坂路で速いとこ行った後、左トモに違和感を覚えたので、今はペースを落として様子を見ています。少し疲れが出たのかもしれませんね。これでは中山2週目に行くには無理があるので予定を延期します。今のところ中山4週目辺りと考えていますが、この後の状態次第になりますね」馬体重500㎏


バトナージュ(フェートデュヴァンの12)

2015/02/20 <所有馬情報>

在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:周回コースで軽めのキャンターと週2回は坂路コースで14-13
次走予定:3月21日の中山・1800芝(牝)

担当者「本当に良くなるのはまだ先だと思いますが、こちらに来た当初に比べるとだいぶ動けるようになっていますし、前走のようなことはないと思っています。来週辺り帰厩になると思います」馬体重495㎏


2015/02/13 <所有馬情報>

在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:周回コースで軽めのキャンターと週1回は坂路コースで15-15、週2回は14-13
次走予定:3月21日の中山・1800芝(牝)

担当者「先日、伊藤先生が来場され確認していかれましたが、『だいぶしっかりしてきましたね』と仰っていました。まだ冬毛が残るものの、だいぶ抜けてきましたし、競馬の頃には良くなっていると思います。次走では前回のようなことはないと思います」馬体重488㎏


アコースティクスの13

2015/02/04 <所有馬情報>  -----------------


アコースティクスの13

ノーザンファーム空港在厩。週3回屋内坂路コースでハロン18秒のキャンター1本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター1,600mの調整。担当者は「この中間は1週間程度、ウォーキングマシンとトレッドミルでの調整に留めて楽をさせましたが、心身共に良いリフレッシュ出来たようです。変わらず動きは柔軟で、サイズを感じさせないほどのエネルギーを感じさせてくれます。精神面では少々気の強いところがありますので、競馬に向けてしっかりとコントロール出来るように気を付けて進めていきます」とコメント。馬体重427㎏


D_02380027_e

2月更新

D_02340031_e

11月更新


ラッシュラッシーズの13

2015/02/04 <所有馬情報>  -----------------


ラッシュラッシーズの13

ノーザンファーム早来在厩。週3回角馬場調整の後に屋内坂路コースでハロン17秒のキャンター1本、週2回周回コースでハロン20秒のキャンター2,000m、残りの日は角馬場でダクの調整。担当者は「以前は腹回りがスッキリし過ぎていた印象があったのですが、しっかりカイバも食べトレーニングを積んでいることで、今は丁度良い感じですし、トモの張り具合も変わらず良いですね。走りに対しても前向きで良いのですが、少々全体的にまだ力不足に感じる所があるので、今後パワーアップできるように、しっかり負荷を掛けた調教を行っていきたいと思います」とコメント。馬体重485㎏

D_02380049_e_2

2月更新

D_02340052_e

11月更新


シャルマンレーヌの13

2015/02/04 <所有馬情報>  -----------------

シャルマンレーヌの13

ノーザンファーム早来在厩。週2回屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本、残りの日は周回コースでハロン20秒のキャンター1,800m~2,000mの調整。担当者は「この中間から坂路でのペースをハロン16秒まで上げていますが、難無く対応してくれています。見た目の感じよりも騎乗時のトモの動きがしっかりしていて、背中の感触も良いですね。坂路を駆け上がる時のトビも大きく、乗っていて力強さを感じます。ここまで疲れも無く順調に来れているので、このまま進めていきます」とコメント。馬体重459㎏

D_02380032_e


今回の記事及び写真はシルクホースクラブ様の許可の元、ホームページより転載させていただきました。


ペルセヴェランテは無理せずに、ダービートライアル期間に500万下で戦えれば御の字かもしれませんね。焦らずじっくり4歳以降を見据えてですね。

バトナージュは底を脱して何とか上昇曲線描くまで立て直しましたね。馬格は恵まれていますから、後は使いつつ何とか掲示板、そして未勝利脱出へ向けて夏が本番ですね。


アコースティクスの13は11月と比べると後ろに厚みが若干出てきましたね。走りの方も全体的には、まだ遅い調整ですが首を上手く使って低く走れる走法のように感じますね。

ラッシュラッシーズの13はなんとなくですが、スプリンターの体型になってきてますね。走り自体が人間で例えると、アコースティクスの13がサッカー選手のような腰を低くしてギアチェンジをスムーズにした機動型で、ラッシュラッシーズの13が陸上のスプリンターのような腰を高くして脚を地面に垂直に叩き付けた反動で進む爆発力型かなと。

シャルマンレーヌの13は比較写真ないのですが、まだフィジカル要素で伸びシロありそうながら動画自体は良さそうですね。若干ふらつきながらの走りですが既に15秒台出してますし、芯がしっかりすれば良い所目指せるかもしれません。

« 出資馬近況2月中旬ロードさん、キャロットさん編 | トップページ | サッカー強化期間 »

出資馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出資馬近況2月下旬シルクさん編:

« 出資馬近況2月中旬ロードさん、キャロットさん編 | トップページ | サッカー強化期間 »