« J2戦力分析2015 その2 | トップページ | コンサドーレ札幌開幕戦雑感 »

2015年3月12日 (木)

J2戦力分析2015 その3

E(自動降格もしくは入れ替え圏争い)
群馬・東京V・讃岐・金沢

群馬はFW・DFのレギュラーが抜けて、MFでかつての支柱だった松下の復帰に外国籍選手獲得でこの点はプラスとなかなか苦しいオフシーズンとなった。獲得したブラジル人トリオが未知数な事もあり、この部分で戦力にならないようだと厳しいか。

東京Vを昨年より1ランク下の評価にしたのは、センターラインの要の2人が獲られたというか1人獲得してごめんなさい。キム・ジョンピルの穴をウェズレイ、ニウドの替わりにU世代だった三竿がカバー出来ればこの枠の4チームの中では優位に立てるかもしれないが…。

讃岐は動きがどちらかというと少なかった。MF古田はレンタルバックFW西野が引退で、GK清水を山形からMF永田を群馬から補強。初戦は見事な勝利を挙げた模様だが、20位と差がついた状態で入れ替え戦挑んだ陣容から大幅なプラスとは言えないので、後はJ2というカテゴリーで1年戦い抜いた選手達がどれだけ成長したかで今期の運命は決まりそう。

金沢は経験豊富なJ2上位クラスの秋葉や、J2で戦ってきた廣井とチャ・ヨンファンを獲得とJ2残留に意欲的な補強し、開幕戦を大本命大宮に対してコンササポならどこか見覚えがある4バック全員CBという布陣であわやドローだったが最後は屈した。FWの駒数は足りているように見えるが、筆頭がJ2通算2シーズンで5得点の水永というのが全体的な質の面で劣るような気がする。


やっと終わりました…。個人的な感想ですので、サポーターの皆さまは素人の戯言としてスルーしていただければ幸いです。

« J2戦力分析2015 その2 | トップページ | コンサドーレ札幌開幕戦雑感 »

J2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: J2戦力分析2015 その3:

« J2戦力分析2015 その2 | トップページ | コンサドーレ札幌開幕戦雑感 »

カテゴリー

ウェブページ

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31