無料ブログはココログ

引退・再ファンド未出資馬

  • 12年産 ヴィーヴル ロードアルティスタ (再ファンド未出資) ペルセヴェランテ バトナージュ スプランドゥール レオパルディナ 13年産 ロードデスティニー ラッシュドリーマー レーヌドコロール エクディス マカレア 14年産 サーブルノワール ラグナアズーラ 15年産 ラプトレックス カラドゥラ リベラメンテ セドゥラマジー

« 初の白帽 | トップページ | 今週土曜は初の3頭出し »

2015年3月15日 (日)

レオパルディナ、3歳初戦は7着。

3/15  高橋康厩舎

15日の阪神競馬では五分のスタートから好位をラチ沿いに進む。いい手応えで直線を向いたが、前が壁になってなかなか追い出せなかったこともあって7着。

「最内枠でしたし、その利を活かすためにも脚を溜めて、直線で開いたところを割って出る戦法を取ろうと思っていました。実際に道中は思惑通りに運ぶことができましたが、直線で前を行く2頭が同時に下がってきてしまい捌ききることができませんでした。進路ができてからはジリジリ脚を使っているだけに何とも悔やまれます。結果に結び付けることはできませんでしたが、落ち着きもありましたし、雰囲気は2歳時よりも良くなっていましたね」(武豊騎手)

「最内枠ということで、前が壁になるリスクがあっても内で脚を溜める形がいいと思っていました。ジョッキーもそのとおり進めてくれましたが、やはりややごちゃつく場面はありました。ただ、前が開いてからはジリジリ脚を使っていましたし、ユタカさんも今日の内容ならマイルも大丈夫だろうと言ってくれました。あまりにも引っかかったりするようなら考え直す必要もありましたが、この内容ですし、この後は桜花賞に向けて進めていきたいと思います」(高橋康師)

結果は残念でしたが、好位の内で折り合って進められましたし、内容は悪くありませんでした。直線スムーズに前が開いていれば前との差はわずかだったでしょうし、1ハロン延びても対応してくれそうです。このあとはトレセンに戻って馬体を確認し、問題ないようなら桜花賞に向けて進めていく予定です。


この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


今日のレースは内枠3頭の騎手は頭抱えてるかもしれませんね…。

本番の桜花賞に参戦が決まりそうですが、メンバー考えると死んだふりしての強襲くらいしか思いつきません。
2歳女王の骨折で本命サイド絞れた感もありますが、今日の勝ち馬含めたマンハッタンカフェ産駒2頭は馬群で揉まれた経験ないので、刺客ステゴ牝馬の2頭が怖い存在かもしれません。

« 初の白帽 | トップページ | 今週土曜は初の3頭出し »

レオパルディナ(ビオンドパンテーラの12)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レオパルディナ、3歳初戦は7着。:

« 初の白帽 | トップページ | 今週土曜は初の3頭出し »

カテゴリー

ウェブページ

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31