無料ブログはココログ

引退・再ファンド未出資馬

  • 12年産 ヴィーヴル ロードアルティスタ (再ファンド未出資) ペルセヴェランテ バトナージュ スプランドゥール レオパルディナ 13年産 ロードデスティニー ラッシュドリーマー レーヌドコロール エクディス マカレア 14年産 サーブルノワール ラグナアズーラ 15年産 ラプトレックス カラドゥラ リベラメンテ セドゥラマジー

« J2戦力分析2015 その3 | トップページ | レオパルディナ、フィリーズレビューで始動 »

2015年3月12日 (木)

コンサドーレ札幌開幕戦雑感

年に数回しかTVで観戦する機会ないからと自分で言い聞かせました。プレミア等の全く思い入れのないチームの試合ですと負担にならないんですけどね…(苦笑)


迷ったがMOMはナザリト。1度めの1対1を見事に外したのはいただけないが、難しい方をアウトサイドで決めるところが過去のフィジカル系外国籍FWコンサの系譜を感じた。PK失敗は相手を退場に追い込んだので気にしないと言い聞かせる。1点目の都倉のシュートを詰めた場面も、都倉のこぼれたら頼むというメッセージが込められた角度のない位置からのシュートにちゃんと反応していたのは素晴らしい。

次点は稲本。一度だけチェイシングいったところを交わされて後方のスペースに侵入されピンチにはなったが、その場面以外はミスは思いつかず、正確なロングフィードは見事で守備の方も周りの選手を声で動かしながら、チャレンジする場面とカバーする場面の使い分けはチームの柱として効いていた。

福森は最後にやらかした場面はDFとして一度は通る道なので、これを糧として一回り成長して欲しい。

謙伍は本人は裏のスペースを使われたと言っていたが、90分を通じてゲームに関わる全てのタスクをこなしておりやはり3バックで戦うなら彼は外せない。サポの間ではイマイチ人気ないが(汗)

ク・ソンユンは最後に失点したが及第点以上のデビュー戦だった。やはりサイズを生かしたハイボール処理は一つの魅力なので、金山との守護神争いでお互い成長できればチームの財産になる。

« J2戦力分析2015 その3 | トップページ | レオパルディナ、フィリーズレビューで始動 »

北海道コンサドーレ札幌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンサドーレ札幌開幕戦雑感:

« J2戦力分析2015 その3 | トップページ | レオパルディナ、フィリーズレビューで始動 »

カテゴリー

ウェブページ

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31