無料ブログはココログ

ノルマンディーオーナーズクラブ様出資馬

カテゴリー

ウェブページ

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« キャロットさんのキャンセル募集 | トップページ | サッカーの小話 »

2015年3月29日 (日)

出資馬近況3月下旬

東海大四高が選抜ベスト4を決めました。甲子園分析・応援サイトだと恐らくCランク扱いでこんな成績上げるとは思わなかったでしょうね、道民すら。何はともあれ、下馬評を覆しての四強入りおめでとうございます。


ロードサラブレッドオーナーズ様出資馬

ヴィーヴル(レディブラッサムの12)

2015.03.25
ヴィーヴルは、レース後も特に異常は認められません。3月24日(火)に滋賀・グリーンウッドトレーニングへ移動。春以降のレース出走へ向けて心身のリフレッシュを図ります。
・安田調教助手 「レース後に裁決委員から呼ばれたぐらい。制裁には至らず済んだものの、随所に危険な動きが見受けられました。このままでは事故を招く可能性も。一旦リセットして再び取り組む予定ながら、非常に難しい状況に置かれているのは確かです」

2015.03.23
ヴィーヴルは、3月21日(土)中京6R・3歳未勝利・混合・芝1200mに松山騎手54kgで出走。18頭立て2番人気で7枠14番からハイペースの道中を5、4番手と進み、直線では外を通って2秒0差の17着でした。スタートで煽って1馬身の不利を受けました。馬場は稍重。タイム1分13秒2、上がり38秒3。馬体重は2kg減少の418kgでした。
・安田調教助手 「ラチへ突っ込もうとしたり、暴走するような場面も。返し馬から自分を見失っている様子でした。最後方から運ぶ形でもOK・・・と事前にジョッキーと打ち合わせ。出遅れ自体は許容範囲で済んだものの、そこから我慢が利かず・・・。4コーナーでは周囲を気に掛けており、その後はガス欠を起こした状態。内枠だったら更に危うかったかも・・・と松山騎手は感想を述べていました。どのように対処すべきか・・・。厩舎へ戻ってから改めて検討する方針」
≪2015年3月21日 中京6R 3歳未勝利(混) 芝1200m 稍重 18頭≫
1着テイクウォーニング 54藤岡康 1.11.2    (    1・1)37.1 468kg-2kg
2着ヘットロー     56北村宏 1.11.4 1.1/2(    11・10)35.9 488kg+4kg
3着デルマチョウスケ  54小 崎 1.11.5 3/4  (    9・8)36.1 432kg-8kg
17着ヴィーヴル     54松 山 1.13.2    (    5・4)38.3 418kg-2kg


ロードアルティスタ(エルテアトロの12)

2015.03.24
ロードアルティスタは、三石・ケイアイファーム在厩。休養。
・当地スタッフ 「馬房内で大人しく過ごしています。特別な報告事項は浮かばぬものの、それも現状を考えれば当然と言えるかも。少なくとも次の検査までは同様の生活パターンを続けるでしょう。焦りは禁物。今後も馬自身の状態に合わせて取り組む方針です」

今回の記事は、株式会社ロードサラブレッドオーナズクラブ様より許可を得て転載させていただきました。


やはり一番最初に出資した仔がヴィーヴルですから一番期待していたのが正直な気持ちでして、他のディープ2頭は屈腱炎、以下募集金額4位~6位までが未だ未出走と3歳世代は洒落にならない状態です。2歳世代のミスアリバイの13次第でクラブさんを…かもしれません。


キャロットクラブ様出資馬

ブレイクエース(キューの12)

3/26  戸田厩舎
25日は軽めの調整を行いました。26日は美浦南Wコースで追い切りました(71秒2-55秒9-41秒1-13秒6)。「先週は単走でゆったりと走らせるような追い切りを課していましたが、今週は1週前になりますし、少し負荷を求めるような追い切りを行いました。私が跨ったエースくんが3頭併せの先導役で、大外をじっくり立ち回り、直線で3頭体を並べるような形にしました。後ろから来てもいったん交わされてからも余裕があり、最後までしっかりと走れていましたよ。派手さはないかもしれませんけれど、動きは良かったので問題ないですよ。来週のマイル戦で引き続き圭太が乗ってくれそうなので、いい結果を出せるようにしっかりと調整していきます」(戸田師)4月4日の中山競馬(3歳未勝利・芝1600m)に戸崎騎手で出走を予定しています。


スプランドゥール(ブルーラスターの12)

3/25  角田厩舎
25日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は、思ったとおりズブいところを見せつつも、最後までしっかりと脚を使ってくれましたし、使いつつの成長は感じられた一戦でしたね。ただ、さすがにビッシリ追われて馬も使ったなりの疲れを見せている状態。中1週で2200mの番組はありますが、無理をせず3週空けて阪神最後の2400m戦に向かおうと思います」(角田師)4月19日の阪神競馬(3歳未勝利・芝2400m)を目標にしています。


レオパルディナ(ビオンドパンテーラの12)

3/29  高橋康厩舎
4月12日の阪神競馬(桜花賞・牝馬限定・芝1600m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート18頭のところ、本馬を含めて24頭の登録があります。

3/25  高橋康厩舎
25日は軽めの調整を行いました。「今朝は坂路で軽いキャンター調整を行いました。今週末から15ー15強めのところをやって来週のコース追いに繋げていく予定です。今は普段の運動などでもしっかりと首や背中を使って歩かせるように心がけていますが、リズムのいい歩様で状態の良さは伝わってきますよ。カイバも食べており、前走程度の馬体はキープしてくれています」(高橋康師)4月12日の阪神競馬(桜花賞・牝馬限定・芝1600m)に武豊騎手で出走を予定しています。

この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


エース君は今週のマイル戦が勝負ですね。ここで勝ち負けに加われない場合はダート路線もアリかもしれませんね。
スプランドゥールは比較的手薄な長距離路線で戦えそうな目処が立ちましたので、後は次も追えるジョッキー確保次第ですね。もし勝ちあがりできれば末永く楽しめそうで、将来的に札幌2600とかも面白そうです。

レオパルディナは恐らく最後のマイル戦であるクラシックの舞台が後2週間に迫りました。まずは無事に完走できますように。


シルクホースクラブ様出資馬

ペルセヴェランテ(ダイヤモンドビコーの12)

2015/03/27 <所有馬情報>  -----------------

在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:周回コースで軽めのキャンターと週1回は周回コースで5ハロンから70,40、週1回は6ハロンから15-14、週1回は坂路コースで14-13
次走予定:2回東京開催

担当者「トモの状態は良くなり、今週から坂路にも入れています。動きはまだ重い感じなので、今後も乗り込みを続け良くしていきたいですね」馬体重513㎏


バトナージュ(フェートデュヴァンの12)

2015/03/26 <最新情報>  -----------------

バトナージュ
 再調整の目的で26(木)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。

2015/03/25 <所有馬情報>  -----------------

在厩場所:美浦トレセン・26日に福島県・ノーザンファーム天栄に放牧予定
調教内容:
次走予定:未定

調教師「競馬の後も特に変わりないです。乗り役は初戦の時よりは良くなっていると言っていましたが、まだまだ頼りない現状ですから、時間を掛けて鍛えていくしかないと思っています」

2015/03/23 <レース結果>  -----------------

バトナージュ
 3/21(土)中山4R 3歳未勝利(牝)[芝1,800m・16頭]15着[12人気]

ゲートの出は一息でしたが、行き脚はまずまずで道中は中団10番手あたりを追走、3コーナー過ぎから気合いを付けたものの、反応は鈍く徐々にポジションを下げ、直線でも巻き返せず後方に敗れています。

田中勝春騎手「まだトモに力が付いてないので、支えてないとフラフラしてしまいます。最後もまともに追うことができませんでした。体つきは良くなっているけど、中身の方はまだ出来ていないようです。現状は平坦コースの方が良いでしょう。前回よりは付いていけましたし、走りの感じから芝の方が良いと思いますが、一度使ったからと言って急激に良くなるとは思えないですし、もう少し時間が掛かりそうですね」

伊藤伸一調教師「1,2コーナーの入りまでは良かったので、少しは変わってきたかなと思ったのですが、長続きしなかったですね。初戦よりは良くなっているとはいえ、まだ時間が掛かりそうです。体だけ見ると素晴らしい馬ですし、能力は秘めていると思うんですけどね。節を空けないと使えないでしょうし、例え続けて使えたとしても現状では良い結果を望めないでしょう。ここで慌ててもしょうがないので、ここはこちらもどっしり構えて良化を待ちたいと思います」

今回の記事はシルクホースクラブ様の許可の元、ホームページより転載させていただきました。


ペルセヴェランテは運動量落とした分体重が増えてますね。ここから再度作り直しですが、その結果どんな馬体になるか…でしょう。

バトナージュはやはりの放牧です。シンボリクリスエス産駒とゼンノロブロイ産駒は馬体詐欺が多いとは聞きますが、ステゴ産駒でこのケースはレアかもしれませんね(苦笑)
現実問題は、牧場で鍛えながら夏のローカル平坦コースで2戦使ってスーパー未勝利まで何とか形になればでしょうね。

« キャロットさんのキャンセル募集 | トップページ | サッカーの小話 »

出資馬」カテゴリの記事

コメント

フィルさん こんばんは

ロード2歳馬ようやく名前決まりましたね

さて、ご一緒ヴィーヴルは暴走癖など、精神的にまだまだ子供で
これは競走馬として致命的ですねー
時間がかかるかもしれません・・・
気性ばっかりは、治らないので困ったものです・・・

ふじさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
ロードさんのサッカーマムっ娘は「ジュ」の法則は継続でラグランジュとはその発想に脱帽ですね。

ヴィーヴルは本当にどうしましょと頭抱えたくなる状態ですね。結果論ですが、安田先生は短距離に実績があり坂路でバシバシやる傾向(83%)ですので、お付き合いは途絶えてしまいましたが関東の藤沢先生や関西若手ホープの高橋義忠先生のようにタグや逍遙馬場で徹底的に動かす先生の方が向いていたかもしれませんね、この仔のようなケースですと。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出資馬近況3月下旬:

« キャロットさんのキャンセル募集 | トップページ | サッカーの小話 »