無料ブログはココログ

ノルマンディーオーナーズクラブ様出資馬

カテゴリー

ウェブページ

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« ブレイクエース、アンタラジーに完敗の3着 | トップページ | 牧場見学ノーザンファーム空港さん編 »

2015年4月27日 (月)

牧場見学ノーザンファーム早来さん編

見学日が4月9日なので、かなり時間が経ってしまいましたが写真等をアップします。

見学した馬は検討馬込みでノーザンファーム早来さんで3頭、ノーザンファーム空港さん4頭です。


ノーザンファーム早来さん

レーヌドコロール(シャルマンレーヌの13)

Img_0206_e_e


Img_0208_e


現時点で既に栗東に移動していますが、4月9日時点で今月中に栗東入厩しその後は昨年ハービンジャーが猛威を奮った札幌デビューを目指すとのことでした。直接札幌に入れないのは、今年は北海道シリーズの開催期間が短く、サンチバ→函館or札幌移動はスタッフの確保が難しいケースもあるとのことです。

乗り味は素晴らしく兎に角柔らか味が目立つタイプみたいです。


ラレッサングル(オーベルゲイドの13)

Img_0211_e


Img_0212_e


まず大前提としてまだまだこれからな馬とのことです。全身のスタイルはスラっとして脚も長く、クラシックディスタンスも走れそうな体型ですね。ここにもっと全体的にふっくらと成長した後に、トモの筋肉を増やしてパンとすればスピードは出そうな感じもしますので、ギリギリまで様子見対象でしょうね。


ここから写真撮影ミスが続きます。申し訳ございません。

ラッシュドーリーマー(ラッシュラッシーズの13)

Img_0214_e


Img_0217_e_e


走りはバタバタした印象は拭えないですが、やはり馬体・顔共に好みの凛々しい顔立ちでございます。
しかし、9日時点で左前脚球節に疲れが出て、マシン調整のみで休ませていました。走り自体は後ろ脚を上手く使うというより前脚で搔きこむタイプですか? と尋ねたところその通りとの回答で、付け加えて踏み込みも力強く元気一杯とのことでした。その印象から、適正は短いところですかとスタッフの方に再度聞いてみたところ、体型や母系の血統背景に、父オアシスドリームの産駒が短距離一辺倒ではない(代表例がミッデイ芝12FG1勝ち)ので、適正は手広くミドルまでこなせるかもしれないでした。

« ブレイクエース、アンタラジーに完敗の3着 | トップページ | 牧場見学ノーザンファーム空港さん編 »

出資馬」カテゴリの記事

コメント

フィルさん こんにちは

牧場見学お疲れ様でした

ハービンジャー仔は注目・期待していたのですが、
小爆発はあったものの、思ったほどの大爆発はなく
もうちょっとクラシック戦線を賑わしてくれると思ってたましたが寂しいです。
血統的に晩生の傾向なので、これからだとは思いますが。。。

レーヌドコロールはコンスタントに活躍してくれるといいですね。

ふじさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
ハービンジャーはやはり距離伸びての馬だと思いますので、春のクラシック路線でディープ・キンカメの2大巨頭に挑むのは、調教パターンがある程度掴めてくる2年目・3年目かもしれませんね。
ただ、デインヒルとシーバードの血を受け継いでいる魅力的な血統ですから、SSの血と上手く融合すれば古馬で爆発するのでは…と願っています。

レヌドコロールは個人的には北海道専用機でも良いと割り切って、何とか生で応援を~ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 牧場見学ノーザンファーム早来さん編:

« ブレイクエース、アンタラジーに完敗の3着 | トップページ | 牧場見学ノーザンファーム空港さん編 »