無料ブログはココログ

引退・再ファンド未出資馬

  • 12年産 ヴィーヴル ロードアルティスタ (再ファンド未出資) ペルセヴェランテ バトナージュ スプランドゥール レオパルディナ 13年産 ロードデスティニー ラッシュドリーマー レーヌドコロール エクディス マカレア 14年産 サーブルノワール ラグナアズーラ 15年産 ラプトレックス カラドゥラ リベラメンテ セドゥラマジー

« ブレイクエース、強敵はいるも上位争いか。 | トップページ | 牧場見学ノーザンファーム早来さん編 »

2015年4月27日 (月)

ブレイクエース、アンタラジーに完敗の3着

ブレイクエース

4/26  戸田厩舎
26日の東京競馬では道中中団で脚を溜める。直線ではいい脚を使って一旦先頭に立ったが、最後は勝ち馬らに交わされてしまい3着。

「勝ったと思ったのですが、結果的にはきれいに抜けすぎてしまったのかな。それでも、直線で交わされてからも一杯になっている訳ではなく、むしろもうひと伸びできそうな気配はありましたから、実際にそこでグッと脚を使えるようになればさらにいいですね。今日は勝ち馬の切れにはやられてしまいましたが、マイルの感触は良く、この馬も本当にいいモノはありそうですし、チャンスがあればまた乗りたいです」(武豊騎手)

「ここで決められれば良かったのですが、いいご報告ができず申し訳ありません。きれいな形で抜け出せたとは思いますが、その分狙われやすかったですからね。悔しさもありますが、しっかりと次に活かしていきたいと思います。次をどうするかについてはまずはレース後の状態を見ながらになりますが、ジョッキーの状況も確認しながらよりよいと思える選択をしていきたいです」(戸田師)

結果的には勝ち馬の強さが目立つ競馬になってしまいましたが、マイル戦で続けて上位争いに参加できていますし、流れやメンバーひとつで十分に勝ち負けできるでしょう。この後は馬の状態を第一に、次走について検討していきます。

この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


優勝馬のアンタラジーの強さが際立ったレースでした。残り1Fで先頭を伺える勢いで追えるという考えうる中ではかなり恵まれた展開で最後バッサリ斬られましたから、素直に良血馬の力に白旗でしょう。
2着馬に関しては、1着馬に連れてきてもらった展開ですので、次戦う場合でも勝負できそうですね。

今後は陣営も悩むでしょうね。これで放牧後4回使ってますので休みいれたいところですが、貴重な優先権カード放棄も勿体無いですし、エース君の消耗具合で判断できれば…でしょう。

« ブレイクエース、強敵はいるも上位争いか。 | トップページ | 牧場見学ノーザンファーム早来さん編 »

ブレイクエース(キューの12)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブレイクエース、アンタラジーに完敗の3着:

« ブレイクエース、強敵はいるも上位争いか。 | トップページ | 牧場見学ノーザンファーム早来さん編 »

カテゴリー

ウェブページ

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31