無料ブログはココログ

引退・再ファンド未出資馬

  • 12年産 ヴィーヴル ロードアルティスタ (再ファンド未出資) ペルセヴェランテ バトナージュ スプランドゥール レオパルディナ 13年産 ロードデスティニー ラッシュドリーマー レーヌドコロール エクディス マカレア 14年産 サーブルノワール ラグナアズーラ 15年産 ラプトレックス カラドゥラ リベラメンテ セドゥラマジー

« レオパルディナの帰郷 | トップページ | スプランドゥール、ゴールドシップ走法を取り入れて2着入着 »

2015年5月 9日 (土)

ペルセヴェランテ、鮮やかな差し切りで2勝目

ペルセヴェランテ
東京6R 3歳500万下 ダ1600m 優勝

戸崎騎手は「スタートしてから馬の気持ちに任せて行きました。ダートに入ってから少し離されましたが、そこで急がせないようにしていたので、ハミも自然と抜けてくれました。道中、掛からなかった分、追ってからよく伸びてくれましたね。精神的に落ち着いて走れるようになれば、ダートでも芝でも走れると思います」と話していました。


出資会員のみなさま、おめでとうございます!
直線半ばまでは正直一番人気の馬にやられたかなと思いましたが、よく諦めずに頑張ってくれました。ダートでも走れることを証明してくれましたし、今後の選択肢が広がりますね。以前、会報のインタビューで国枝調教師が『キンカメ産駒は芝もダートもこなせるオールラウンダー、色々な可能性がある』と仰っていたのを思い出しました。

今回の記事はシルクホースクラブ様の許可の元、ホームページより転載させていただきました。


前の勝利からどれ位経ったか調べたら、半年ぶりの通算4勝目でございました。

ペルセヴェランテは2戦目の未勝利戦で1番人気に簡単に逃げさせたら勝つよなという展開で勝利し、今日のレースはスタートの芝部分は良い出足でしたが、ダートに入ってから後退したのでダメかなと判断してしまいましたね(苦笑)
4コーナー迎えて追い出したら良い感じに脚を使い出しましたが、残り2F時点でジェルブドールと脚色同じになっていたのでこれは2着までで優先権確保かなとぼんやりと観戦していたら最後再度伸びての差し切り勝ちでした。

勝ちタイムが2週前の古馬1000万下とコンマ1秒差、ヒヤシンスステークスのあのゴールデンバローズと同タイムですから、現時点では優秀でしょうね。これで来年訪れるであろう充実期が楽しみになりました。
ユニコーンSは流石に現時点で勝ち負けは考え難いので、後半年は気楽に応援できそうです。

« レオパルディナの帰郷 | トップページ | スプランドゥール、ゴールドシップ走法を取り入れて2着入着 »

ペルセヴェランテ(ダイヤモンドビコーの12)」カテゴリの記事

コメント

フィルさん
おめでとうございます!ダートでも勝ちましたね。最後の1Fの伸びは見事でした。
もちろん芝でも走れると思いますが実はダートの方が力が出せるのかもしれませんね。タイム的にも優秀ですしユニコーンSに向かっても面白いんじゃないでしょうか。それにしても今後の活躍を期待させてくれるレースでした。

フィルさん こんにちは

昨日も今日も仕事なので、まだレースを観てなくて
詳細はわからないものの
根性で勝ったようですね。

ペルセヴェランテ優勝おめでとうございます。

フィルさんも半年ぶりの勝利ですか?
感慨深いですね。
他の仔たちも続きますように(^^ゞ

picotさん、こんばんは。祝福コメントありがとうございます。
出来7・8割っぽいなぁとグリーンチャンネルのパドックで見ていましたので、まさかまさかの勝利でした。
まだトモに芯が入りきってないようですから、今は搔きこんで走るのに向いてるダートの方が良いかもしれませんね。母系もSS含めて米国血統で、一応放牧後問題なければという条件つきでユニコーンS目標ですから、実現するば3歳ダートのトップクラスに胸を借りれるのは楽しみですね。

ふじさん、こんばんは。祝福コメントありがとうございます。
2着確保でも優先権取れて万歳かなと思っていたところでの差し切りですから、驚きましたね。

半年ぶりの優勝も最近惜しいレース多いなぁとは思いつつ遡ったらそんなに経っていたんですねと。
翌日出走のスプランドゥールも条件次第ではギリギリ勝ち上がりの芽出てきましたので、後はヴィーヴルがストレス無しの状態で走って勝てれば最高です。

フィルさん、こんばんは!
ペルセヴェランテ、やってくれましたね!正直今回は厳しいだろうと思って見ていたのですが、まさかの完勝でした。ダートもこなすだろうとは思いましたが、芝向きの馬だと思っていたので余計に驚きです。でも、これで芝・ダートどちらもやれることがわかりましたので、この先がひらけましたね。次も頑張ってほしいですね。

競馬悟空さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
ペルセヴェランテは、競馬悟空さんのブログで仰っていたように私も良くは見えず7・8割の出来かなと思っていたところの完勝ですから、器の大きさはOP級かもしれませんね。

適正も同じように芝の中距離向きだと思っていたのがダート初戦であれだけ走れたのはびっくりしましたが、よくよく考えてみたら母系がSS×Alydarと見事な米国血統にミスプロ・ヌレイエフ持ちのキンカメですから、血統字面だけ見るとダートっぽいですよね。牧場見学させていただいた際は芝馬に見えたのですが。

まだしっかりしてない部分が多々ありますので次どうなるかですけど、この後ユニコーンSに無事出走出来ればと応援しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ペルセヴェランテ、鮮やかな差し切りで2勝目:

« レオパルディナの帰郷 | トップページ | スプランドゥール、ゴールドシップ走法を取り入れて2着入着 »

カテゴリー

ウェブページ

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31