« 牧場見学した出資検討馬、他クラブさんの出資検討馬雑感をまとめてみた | トップページ | ノルマンディーオーナーズクラブさん募集馬アンケート »

2015年6月18日 (木)

涙の発走除外

レオパルディナ

6/18  函館競馬場
「想定の段階で、2、3頭の回避があれば入るという状況でしたが、やはり非抽選除外になってしまいました。申し訳ありません。もう馬体もできていますし、この後は来週中に栗東へ戻して、その後の状態をよくチェックしてから検討します。もしも輸送のダメージなどないようなら、在厩のままCBC賞への登録も検討していきます」(高橋康師)21日の函館競馬(函館SS・芝1200m)は非抽選除外になりました。この後は来週中に栗東へ移動する予定です。

6/17  函館競馬場
17日は函館Wコースで追い切りました。「今朝は函館のウッドコースで併せて追い切りました。ビッシリやったわけではありませんが、5ハロンから71秒0、ラスト1ハロンは12秒5でした。先週あたりは少しテンションが高くなっているところもあったので、集中を増すように今朝はブリンカーを着用して追い切ってみたのですが、併せた相手に後ろから追いかけてもらって、並んでからの反応はいつも以上に良かったように感じました。今のところ函館SSは除外対象なのですが、ギリギリまで分かりませんし、まずは投票してから今後のプランを決めたいと思います」(高橋康師)21日の函館競馬(函館SS・芝1200m)に酒井騎手で出走を予定しています。

この度のテキストはキャロットクラブ様より許可をいただいて転載しました。


地元である北海道で重賞の応援観戦できるのは10年に1度あれば良いかもという機会で、まさかの除外となりました。正直な話、中央開催中のローカル特殊馬場で27頭登録なんて想定外です(涙)
ここ10年ではフルゲート率50%でしたがもっと遡ると余計人気無い重賞でしたので、最近だとCBC賞→サマースプリントの3戦どれかが主流でしょうから…。

次走は身体ががれなければCBC賞予定ですが、そこも除外想定で予備のバーデンバーデンカップが現実的でしょうか。UHB杯だと8月まで北海道待機ですから時間勿体無く感じるのは確かですし。


« 牧場見学した出資検討馬、他クラブさんの出資検討馬雑感をまとめてみた | トップページ | ノルマンディーオーナーズクラブさん募集馬アンケート »

レオパルディナ(ビオンドパンテーラの12)」カテゴリの記事

コメント

フィルさん、こんにちは
これはレオパルディナにとっても道民出資者にとっても痛恨の除外ですね。函館入りしてしまっていますがいいレースがありませんから、また栗東に戻るしかないんですね…。本当にこれは痛い。
この後のプランも大幅に見直しになりそうですが、可能ならキーンランドCには出走してもらいたいですね。

picotさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
今年は何故か洋芝専門機以外の馬達が多数揃ってしまい、無念の除外ですね。
道民にとって3歳以上混合の重賞それぞれ2つしかないので、次に観戦できる機会本気で10年単位なのに・・・。

栗東帰還は止むを得ないでしょう。一度身体作っていますので、このままUHB杯の8月まで待機して勝てればキーンランドC目指すプランより、スニッツェル産駒がOPで戦えるのは4歳までという性質上、再移動で調子キープ出来るなら少しでも数こなしたい方に傾く陣営の思惑は理解できますし。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 涙の発走除外:

« 牧場見学した出資検討馬、他クラブさんの出資検討馬雑感をまとめてみた | トップページ | ノルマンディーオーナーズクラブさん募集馬アンケート »

カテゴリー

ウェブページ

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31